スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヴァリニャーノの『日本巡察記』から・その4 そして宣教師は思い至った、「この国は外国人が支配できる国ではない」と。

アレッサンドロ・ヴァリニャーノの『日本巡察記』の4回目。

ヴァリニャーノと同時期に日本に来ていたフロイスは「日本史」を書き記した。いまではフロイスの方が有名人となっているが、ヴァリニャーノの方が上官である。
本書の解題に分かりやすい説明があった。
『過去の外的事象を詳細を極めて描写することはフロイスがもっとも得意とするところであり、ヴァリニァーノは事物の内面を深く洞察して、将来を企画することをもっとも長所とした。』
フロイスの「日本史」は、当時の日本の事件・人物について事細かく書かれたものであり、いうなれば彼は「新聞記者」「ジャーナリスト」だったといえよう。
一方、ヴァリニャーノの「日本巡察記」は、イエズス会主導のもとでいかに日本をキリスト教化するかを説いた、「企画書」「プランナー」的な書であるといえる。
それは、目次を見れば良く分かるだろう。「第十六章 日本人修道士、及び同宿と、我等ヨーロッパ人宣教師の間に統一を維持するための十分な注意と方法」とか「第二十八章 日本においてキリスト教徒の領主が司祭や教会を維持できない理由と原因」とかいったもので、どのようにすれば日本をキリスト教化(それによる支配)できるか、その方策が細かく繰り返し述べられている。またこの報告がローマカトリック本部のみならず、国王や貴族などパトロン・出資者に向けられていることからおカネに関する記述も多い。「第二十七章 日本における多額の経費、及びそれをまかなう方法。当布教を前進させるに必要な収入」とか「第二十九章 収入を補わなければ日本が陥る大いなる危険、及び収入不足のために失われる成果」といった収支に関わることも多く書かれている。

そして、この報告書は事業推進のものなのに、読めば読むほど、「日本のキリスト教化無理じゃね」と思えてくるから不思議だ。
本書を大雑把にまとめると、日本人は優秀である→キリスト教を理解する能力がある→有能なキリスト教徒を増やせる→日本を東洋のキリスト教布教の拠点にする→カネと人を派遣すべき、という趣旨となっている。
ヴァリニァーノ「日本諸事要録」(一五八〇年ころ)の記述

には、「支那人は別として、全アジアでもっとも有能で良く教育された国民であり、天賦の才能があるから、教育すれば総じて科学の多くのヨーロッパ人以上に覚えるであろう」
「…とにかく改宗後、インド人と日本人の間には大きい相違がある。すなわち、インドでは各個人は改宗に際して自らの利益を求めた。インドにおける布教活動が通常把握したものは、黒人と無能者であった。したがって彼らはその後、前進し良きキリスト教徒となることが、はなはだ困難である。日本の新しいキリスト教徒の大群衆は、キリスト教の信仰をその領主の強制によって受け入れたのであるが、彼らは教えられたことを良く知っており、良く教育されており、才能があり、外的礼拝を非常に愛好するから、まったく喜んで教会へ説教を聞きに来る。…」

だが、一方ではこういう危険性があることを何度も強く言っている。
簡単に要約してみる。
①日本人は優秀であるが、ヨーロッパ人とは全く違う思考をもっていて、『日本人は自分たちの風習や儀礼に深くなじんでいるから、彼らはたとえ世界が破滅しようともその日常の態度なり方式を一片すら棄て去りはせぬであろう。(第三章)』とあるように、ヨーロッパ人の風習に馴染もうとはしないだろう、という。日本人は誇り高い人種であるので、土人や野蛮人のように鞭や恫喝で無理やりにキリスト教徒にするということは無理である。この点は何度も書かれている。
②しかも、『日本人の習慣、食事、対応、言語その他の諸件の相違、また自然の感情においてさえ存在する相違、特に日本人は、彼らが風習を重んじて、これを固執し、ヨーロッパ人がこれに慣れることは非常に困難である。』とあるように、ヨーロッパ人宣教師も日本人化することできない。
③よって、教会の布教には日本人の聖職者を育てる必要があり、その者たちを彼らの上長に据えることになる。しかしこれには大きな危険を伴う。彼ら日本人の独自の考えで、キリスト教を別のものに作り変えることになるのではないかと懸念している。(また、この上長には領主の類縁などがなれば、権力を持ち、ヨーロッパ人宣教師以上の力を持ってしまうことも危険視している)
④『日本の風習に合わせて教会を作る他ないが、これはきわめて困難であり、危険であって、大きな誤りを犯しやすい。(第七章)』
仏教や儒教が日本に渡来して広まったが、それは本国にあったものとは全く違ったものになった。つまり何でも日本風にアレンジしてしまうのだ。(これは宗教に限らず、日本は文化も技術も日本独特のものに加工するという特色があるからだ。)
ヴァリニャーノは、キリスト教もそうなるのではないかと恐れた。キリスト教宗派での争いもある中、違う教義のものが布教してしまうことはイエズス会にとっては大変都合が悪いし、キリスト教(植民地)的支配をしていく上でも日本人的独自のキリスト教が生まれてしまうことは統轄の障害になってしまう。日本人が優秀であるがゆえに、逆に懸念されることだった。

それは、以下の一文によく表れている。

日本は外国人が支配していく基礎を作れるような国家ではない。日本人はそれを耐え忍ぶほど無気力でも無知でもないから、外国人は、日本においていかなる支配権も管轄権も有しないし、将来とも持つこともできない。したがって日本人を教育した後に、日本の協会の統轄を彼ら(日本人)に委ねること以外には考えるべきではない。その為には、彼らに前進する道を与える唯一の修道会があれば十分である。このことは、我らの心を日本人の心に合致させることが大いに困難であることによって、明白に認められ証明されるのである。この困難の原因は、あらゆることにおいて見出される矛盾性である。彼らはこの(種々の)反対の(諸現象)の中に固く腰を据えていて、いかなる点においても、我らの方に向かって順応しようとせず、逆に彼らの方があらゆる点で彼らに順応しなければならぬのである。これは我らにとってはなはだしく苦痛であるが、もし我らが順応しなければ、信用を失い、なんらの成果も収めることができない。(第九章)

また解題にはこんな文章もある。

日本の政治形態は、「世界中でもっとも奇抜な、あるいはより適切に言えば世界中に類似のないもの」であり、日本文化は、「武術を基盤とする封建文化」だと述べている。
1579年12月2日付け書簡において、日本を征服しようとするヨーロッパ植民勢力のあらゆる試みは、「軍事的には不可能」であり、「経済的には利益がない」と総長に報告している。

ヴァリニャーノは、日本のキリスト教国化を進めるよう本部に上申しながらも、心の内では、これは成功しないだろうと思っていたのではないだろうか。
もちろん、政治的なこと(日本側のキリスト教廃止)や、経済的な面、人材的不足、本国からの遠距離など諸々の諸条件はあっただろう。しかし、日本をキリスト教国化して、ヨーロッパ人の支配下に置くことが出来ない理由は、ヴァリニャーノ自身が列挙した日本人の優秀さにあったのではないか、そう思えてならない。
キリスト教宣教師が最初に乗り込んで布教し、その国の文化を欧州化し、軍事あるいは経済で植民地化するという通常パターンが日本には通じなかった。
なぜ通じなかったのか?
ヴァリニャーノやオルガンティーノが指摘したように、日本人は、土人や野蛮人といった低能民族(どこの国とはいわないが)ではないからだ。(第一回から読み返せば、日本人の特長は列挙されている)
高い文化性と強い精神性を持つ国は、他国からの支配を受けることはない。ヴァリニャーノは、当時の日本を見て、こう確信していた。
450年近く前の日本は確かにそうだったに違いない。
そう、信長や秀吉といった日本史上でも指折りの傑物を目の当りにすれば、欧州人でもそう思ったに違いない。
では現代の日本は?
優秀なリーダーはどこにいる。
当時のインテリ欧州人を驚嘆させた高尚な日本人はどこに行ったのだろうか。

嘆いてばかりでは仕方ない。自信を持つためにヴァリニャーノの言葉をもう一度太字で書いておきましょう。
日本は外国人が支配していく基礎を作れるような国家ではない。日本人はそれを耐え忍ぶほど無気力でも無知でもないから、外国人は、日本においていかなる支配権も管轄権も有しないし、将来とも持つこともできない。
日本を征服しようとするヨーロッパ植民勢力のあらゆる試みは、「軍事的には不可能」


……このシリーズ終わり。
スポンサーサイト

ヴァリニャーノの『日本巡察記』から・その3 日本に魅入られた宣教師たち

アレッサンドロ・ヴァリニャーノの『日本巡察記』の3回目。
本書においてヴァリニャーノが日本人を絶賛し、他の諸外国民よりも抜きん出た存在であるといった記述は、全編を通じて書かれている。
それでは、ある程度まとまっている第六章「当布教事業の重要性、及び日本における現在、また将来の大成果」から引いてみましょう。

日本におけるこの(布教)事業が、東洋の全地方、及び発見されたあらゆる地方において、もっとも重要であり、もっとも有益であることは、多くの理由から疑い容れない。
第一に、日本は既述のように六十六ヵ国から成る広大な地方で、その全土には、きわめて礼儀正しく深い思慮と理解力があり、道理に従う白色人(日本人)が住んでいるのであり、経験によって知りうるように、大いなる成果が期待される。
第二の理由は、東洋のあらゆる人々の中で、日本人のみは道理を納得し、自らの意志で(霊魂の)救済を希望し、キリスト教徒になろうとするのであるが、東洋の他の人々は、すべてむなしい人間的な考慮や利益の為に我らの信仰を受け入れようとするのが常であることは、従来吾人が見てきたところである。日本人は我らの教義を他国人よりはるかに良く受け入れ、教義や秘蹟を受ける能力を短期間に備え、改宗した時は、その偶像崇拝の非を完全に悟るが、東洋の他の人々はみなこれと反対である。
第三の理由は、日本では東洋の他の地方とは異なり、身分の低い下層の人達がキリスト教徒になるのみにならず、武士や身分の高い領主並びに国王さえも同じように我らの聖なる信仰を進んで受け入れる。したがって、日本における成果は比較するものがないほど、大きく容易で価値がある。
第四の理由は、日本人はその天性として、宗教にきわめて関心が深く、これを尊重し、司祭に対して非常に従順であるが、これは日本のあらゆる諸宗派の仏僧を高い地位に置き、その数もはなはだ多く、仏僧らが日本でもっとも良い生活をしていることによっても理解される。日本人が、数多の人々に対してこのようにしているとするならば、真実と教えを受け、超自然的な道理、恩寵、慈愛に授けられている我らに対して、いっそう秀でた態度をとることは疑いの余地がなく、それはすでに我らが改宗した人々について見聞した通りである。
第五の理由は、(従来)キリスト教徒を新たに作り始めた土地では、必要な人手や費用が獲得されたのであるから、日本全国において、聖なる福音と改宗への扉が開かれている(と言えること)である。
司祭たちはその希望する所に住み、思いのままに我らの主の教えを説くことができる。すなわち、自分たちの宗派を保護しようとする仏僧や異教徒らの反対や迫害が決してないわけではないが、我らの主なる神に召し出され、その道を歩むように定められた人々もいるからである。かくして、イエズス会が知られた今日、司祭たちが布教し、定着しようと希望した土地でキリスト教徒を作らないところは日本中のどこにもない。これは東洋の他ではみられぬことである。
第六の理由は、日本人は我らの聖なる信仰を受け入れる能力があるばかりでなく、我らの科学知識をも容易に受理することができる。もっとも重要なことは、彼らが聖職者となって修道会で聖浄な生活をなす能力を十分に備えていることであって、これは短期間に我らが経験で知ったことである。その上また十分注目さるべきは、宣教師となった後は、他の日本人から深い尊敬の念をもって見られることであり、この点は東洋の他のいずれの国においてもまったく反対である。
第七の理由は、人々は道理を重んじてこれに従い、またすべての者は同一の言語を有するので、キリスト教徒になった後は、他のいかなる国におけるよりも、これを育てることが容易である。我らの国民の間に住むよりも、日本人のもとで生活することを比べようもないほどに喜ぶ。それは、日本人のもとでは、自分達の働きに成果を直ちに挙げることができるのに、他国のもとでは、その粗野な性質や、劣った天性の為に、一生涯苦労し続けても、真の効果はほとんど得られないし、得られたとしても、はなはだ遅々としているからである。すなわち、両者の間には、理性ある高尚な人々の中で生活するのと、獣類のように低級な人々の中で生活するのと同じくらい大きな差異が見出されるからである。

面映いくらいだが、ヴァリニャーノは別にこれを日本人に媚びへつらって書いているわけではない。彼の最終目的は、イエズス会主導による日本のキリスト教国化にある。日本人は優秀な民族であり、キリスト教(彼ら宣教師が思っている最高の教義=教養)を理解し修得するのは容易いであろうと考えたのであった。そして日本を東洋のキリスト教布教の拠点にしようと彼は思い至ったのだ。
拠点となるからには、その土地の住民が、高い教養を身につけた欧州人(ローマカトリックの教皇たちや、出資者である国王やパトロン)のお眼鏡にかなったものでなければならない。彼らから見て、決してアジア周辺諸国のような野蛮人や土人の類であってはならかったのだ。これは人種差別といった話ではない。現代に例えれば海外進出を図る企業が、それに見合うような国を探すようなものだ。その企業にとって必要なのは大きな利益を得られる国。イエズス会にとって必要なのは布教活動を進めるにあたって得られる大きな成果だ。日本はそれに値する国であった。だがヴァリニャーノにはそれだけではなかった。布教のため諸外国を巡り、多くの民族を見聞した彼であったが、その中でも理性ある高尚な日本人に知ると、たちまち魅入られてしまったのだ。

また、同じような構想を立て、本国に報告した宣教師が同時代いた。それがオルガンティーノだ。彼もまた日本に魅了された一人だった。
オルガンティーノの経歴(日本大百科全書・ヤフー百科事典から)

イエズス会士。イタリアのカスト・ディ・バルサビアに生まれ、1556年フェラーラでイエズス会司祭となった。70年(元亀1)6月天草(熊本県)の志岐(しき)に上陸し、同年布教のために京都へ派遣、以後30年以上にわたって京都で活動を続け宇留岸伴天連(ウルガンバテレン)と愛称され親しまれた。織田信長の厚遇を受け、安土(あづち)に土地を得てセミナリオ(小神学校)と司祭館を建て、京都にも南蛮(なんばん)寺(教会)を建築した。日本人の優秀さを認め、日本文化への順応主義を唱え、布教長カブラルと対立した。1605年(慶長10)長崎のコレジオ(大神学校)に移り、09年4月22日、長崎に没した。

同書の解題にオルガンティーノの手紙も記載されていたので、これも併せて引いておく。
オルガンティーノがフェラーロに宛てた手紙(1577年9月20日付)

「日本人は全世界でもっとも賢明な国民に属しており、彼らは喜んで理性に従うので、我ら一同よりはるかに優っている。我らの主なる神が何を人類に伝え給うかを見たいと思う者は、日本へ来さえすればよい。彼らと交際する方法を知っている者は、彼らを己れの欲するように動かすことができる。それに反し、彼らを正しく把握する方法が解らぬ者は大いに困惑するのである。この国民には、怒りを外に現すことは極度に嫌われる。彼らはそのような人を「キミジカイ」、すなわち我らの言葉で「小心者」と呼ぶ。理性に基づいて行動せぬ者を、彼らは馬鹿者と見なし、日本語で「スマンヒト」、すなわち「澄まぬ人」と称する。彼らほど賢明、無知、邪見を判断する能力を持っている者はないように思われる。彼らは不必要なことは外に現さず、はなはだ忍耐強く大度ある国民で、悔悛にいそしみ、信心、また外的な礼儀に傾くこと多大で、交際においてははなはだ丁重である。彼らは受けた好意に対し、同等の価の感謝をもって報いる極端な習慣を持っている。だが自尊心と大いなることへの欲求は、自らを(超自然的に)昴めるという点で彼らを盲目にする。また彼らは宴会に耽り、自己陶酔を恥としない。なぜなら通常この際、彼らは悪事をなさず、彼らの耳には余り好く聞こえず、快くもない音楽を、ある種の楽器で演奏する。彼らは詩句を作り、はなはだ優美な判じ物を作り、彼らの間におけるように喜劇を演ずる。彼らはきわめて新奇なことを喜ぶ。もし当都地方にエチオピアの奴隷が来るなら、そして彼を見せるために監督がついて来るなら、人はみな彼を見るために金を払うであろうから、その男は短期間に金持ちとなるであろう。
彼らの言葉はひじょうに優美であるが、各人の地位に応じて幾多の異なった表現があるため、学習することはかなり難しい。それらは幾つかの韻を有するが、我らのうちまったく正しく発音できる者は僅かである。
彼らは互いに大いに賞賛し合う。そして通常何ぴとも無愛想な言葉で他人を侮辱しはしない。
彼らは鞭で人を罰することをせず、もし誰か召使いが主人の耐えられないほどの悪事を働く時は、彼は前もって彼らの憎悪や激昂の徴を現すことなく彼を殺してしまう。なぜならば、召使いは嫌疑をかけられると、先に主人を殺すからである。
結局、彼らは、よく知っている者には喜んで交際できる国民であり、我らの聖なる信仰を受け入れようと努力する者を喜ばせるのである」


1577年9月29日付け、イエズス会総長メルクリアン宛書簡

「(前略)
私たちは当都全域の改宗に大いなる期待を寄せており、尊師が私たちのもとへ幾名かの良き人々を派遣して援助されることを望んでいる。なぜなら都こそは、日本においてヨーロッパのローマに当たり、科学、見識、文明はさらに高尚である。尊師、願わくば彼らを野蛮人と見なし給うことなかれ。信仰のことはともかくとして、我らは彼らより顕著に劣っているのである。私は国語を解し始めてより、かくも世界的に聡明で明敏な人々はないと考えるに至った。ひとたび日本人がキリストに従うならば、日本の教会に優る教会はないであろうと思われる。経験により、我らは儀式によってデウスの礼拝を高揚せしめることができれば、日本人は幾百万と改宗するであろう。もし我らが多数の聖歌隊と共にオルガンその他の楽器を有すれば、僅か一年で、都及び堺のすべてを改宗するに至ることはなんら疑いがない。そしてそれらは全日本の二大主要都市であり、その住民が改宗すれば、その他の都市はすべて追随し、私共は支那における計画も立てられようと思う……。


1577年10月15日付け、手紙

「私たちが多数の宣教師を持つならば、10年以内に全日本人はキリスト教徒となるであろう。四旬節以来六ヶ月間に、八千人以上の成人に洗礼が授けられた。この国民は野蛮でないことを御記憶下さい。なぜなら信仰のことは別として、私たちは互いに賢明に見えるが、彼らと比較するとはなはだ野蛮であると思う。私は真実のところ、毎日、日本人から教えられることを白状する。私には全世界でこれほど天賦の才能を持つ国民はないと思われる。したがって、尊師、願わくは、ヨーロッパで役に立たないと思われる人が私たちのもとで役に立つと想像されること無きように。当地では憂鬱な構想や、架空の執着や、予言や奇蹟に耽る僭越な精神はことに不必要なのである。私たちに必要なのは、大度と慎重さと、聖なる服従に大いに愛着を感ずる人なのである。(後略)

この当時の日本人はどれだけ優れていたのか、驚嘆せずにいられないのは現代日本人の方ではなかろうか。

さてさて、彼らイエズス会宣教師たちは、日本をキリスト教国化するために尽力し、熱意をもって本国へ具申した。
しかし、それは夢想に終わる。
日本は結局、キリスト教国になることはなかった。
無論、主因は、秀吉、家康、徳川将軍ら日本の権力者がキリスト教を廃止したことによる。
だが、日本人側にキリスト教(的支配)を受け入れない素地があったのだ。
それは権力者によるキリスト教廃止というくびきから解かれた明治維新後も大戦後も、キリスト教が広まることはなかったことを見ても分かる。
実は、その理由をヴァリニャーノはここで書いているのだ。
日本のキリスト教国化を望みながらも、それは無理なのではないか、ということも同時に書いている。

それはどういうことかというと……。

……これは次回に続く。

ヴァリニャーノの『日本巡察記』から・その2 日本人の美点と欠点

アレッサンドロ・ヴァリニャーノの『日本巡察記』の二回目です。
まず、前回の続き。日本人に関する箇所をどんどん抜いていきます。

徳操と学問に必要な能力について語るならば、私は日本人以上に優れた能力のある人々のあることを知らない。日本人は自ら、感情を抑制し、愛情深く、穏和で思慮があり、彼らの事物をよく考慮し、特に慎み深く、厳粛で、外面的教養に心を配り、飢餓や寒気によく堪え、厳しい環境に対してよく修練を積んでいると表明している。国王や大領主でさえも、このことを自ら誇りとしている。彼らは財産の喪失や迫害に際しても忍耐強く、不平や悲嘆を表わさず、それらの場合はもとより、死に際しても偉大で強い勇気と精神を示す。これらは、徳操に対しても、いかに優れた傾向を有するかを示すものであり、東洋の他国民の場合とは異なり、人々が神の御教えに召される時に授け給うごとく、神の御恩寵が日本人の上に下されることは疑い容れない。上述のすべての点において、真実の精神が彼らの心の中に宿るならば、彼らは彼らよりも優れた素質を有すると言いうる。なぜなら、彼らは大いなる努力を必要とするからである。
学問に関しては、ラテン語は彼らにとってきわめて新しく、文がまったく反対であることと、我らの用語と最初の要素(となるもの)の名称が日本語に欠けている為に、我らは非常に敏感で、賢明で遠慮深く、かつよく学ぶことは驚嘆するばかりである。子供でも大人のように三、四時間もその席から離れないで勉強している……(後略)(第十七章)

日本人は我等の聖なる信仰を受け入れる能力があるばかりでなく、我等の科学知識をも容易に受理することができる。(第六章)

織田・豊臣時代に日本を訪れたヴァリニャーノは、そこに住まう人々の優秀さに驚嘆した。他のアジアの国々や欧州の国々と決定的に違うのは、底辺の人達であっても、強い向学心を持ち、それに耐えうる高い精神性を備えていた点にある。
明治維新でいち早く近代化を成し得たのは、日本人がこうした特性を古代から綿々と持ち続けてきたからだと、こういう文献を読むと分かる。
さて、そんなヴァリニャーノが、日本人の欠点というものを挙げている。それが第二章にある。

第二章 日本人の他の新奇な風習
……私が見たあらゆる諸国民の中では、彼らはもっとも道理に従い、道理を容易に納得する国民である。これにより、日本人がいかに良い素質を備え、秀でた天性を有しているかが判るのである。(中略)彼らは真に思慮と道理に従うから、他の国の人々の間に見られるような節度を越えた憎悪や貧欲を持たないのである。

と書きながら、続いて欠点を挙げている。まとめると5つ。

第一の悪は、色欲上の罪に耽ることである。
第二の悪は、主君に対してほとんど忠誠心を欠いていることである。
第三の悪は、異教徒の教義で生活していること。
第四の悪は、残忍であること。間引きなど。
第五の悪は、飲酒と、祝祭、饗宴に耽溺することである。

となる。
当時の日本はまだまだ戦国時代であったので各地で戦があり、残忍な場面に出くわしたのであろうと思われる。そういった箇所を例を挙げて説明している。そして、第三の悪では、当時の堕落した仏教を批難し、異教の教義に染まっている民衆を痛烈に批判している。
また庶民に対しては性欲や酒など欲望に溺れやすい点を挙げている。まあ厳格なカトリック教徒だから余計そう見えるだろうが……。ただ、色欲、酒といったものに、いまの日本人が特に寛容であるのは同じだろう。「第五の悪」という説明に、「その為には多くの時間を消費し、幾晩も夜を徹する。この饗宴には、各種の音楽や演劇を伴うが、これらはすべて日本の宗教を日本人に教えた人々が考案したもののように思われる。この飲酒や類似の饗宴、過食は、常に他の多くの堕落を伴うので、これによって日本人の優秀な天性ははなはだしく損なわれている。」とあった。現代日本人の宴席や花見や祭りにそのまま当てはまっているようで面白い。
思わず、過去記事「草薙剛のあの事件」を思い出してしまった。

また日本語について褒めている記述もある。

日本人の風習に関する消息については、以上で十分であろう。これに関しては述べるべきことがあまりにも多く、わずかな紙数をもってしては尽くすことができない。この儀礼や風習を教える彼らの書籍は無数にあって、それが驚くほど優雅に、散文や韻文をもって書かれている。このことから日本人の天稟(てんぴん:天性、天資)の才能や理解力がいかに大いなるものであるかが解るのである。

(日本語は)きわめて優雅であり豊富であって、話すのと書くのと説教するのとでは、それぞれ言葉が異なるし、貴人と話す場合と下賤者と話す場合では言葉を異にする。このような多様性は、漢字の上にも無数にあって、書くことを学ぶのは不可能であるし、人に見せられるような書物を著すことができるようになることは、我らの何ぴとにも不可能である。

当時の宣教師となれば、現代の最高の知識人であり、ヴァリニャーノほどの人物となればノーベル賞級のインテリだと言ってよいだろう。そんな人物から見て日本人とその文化がこれほど優れていたというのだから、やはりスゴイのだろう。では今の日本人がスゴイのかといえば、それはまた別の話だが、そういう資質をもともと日本人は持っているということではないのか……。

ということで、まだまだ続くよ。

ヴァリニャーノの『日本巡察記』から・その1 日本人について

何回かに分けて、アレッサンドロ・ヴァリニャーノの『日本巡察記』(松田毅一他訳 平凡社・東洋文庫)から日本人に関する記事を抜粋してみます。

その前にヴァリニャーノの経歴(日本大百科全書・ヤフー百科事典から。ここでは「バリニャーノ」と表記されている)

イタリア出身のイエズス会司祭で、三たび巡察師として来日し、布教事業に指導的役割を果たした。ナポリ王国のキエーティ市の貴族として生まれ、イエズス会員となったが、総長はその非凡の能力を認め、自らの名代ともいうべき巡察師に任命して東インドに派遣した。インドやマカオで仕事を終えてのち、1579年(天正7)に初めて日本に赴き、織田信長からも歓迎され、天正(てんしょう)遣欧少年使節行を立案し実施。90年には帰国する少年使節を伴い、インド副王の使節として来日。この際、一行にヨーロッパから活字印刷機を携えさせ、わが国で最初の活版印刷が始められた(キリシタン版の刊行)。98年(慶長3)から1603年(慶長8)まで3度目の滞日。06年1月20日、マカオで病没した。カトリック教会史上の偉人の1人。

そして、『日本巡察記』がどういうものかといえば、「信長・秀吉時代の日本に東洋巡察使として4回来日した著者が、イエズス会本部に書き送った機密報告書。」とあるように、日本にキリスト教を布教するためにはどうしたらいいのか、極東の地においてキリスト教国を作り上げるにはいかにすればいいのかを、イエズス会教師の最高監督者が本国に送った書である。
したがって、「第二十七章 日本における多額の経費、及びそれをまかなう方法。当布教を前進させるに必要な収入」とか「条二十五章 条件が充たされたならば、日本をインドから独立した管区にすべきこと」とか「第十九章 日本の上長がその統轄に優れた効果を挙げる為に一般に採るべき方法」などといった、日本をキリスト教国にするための具体的な方策が書かれている。つまりアジアや南米でみられたようなキリスト教による統括・支配(植民地)を日本でも行うための報告書だといってもいいだろう。
その人物が日本人の特性について書いている。それが、すこぶる面白い。
ローマカトリックの内部の文書であるから、日本人に媚びる必要などなく、第三者的目線で書かれていると言ってもいいだろうが(無論、多少の誇張はあるだろうが)、これが面白いほど、日本人をベタ褒めしているのだ。
日本人とは何か、それを考える意味でも重要だと思うので、引いていきます。

第一章 日本の風習、性格、その他の記述

わがイエズス会が日本において現在所有し、将来所有すべき、修院、学院、およびその統轄方法を述べるに先立ち、日本における種々の風習や性格について概説する必要があろうと思う。
……。
(日本人は)人々はいずれも色白く、きわめて礼儀正しい。一般庶民や労働者でもその社会では驚嘆すべき礼節をもって上品に育てられ、あたかも宮廷の使用人のように見受けられる。この点においては、東洋の他の諸民族のみならず、我らヨーロッパ人よりも優れている。
国民は有能で、秀でた理解力を有し、子供たちは我らの学問や規律をすべてよく学びとり、ヨーロッパの子供たちよりも、はるかに容易に、かつ短期間に我らの言葉で読み書きすることを覚える。また下層の人々の間にも、我らヨーロッパ人の間に見受けられる粗暴や無能力ということがなく、一般にみな優れた理解力を有し、上品に育てられ、仕事に熟達している。
…(米しか作られない)したがって一般には庶民も貴族もきわめて貧困である。ただし彼らの間では、貧困は恥辱とは考えられてはいないし、ある場合には、彼らは貧しくとも清潔にして丁重に待遇されるので、貧苦は他人の目につかないのである。貴人は大いに尊敬され、一般にはその身分と地位に従って多数の従者を伴っている。
日本人の家屋は、板や藁で覆われた木造で、はなはだ清潔でゆとりがあり、技術は精巧である。屋内にはどこにもコルクのような畳が敷かれているので、きわめて清潔であり、調和が保てれいる。
日本人は、全世界でもっとも面目と名誉を重んずる国民であると思われる。すなわち、彼らは侮辱的な言辞は言うまでもなく、怒りを含んだ言葉を堪えることができない。したがって、もっとも下級の職人や農夫と語る時でも彼らは礼節を尽くさなければならない。さもなくば、彼らはその無礼な言葉を堪え忍ぶことができず、その職から得られる収入にもかかわらず、その職を放棄するか、さらに不利であっても別の職に就いてしまう。
(中略)
日本人はきわめて忍耐強く、飢餓や寒気、また人間としてのあらゆる苦しみや不自由を堪え忍ぶ。それは、もっとも身分の高い貴人の場合も同様である。が、幼少の時から、これらあらゆる苦しみを甘受するような習慣づけて育てられるからでしょう。
(中略)
彼らは信じられないほど忍耐強く、その不幸を堪え忍ぶ。きわめて強大な国王なり領主が、その所有するものをことごとく失って、自国から追放され、はなはだしい惨めさと貧困を堪え忍びながら、あたかも何も失わなかったかのように平静に安穏な生活を営んでいるのにたびたび接することもある。この忍耐力の大部分は、日本では環境の変化が常に生じていることに起因していると思われる。実に日本ほど運命の変転の激しいところは世界中にはないのである。ここでは、何か事があるたびに、取るに足りない人物が権力ある領主となり、逆に強大な人物が家を失い没落してしまう。既述のように、かような現象は、彼らの間ではきわめて通常のことであるから、人々は常にその覚悟をもって生活しているのであり、ひとたび(逆境に)当面すると、当然予期していたもののようにこれに堪えるのである。
また彼らは、感情を表すことにははなはだ慎み深く、胸中に抱く感情を外部に示さず、憤怒の情を抑制しているので、怒りを発することは稀である。したがって彼らのもとでは、他国の人々のように、街路においても、自宅においても、声をあげて人と争うことがない。なぜなら、夫と妻、親と子、主人と使用人は争うことをせず、表面は平静を装って、書状を認(したた)めるか、あるいは洗練された言葉で話合うからである。それ故、その国から追放されたり、殺されたり、家から放逐されても、平然とした態度でこれを甘んじるのである。換言すれば、互いにははなはだ残忍な敵であっても、相互に明るい表情をもって、慣習となっている儀礼を絶対に放棄しない。この点について生じることは吾人には理解できぬし、信じられないばかりである。それは極端であり、誰かに復讐し、彼を殺害しようと決意すると、その仇敵に対してそれまでよりも深い愛情と親睦さを示し、共に笑い共に喜び、状況を窺い、相手がもっとも油断したときに、剃刀のように鋭利で、非常に重い刀に手をかけ、次のような方法で斬りつける。通常は、一撃か二撃で相手を倒し、何事もなかったかのような態度で冷静に平然とふたたび刀を鞘に収め、動揺するでなく、言葉を発するでなく、感情に走って怒りの表情を示しはしない。このような次第であるから、いかなる者も柔和で忍耐強く、秀でた性格を有するように見えるのであり、この点において、日本人が他の人々より優秀であることは否定し得ないところである。
彼らは交際において、はなはだ用意周到であり、思慮深い。ヨーロッパ人と異なり、彼らは悲嘆や不平、あるいは窮状を語っても、感情に走らない。すなわち、人を訪ねた時に相手に不愉快なことを言うべきではないと心に期しているので、決して自分の苦労や不幸や悲嘆を口にしない。その理由は、彼らはあらゆる苦しみに堪えることができるし、逆境にあっても大いなる勇気を示すことを信条としているので、苦悩を能うる限り胸中にしまっておくからである。誰かに逢ったり訪問したりする時、彼らは常に強い勇気と明快な表情を示し、自らの苦労について一言も触れないか、あるいは何も感ぜず、少しも気にかけていないかのような態度で、ただ一言それに触れて、あとは一笑に付してしまうだけである。
一切の悪口を嫌悪するので、それを口にしないし、自分たちの主君や領主に対しては不満を抱かず、天候、その他のことを語り、訪問した先方を喜ばせると思われること以外には言及しない。同様の理由から、相談事において感情に走らない為に、重要な問題については、直接面と向かっては話さず、すべて書面によるか、あるいは第三者を通じて行うことが日本での一般の習慣となっている。これは両親と子供、主君と家臣の間はもとより、夫婦の間さえ行われているほどである。それは、憤怒や反駁、異議の生じる恐れがある場合には、第三者を通じて話し合うことが思慮深いと考えられているからである。かくて日本人の間には、よく一致と平穏が保たれる。子供の間にさえ、聞き苦しい言葉は口に出されないし、我らのもとで見られるように、平手や拳で殴り合って争うということはない。きわめて儀礼的な言葉をもって話し合い、子供とは思えない重厚な、大人のような理性と冷静さと落ち着いた(態度)が保たれ、相互に敬意を失うことがない。これはほとんど信じられないほど極端である。
服装、食事、その他の仕事のすべてにおいてきわめて清潔であり、美しく調和が保たれており、ことごとくの日本人がまるで同一の学校で教育を受けたかのように見受けられる。
次に述べるように、日本人は他のことでは我らに劣るが、結論的に言って日本人が、優雅で礼儀正しく秀でた天性と理解力を有し、以上の点で我らを凌ぐほど優秀であることは否定できないところである。

前にも引いたフランソワ・カロンにも子供のことが書かれていたが、子供の時からすでに日本人的大人であったようだ。これはほかの欧州人の日本人の一貫した見方だ。
それに、感情に走らない忍耐強さがある一方で、激しい感情も持っている(復讐のところ)など、和辻哲郎の日本人の「しめやかな激情」の説明に似ていると思う。
過去記事 「和辻哲郎「風土」から。 第2回目 日本人特有の性格「しめやかな激情」

さてさてしばらくの間、日本人のベタ褒め記述をしばらく引いていきますよ。
……続く。

子供の教育。フランソワ・カロンの「日本大王国志」から

フランソワ・カロンの「日本大王国志」(東洋文庫)に、江戸時代初期の日本人の子供についての記述がある。
これが興味深い。

第十九問(章)
子供の教育
彼らは子供を注意深くまた柔和に養育する。たとえ終夜喧しく泣いたり叫んだりしても、打擲(ちょうちゃく、意味:なぐること)することはほとんど、あるいは決して無い。辛抱と柔和を以て宥め、打擲したり、悪口したりする気を起こさない。子供の理解はまだ発達していない。理解力は習慣と年齢によって生じるものなるを以て、柔和と良教育とを以て誘導せねばならぬというのが彼らの解釈である。七・八・九・十・十一及び十二歳の子供が賢くかつ温和であるのは驚くべき程で、彼らの知識・言語・対応は(老人の如く)、和蘭(オランダ、注1)では殆ど見られない。丈夫に成長したといっても、七・八・九歳以下の小児は学校へ行かない。この年輩で修学してはならぬという理由で、従って彼らの一群は生徒ではなく、遊戯友達の集会で、これが教育に代わり、彼らは野生的にまた元気一杯になる。学校へ行く年齢に達すると、徐々に読書を始めるが、決して強制的でなく、習字もまた楽しんで習い、嫌々ながら無理にするのではない。常に名誉欲をうえ付け、名誉に関しては他に勝るべしと激励し、短時間に多くを学び、これによって本人及び一族の名誉を高めた他の子供の実例を挙げる。この方法により彼らは鞭撻の苦痛がもたらすよりも、更に多くを学ぶのである。
(以下略)
注1 オランダではほとんど見られない。日本の小児の天国であるとは、オランダ人のみならず、ヨーロッパ人の一致して言うところである。

フランソワ・カロンの経歴 [1600ころ~1673]滞日オランダ商館長。オランダ船員として来日、日本婦人と結婚。通訳となり、出島商館長を務めた。のち、東インド会社で東洋貿易に従事。カロンの著作は、江戸時代初期の日本の情勢を伝える貴重な書となっている。
そのカロンが、日本の子供とその教育に驚いたようだ。

昨今、日本国内でも幼児虐待事件が後を絶たない。中にはしつけと称して虐待を行うといったものもあるようだが、それは教育ではない。たぶん親も子供なのだろう。
どうも昔の日本は、大人も子供も「おとな」だった。そういった成熟した精神をもった社会を形成していたのではないか。
だが、こうした日本人が持っていたいい面も、いまは失われてつつあるようだ、そう思えてならない。

 | HOME | 

カスタム検索




FC2ブログランキング


すみません…、只今コメ返しをしておりません。しかし、しっかりと読んでおります。こんなわがままなサイトですが、気が向いた方は、どうぞ書き込んでください。

FC2ブックマークに追加

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
物語を物語る
 トップページ
  └ カテゴリー
        └ ヴァリニャーノ、カロンなどの日本人観
by AlphaWolfy

消えた二十二巻

Author:消えた二十二巻


全ての記事を表示する




このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。