スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神社の数日本一は新潟県  

平成22年4月17日 読売新聞から

古里 こんな王国 新潟県 神社の数日本一 信仰心あつい県民性

歴史ブームにも押されて、最近は神社仏閣を訪ねる若者も多いようだが、「神社の数が最も多い県はどこ?」と聞かれ、「新潟」だと即座に回答できる人は少ないのではないか。
宗教法人・神社本庁が包括する法人としての神社の数は、約7万9000。そのうち、新潟には4755もの神社がある。2位は兵庫県の3836、3位は福岡県の3322。(4位愛知、5位岐阜)
ちなみに、最も少ないのは沖縄の11、和歌山の418、大阪の571だ。
新潟に神社が多い理由を新潟県神社庁に聞いた。同庁参事の栗田宗明さんは、「自然に多いと言うしかないが、あえて言えば」とし、明治後期に政府が出した神社の統廃合を要請する合祀政策に、県が消極的だったことを挙げる。さらに明治時代に新潟の人口が日本で最も多く、集落ごとに神社ができたのではないかという。
確かに、1888年(明治21年)の人口調査で、新潟の人口は166万人で、2位の兵庫県の151万人、3位の愛知県144万人を抑えてトップ。東京はこの年、135万人で第4位。続く1893年(明治26年)の調査でも、新潟が171万人で1位だった。
神社本庁広報センターは、「人口が多かった新潟では、5~6人の集落でも社を支えようとする意識があったのではないか」とみる。栗田さんも「京都などと比較して、小さな氏子が数軒の神社でも地元に密着し、昔ながらの祭りがある」と話す。
越後平野のほぼ真ん中。弥彦山のふもとにあり、「おやひこさま」の敬称で親しまれている弥彦神社(弥彦村)は、新潟で最も知名度の高い神社だ。権禰宜の馬場要さんは、「江戸時代もそうだっただろうが、明治、大正、昭和初期ごろまで県民は、『成人までに1回はおやひこさま詣でをしないと、成人とは認められない』と言われた」という。それほど、県民から深い崇敬を集めている神社だ。
新潟には、現在でも旧来の神社が数多くあるといい、栗田さんは「自然な信仰心が残っているのではないか」と分析している。

スポンサーサイト

 | HOME | 

カスタム検索




FC2ブログランキング


すみません…、只今コメ返しをしておりません。しかし、しっかりと読んでおります。こんなわがままなサイトですが、気が向いた方は、どうぞ書き込んでください。

FC2ブックマークに追加

03 | 2010/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
物語を物語る
 トップページ
  └ 月別アーカイブ
        └ 2010年04月
by AlphaWolfy

消えた二十二巻

Author:消えた二十二巻


全ての記事を表示する




このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。