スポンサーサイト

物語を物語る

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

震災から半年、で思うこと。

物語を物語る

震災から半年。
これはヒドイと思った話をコピペしてみた。
詳しいのは、平成23年11年9月9日付のスポーツ報知、なぜか「フジテレビ」とからめている。 http://hochi.yomiuri.co.jp/topics/news/20110908-OHT1T00305.htm

 東京電力福島第1原発の事故発生後、風評被害に苦しむ福島県の農家らを支援するため、福岡市内のショッピングモール「マリノアシティ福岡」内で17日にオープン予定だった「ふくしま応援ショップ」の中止が8日、決まった。先月下旬の計画発表後、放射性物質の拡散を不安視する市民らから「不買運動を起こす」「(韓流問題で抗議デモを受けた)フジテレビみたいになりたいのか」といった抗議がメールや電話で寄せられたため、苦渋の決断に至ったという。
 「ふくしま応援ショップ」プロジェクト事務局によると、同店舗の計画は4月下旬にスタート。マリノアシティ福岡内の直売コーナーに店を構え、今月17日から福島県産の農産物を販売する予定だった。先月26日に記者発表し、開店準備を進めていた。
 消費者が抱える不安を考慮し、生鮮食料品の取り扱いはなし。店頭に並べるのはジャムやうどんなど、震災前に原材料が収穫された加工品に限定した。さらに全商品に放射線量のテストを行い、国の暫定基準量の10分の1以下であるかどうかをチェックするという、徹底した管理態勢を敷く方針だった。
 にもかかわらず、先月末から今月初旬にかけ、インターネットの掲示板「2ちゃんねる」で、ショップに対して批判的な書き込みが相次いだ。その後、マリノアシティや、店の運営母体である「九州産直クラブ」に対し、抗議の電話、メールが約30件寄せられた。内容は「福島からトラックが来るだけで放射性物質が落ちる」「(マリノアシティの)不買運動を始めるぞ」といったもの。さらに、先月下旬に「韓流偏重だ」などとして抗議デモを受けたテレビ局を引き合いに出し「フジテレビみたいになりたいのか」などと脅迫めいた抗議もあった。
 九州産直クラブは、マリノアシティ全体に迷惑や影響が及ぶことを懸念し、7日に出店の断念を申し入れた。今後は別の形での展開を模索することになる。プロジェクト事務局の吉田登志夫さん(59)は「風評被害とはこういうものなのかと痛感しました。残念というほかありません」と肩を落としつつも「これからも福島県とのつながりを作っていきたい」と話している。

福岡の方々がこんな薄情な人たちばかりではないとは思いますが。ただ、こんなことばかりしていると、福岡県がこれから何らかの災害に遭っても、だれも助けようとは思わなくなってしまうだろう。
まあ、日テレ系列の福岡放送がTwitterで韓流批判をした高岡蒼甫を『人種差別主義者』と痛烈に批判した県民性だけに、この県の人たちは「差別」には敏感な方たちだと思いますが……。

ただ、これからこういう話は増えていくだろう。
これが、東北や関東の人たち(とくに子どもたちの結婚や妊娠)への差別とつながっていくのだ。
目に見えない陰湿なイジメのような差別や日本人同士が疑いの目をむける疑心暗鬼の種となっていく。そして日本人の中で「放射能汚染地」(真偽など関係なくただ出身地だけによって)による「優劣」が付けられることになるだろう。
そう、「震災」や「原発」「放射能」は日本に新たな「差別」を生んだのだ。賃金格差や年代格差などといった「差別」とはまるで比較にならない大きな禍根となったのだ。
これは日本人がこの世に存在する限り、この先ずっと残ることになるだろう。
悲しいが、それが現実だ。

そしてこれを利用して、日本の分断を画策する人たち(特定の団体や国)にとって格好のエサを与えてしまった。
日本人がまとまり、日本が一つになろうとすると、必ず湧き出る「左巻き」の人々にとっても。
過去記事・「東日本大震災で思うこと。 「自粛ムード」反対する人たちって」
また、「JAP18」の木下悠貴みたいなやつらも、日本人同士がいがみ合い憎しみ合う姿を見て、コソコソ喜んでいることだろう。
悔しいが、これも事実だ。

では、日本の未来はどうなるか。
円高に景気低迷、企業の海外移転による産業空洞化……、日本人の出生率低下による人口減少、急速な高齢化により労働人口の低下、老成社会による総体的なパワーの減退……、道州制、外国人参政権、人権擁護法案、移民1000万人……、在日朝鮮人の暗躍、韓国による朝鮮文化の汚染、中国の軍事的台頭、アメリカの極東対策の思惑……などなど。
そのうち日本は、分断し、分割され、日本人は「日本」人でなくなるだろう。
どう見ても日本は将来衰退していく。
無念だが、こらが日本の真実だ。

だからこそ、今はつながっていたいじゃない。
もう、魂で結び付く「絆」しかないんだ。
そう思う。
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

«  | HOME |  »

カスタム検索




FC2ブログランキング


すみません…、只今コメ返しをしておりません。しかし、しっかりと読んでおります。こんなわがままなサイトですが、気が向いた方は、どうぞ書き込んでください。

FC2ブックマークに追加

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
物語を物語る
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月 --日 (--)
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
物語を物語る
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2011年09月 12日 (月)
  ├ カテゴリー
  |  └ 時事ネタ
  └ 震災から半年、で思うこと。
by AlphaWolfy

消えた二十二巻

Author:消えた二十二巻


全ての記事を表示する




このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。