スポンサーサイト

物語を物語る

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フジテレビ韓流デモは、「平成のええじゃないか運動」だと思う

物語を物語る

平成23年10月5日 朝日新聞に「フジテレビ韓流抗議デモ」の記事が載っていた。
アサヒぽい、実に朝日新聞らしい内容だったので、載せてみる。
「記者有論」 社会部 西本秀

先日、届いた茶封筒には、切り裂かれた朝日新聞が入っていた。「次のターゲットにならなければいいですね」と印字された警告文と一緒に。
韓流ドラマやKポップを放映してきたフジテレビを「偏向」と批難するデモ行進を取材し、記事(東京本社版)にしたのは9月初めのことだ。
インターネットの掲示板やツイッターで呼びかけられたデモを「嫌韓」と位置付け、「デモの方こそ偏向していないか」とまとめたのに反発したものだろう。ネットには直後から、私を「売国奴」などと罵る書き込みがあふれた。
そのデモはいまも続く。フジテレビのあるお台場に加え大阪、名古屋でも、日の丸を手にした人々が集結した。10月にも計画がされている。
放送局が韓流コンテンツをもてはやす背景には、その魅力と同時に安さがある。広告が減る中、経費圧縮の一役を買っているわけだ。確かに、こうした製作側の論理に、異論はあっていい。だが、「偏向」「売国」という時代かかった言葉を相手に投げ付け、熱くなる問題ではない。
デモ隊は、フジがスポーツ中継で国歌斉唱の場面を省略し、日本を意図的におとしめたと訴えている。
SMAPが北京で公演し、村上春樹の小説を韓国の若者が愛読する時代である。彼らの主張を、時代遅れの「陰謀論」と一笑に付すことも可能だ。だが、この現象の奇妙さは、数千人の市民がそれを真に受け、リアルな社会でデモをしている点にある。
背景には震災の影響がある、と私は思う。
3・11は、人々とメディアの関係を決定的に変えた。原発事故をめぐり二転三転した政府の説明や、あふれる報道をどう受け止めるか。ネット社会では、市民が知恵を出し合い、情報を補い、異論を唱え、受け取った人々が拡散させる習慣が根付きつつある。
ある意味、私たちは覚醒したのだ。政府や政府や従来メディア発の情報が全てではないと。それは健全な認識だ。だが一部に、ネットを万能視して、従来メディアを全否定する冷静さを欠いた議論もある。
情報の海で溺れそうになると、人は時に声高な主張やデモにすがる。放射能リスクゼロを求め、福島産花火を中止させる批判の炎上と、韓流の排除を求めるデモは、共に覚醒の裏返しの熱病なのだ。
ネットはいま、世論の等身大の可能性ともろさを映し、拡散を加速させている。


これは、当ブログでもそのときに触れた記事の後追いみたいなものだ。
過去記事 「韓流ブーム批判」をする人って暇な人なんだって、と朝日新聞が言ってますけど……。

相変わらずピントが外れていますね。
デモが起こったという、一つの現象としかこれを捉えていない。この問題の根本を全く見ていない。(あるいは触れないようにしている)また、震災後にこの問題が起こった原因としているが、これも違うだろう。これ以前から韓流批判はあったし、なによりもネットの拡大を悪としている。それにデモ参加者数千人ってあるけど、5千人以上いたというし、延にすれば万単位だろう。すなわち小規模の酔狂な人たちが起こした(パーティーみたいな)ものとしたいらしい。
まあ、この記者が言いたいのは、「大新聞の朝日新聞さまに脅迫文なんか送りやがって、なめんなよ。お前ら市民は黙って俺たちの立派な主張に従っていればいいんだよ。正しいのは朝日新聞を筆頭とした大メディアなんだから」と、ネットの書き込み風にいえばいういうことだろう。
それにしても、〈「偏向」「売国」という時代かかった言葉を相手に投げ付け、熱くなる問題ではない。〉とか〈時代遅れの「陰謀論」と一笑に付すことも可能だ。〉とか〈この現象の奇妙さ〉とか〈熱病〉……といった程度の認識しかできないのか。
朝日新聞に限らず、フジテレビデモとは何なのか、その主張の本質はどこにあるのかを、追究することは決してしない。そしてこの問題の論点をすり替えし、ひたすら矮小化しをしていくことに躍起になっている。最近そんな論調が目立ってきた。

私は、フジテレビ韓流デモは、「平成のええじゃないか」だと思っている。
「ええじゃないか」は幕末に起こった民衆運動だ。Yahoo!百科事典にもあるが、この運動の本質は、熱狂的乱舞を伴う「世直し」を求める民衆運動だ。
この運動自体、見た眼は、けったいで珍妙であった。しかし、この熱狂・狂乱の中に「為政者への抗議」があった。
フジテレビ韓流抗議デモも傍からみれば、「韓流ドラマを放送するな」とか「KーPOPごり押しするな」とかった実に他愛無いもので、バカぽく見えるであろう。
しかしその本質は、現政権への批判、在日問題、朝鮮・中国の反日教育、外国人参政権……が元にあるということだ。
民主党が政権を取ってから、韓流押しが目立ってきた。(それと同時に「あの戦争」「戦争責任」とかいったとか放送も増えた。)
鳩山は首相官邸に韓国俳優を何度も呼び、岡田は韓国ドラマを見て朝鮮の歴史を参考にしますといい、小沢は韓国で公演して勝手に謝罪、菅は朝鮮学校無償化を要求し、白真勲は日本の休日を韓国の休日に合わせろといったり、土肥隆一は韓日の過去史に対する謝罪文に署名したり……ごり押ししているのは民主党なのだ。

ネットでのフジテレビ韓抗議デモの書き込みを良く見れば、その問題の本質はどこにあるのか良く分かる。
これは、実に根深いもので、決して朝日新聞の記者が言うようなネットの陰謀論記事に踊らされたおちょこちょいな人々だけが起こしたことではないのだ。ましてや、低所得者のモテない暇人だけがやっているわけではない。

中国では反日デモが起こる度に、日本のメディアは「このデモの本質は現体制批判があるのです」という解説をする。偉そうな学者や知ったかぶりの解説者がこれが正論だという権威付けを行う。自分の国の旗が燃やされているのに何と寛容な。
ここでは、フジデモ的解釈はしない。
何故だろう。中国さまのデモには「ええじゃないか」的な解釈をするくせに、フジテレビ韓流デモにはその根底にあるものを見ようとしやしない。
メディアが中国や韓国・朝鮮の様々な異常な問題に触れないことへの不満・不平が噴出しているのが「フジテレビ韓流抗議デモ」の実体なのです。
フジテレビはそれが顕著であったから標的になったのだ。

これは排外主義でも差別主義でもない。実際、台湾ブームやインド押し、ブラジル熱狂なんてことになってメディアがごり押ししようが問題にならなだろう。(太田が地元なので、ブラジルをごり押ししてほしいくらいだ。)
SMAPだろが村上春樹だろうが海外進出するのは大歓迎だ。

フジテレビ韓流抗議デモの根本にある問題を、しっかりと指摘しているメディアや学者やコメンテーターや識者が出てこないのは何故だろう。(つまりそういう思想の人たちに牛耳られている)
高岡やふかわ、くらいしかいないのか。
そこが、嘆かわしい!
スポンサーサイト

Comment

[352]
長文でこんなにまとめられて本当にすごいと思いました。とても読みやすかったです。自分はデモには震災の影響があったと考えています。震災があってたくさんの外国人が帰国するというニュースを見聞きしたりして、自分が日本人であると自覚した人が多かったはずです。そん中、韓流のごり押しを見たらおかしいと思う…と思う。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

«  | HOME |  »

カスタム検索




FC2ブログランキング


すみません…、只今コメ返しをしておりません。しかし、しっかりと読んでおります。こんなわがままなサイトですが、気が向いた方は、どうぞ書き込んでください。

FC2ブックマークに追加

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
物語を物語る
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月 --日 (--)
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
物語を物語る
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2011年10月 05日 (水)
  ├ カテゴリー
  |  └ 時事ネタ
  └ フジテレビ韓流デモは、「平成のええじゃないか運動」だと思う
by AlphaWolfy

消えた二十二巻

Author:消えた二十二巻


全ての記事を表示する




このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。