スポンサーサイト

物語を物語る

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新田義貞及び新田一族ニュース 今回はてんこ盛り。

物語を物語る

2011年11月12日福井新聞から  http://www.fukuishimbun.co.jp/localnews/society/31478.html

義貞かぶと印「押しに来て」 有志、新田神社近く設置
福井市新田塚地区の有志らでつくる「ふるさとの歴史を考える会」が、南北朝時代の武将新田義貞のかぶとをデザインしたスタンプを作り、同市新田塚町の新田神社近くに設置した。訪れる観光客や歴史愛好家に興味を持ってもらおうと、地区の歴史や地名の由来を書いた台紙も用意。会員はぜひスタンプを押しに来てほしいと呼び掛けている。(久慈かおり)
 同会は10月に発足。県内の約40人が所属し、本県ゆかりの人々への理解を深めようと活動している。先月は作家の中島道子さんを招き、明智光秀に関する講演会を開いた。
 スタンプは、新田塚自治会連合会や同神社奉賛会と協力して作った。直径約7センチの円形で、新田家の家紋である「大中黒」と、新田塚地区で見つかった義貞のかぶとをモチーフにしたデザイン。小林幸二会長(63)=同市新田塚2丁目=が今年8月にイメージを提案し、福井工大デザイン学科の教員が仕上げた。
 スタンプは、新田神社の2軒隣にある和食店「食のすす竹」の店先に置いた。神社の境内にはスタンプについて知らせる看板を設け、今後、地元の小中学校や町内会にも案内文を出す。
 同会は義貞にゆかりがある市内の寺社や史跡にもスタンプを設置し、スタンプラリーができるようにしたいと計画している。小林会長は「新田神社を拠点に、地域全体で盛り上げたい」と意欲を見せていた。

ほんと福井のみなさんありがとうございます。新田氏の地元の群馬県、特に太田市はこういう「歴史」のことに関してはまるで無関心で、「焼きソバ」ばかり焼いている。困ったものだ。
(ここに明智光秀の名が。新田氏と光秀はこういう地縁から何らかの関係があったと考えられるし、徳川家康が新田氏を名乗ったことも考えれば……、そしてそこに出てくる名前をたどれば……「本能寺の変」も違った見方ができるはず。まあ、これは「東毛奇談 第4章」で。)

で、次が10月24日付け読売新聞から

町田時代祭り、勇壮な流鏑馬に歓声
 鎌倉街道の要衝として、新田義貞ら多くの武将たちが活躍した往時をしのぶイベント「町田時代祭り」(町田市観光コンベンション協会など主催、読売新聞東京本社など後援)が23日、町田市内で開かれた。
 祭りは今年で2回目。石阪丈一市長ら約80人がよろいカブト姿などで町田商工会議所前から芹ヶ谷公園まで約1キロを行進した後、同公園でハイライトの流鏑馬(やぶさめ)が披露された。
 鎌倉武士の文化を国内外で紹介している全日本戸山流居合道連盟(本部・町田市)の旗谷嘉辰(よしとき)会長(62)ら10人が、馬上から約4メートル離れた的を狙って次々と矢を放った。会場には約5000人の観衆が集まり、命中するたびに大きな歓声があがっていた。旗谷会長は「町田の祭りとして、流鏑馬を定着させていきたい」と話していた。

ここに新田義貞の名前が登場する。埼玉から東京、鎌倉にかけて新田義貞及び新田一族の関連した史跡や寺社は多く残り、それにまつわる祭りや儀式も多くある。
これらをバラバラに行わないで、「新田氏」あるいは「南北朝時代・太平記の時代」の関連したイベントとして連携すれば、大きな展開が見込めるのではないのか。その音頭をとるべきなのが「太田市」じゃないのかなと、つねづね思う。「英語学校」を作っている予算があるなら、そこに回せと思うのは自分だけじゃないはず……。

そして福井市の観光案内ページから。
http://www.fukui.asovino.net/page/magazine/201111.html

今年8月、福井市出身の清水智信選手が、WBAスーパーフライ級タイトルマッチに勝利し世界チャンピオンになったのは記憶に新しい出来事ですよね。実は、清水選手はフクイに凱旋したとき、祈願成就のお礼の参拝に藤島神社を訪れていたんです。藤島神社は、世界戦の前に清水選手の後援会が必勝祈願したところであり、また、毎朝、清水選手のお父様が参拝に訪れているところなのだそう。くじけず、あきらめず、世界に挑戦し続けた清水選手の努力と周囲の人の熱意に、勝負の神様・義貞公が微笑んでくれたのでしょう。
藤島神社のシンボルともいえるのが、義貞公が着用していたと言われる兜「鉄製銀像嵌冑(がんちゅう)」です。国の重要文化財であり、お守りや絵馬にも取り入れられ、「勝守」としてパワーを発揮しています。七五三では、健やかに育つよう男の子は義貞公の兜を再現したレプリカをかぶり、女の子は御鏡を持って記念撮影をします。

 お~、ボクシングの世界チャンピオンか。日ハムの斎藤佑樹といい、「新田氏」系寺社は「勝負運」に強いということですね。ここを推していきましょう。
過去記事 斎藤佑樹が甲子園で優勝したときに持っていたのは、新田義貞ゆかりの生品神社のお守りだった!!

そして、アニメ「それでも町は廻っている」に新田義興を祀る「新田神社」が登場するという話を聞いた。
それでも町は廻っている
「東京都大田区の下町・丸子で育った女子高生、嵐山歩鳥を主人公に、彼女の周りで起きる日常の出来事を中心に描いてゆく日常コメディー。」という説明がある。舞台地が下丸子、武蔵新田ということらしい。
さっそく見てみた。
きゃ~!!!。
確かにエンディングに「新田神社」が!!!!!
それでも町は廻っている 新田神社良く見ると狛犬の台座に新田氏の家紋「大中黒」が!!!
ということは、毎回「大中黒」が放送されていたのか、胸熱だな。
しかも地元ということで、新田神社が本編に何度も登場しているらしい。
それでも 新田神社
もう、これだけでも感涙ものですよ。
「らきすた」の鷲宮神社や「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない」の秩父神社みたいに盛り上がってくれればいいと思うが、もう放送終ってるのね。(2期あるとかないとか、でも原作は続いているし……)

ちなみに、こちらは群馬県太田市由良にある新田義興を祀る寺「威光寺」。(地名が「由良」っていうのは、もちろん新田氏一門の名。太田市周辺は新田氏と関連の名したものがほとんどだ。やはり「新田市」にしようよ。過去記事 地図を眺めて胸躍る。各地に新田一族の名前が!)
威光寺 正面

新田義興 遺髪塔
こちらは、新田義興公遺髪塔
新田義興に関する過去記事 
安部龍太郎を歴史小説家へ導いたのは、新田義興だ! 間違いない。
破魔矢の由来、「日光・大猷院」と「新田神社」と「鏑矢祭」
各地で「新田義貞」「新田一族」を祀る大祭が行われました。しかしその一方で、群馬県太田市は……。

全国各地で新田氏に関する活動が行わることは嬉しい限り。
そして、世界チャンピオンやアニメなどといった注目されやすいものと関連付けていくことが大事だろう。こういやって地道に「新田氏」ファンを増やしていくことが肝要なのだ!
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

«  | HOME |  »

カスタム検索




FC2ブログランキング


すみません…、只今コメ返しをしておりません。しかし、しっかりと読んでおります。こんなわがままなサイトですが、気が向いた方は、どうぞ書き込んでください。

FC2ブックマークに追加

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
物語を物語る
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月 --日 (--)
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
物語を物語る
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2011年11月 17日 (木)
  ├ カテゴリー
  |  └ 新田義貞、新田一族の話
  └ 新田義貞及び新田一族ニュース 今回はてんこ盛り。
by AlphaWolfy

消えた二十二巻

Author:消えた二十二巻


全ての記事を表示する




このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。