スポンサーサイト

物語を物語る

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「デマ、噂の真相」その4  突如として、幕末に登場した新田一族

物語を物語る

シリーズ第4回目、徳川埋蔵金の話ついでに、新田一族の話をします。

前回の話で、小栗上野介が斬首される切っ掛けを作ったのが暴徒事件で、その暴徒の首謀者が金井恭介だということは書きました。
そして、このとき官軍側に報告したのが、実は、岩松満次郎こと新田俊純だったというのが前回の話でした。

この岩松満次郎が幕末に突如と現れ、埋蔵金伝説に関わっていく経緯は次のようになります。
幕末に起った尊王攘夷運動は、上野国にも波及してきた。そんな時期に水戸の天狗党が現れます。これに触発されて東毛出身の金井之恭・高木七平・大館謙三郎らが岩松満次郎を説得して討幕運動の盟主に据えようとしました。しかし満次郎はこれを拒否しました。
なぜ岩松を担ぎ出そうとしたのかといえば、彼が新田義貞の血を引く者であったといわれていたから。この時期、新田義貞は再評価されていた。何故って、鎌倉幕府を倒したからです。つまり討幕派から見れば、英雄的活躍。それに朝敵である足利方と戦った武将として、尊皇派からも支持されていたんです。だから、新田一族を旗頭にする意味は大きかった。

この岩松家は、新田義貞の子孫を名乗る新田一族です。室町時代は下剋上などいろいろあった(ここでは省略)が、幕末までずっと新田荘に残っていた。徳川家康が1590年に関東に入部した際、新田一族として謁見したのが岩松家である。そして家康が「徳川」を名乗ることになる「徳川(得河)郷」の有力者が呼ばれた。
これが、正田家です。この二家が家康と謁見したことになる。この正田家は、現皇室の美智子皇后さまの祖先である正田氏だ。(詳しくは、過去の記事を見てください)
両家とも新田一族に関係があり、新田源氏を名乗る家康に、系図などを提出するかわりに、微石の領地を安堵された。(岩松家はのちに加増されて120石)

さて、幕末時代に話を戻して、
その後討幕運動は更に盛り上がり、1867年・慶応3年に満次郎は新田一族や同志らを集め新田勤王党を結成する。
そしてその翌年、東下してきた東山道総督府に従軍することになる。満次郎は、勤王党の中から精鋭40名程を選び出し新田官軍を組織する。この新田官軍については『群馬県史』によると『その頃、満次郎の軍の中に群馬郡権田村の農民が2人いた。そこで金井五郎(之恭)や大館謙三郎らは、彼らに、東善寺に引きこもっている小栗忠順の行動を探索させ、それを総督府に通報することにした』と書いてあります。
そして4月2日に行田に入った総督府に、新田官軍は従軍すると、小栗に反逆の意思があると、報告した。この報を受けた総督府は、小栗を捕らえて、3日後に処刑する。そして4月8日、この功によって満次郎は、総督府から銃35丁と弾薬、食料などをもらうとともに、菊の章旗を授けられ正式に官軍として認められた。
そう、小栗が捕まり斬首された切っ掛けを作ったのは、新田一族の末裔ということになる。
さて、この岩松満次郎は、明治維新後に、江戸時代には名乗ることの出来なかった「新田」姓を得て、名前も「俊純」とした。
そして、男爵になりました。
小栗に反逆の恐れありと報告した功績しかなく、維新後は、明治政府の役人になることもなかった。しかし、爵位を得たんですよ。

なぜでしょうか。

書きますよ。いいですか。
だれも言ってません。もちろん歴史の本なんかにはちゃんと書いてありますよ。さらりと。でも新田一族であるという重要性に誰も気付いていなということです。

やっぱり、書かない方がいいかな、引っ張っちゃうかな。
いや、もったいぶらないで書きます。

新田一族の血を引く新田俊純の娘は、武子といいます。

その夫の名は

井上馨なんですよ。

そう、長州藩で、伊藤博文と活躍したあの人物です。
明治維新後は政界の中心にあった超大物です。
新田一族がこんなところに出てくるとは思いもよらなかったでしょう。

なんだ大したことないじゃん、と思う方も多いでしょう。でも、それがそれ以後、重要な意味をもってくるんです。

で、その辺りは詳しく歴史ミステリー小説「東毛奇談」の第6章で。

それに、井上馨と武子の馴れ初めが詳しく書かれているのは、山田風太郎の「エドの舞踏会」です。明治維新の偉人たちの様子を夫人側から見た時代ミステリーの傑作です。

というわけで今回は「噂とデマ」から少し離れましたが、徳川埋蔵金伝説に新田一族が関わっていたという話でした。

次回は「噂とデマの真相」の続きを書きます。
テーマは「キムタク一家が太田市に引っ越してくる」というデマがなぜ流れたか、です。


スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

«  | HOME |  »

カスタム検索




FC2ブログランキング


すみません…、只今コメ返しをしておりません。しかし、しっかりと読んでおります。こんなわがままなサイトですが、気が向いた方は、どうぞ書き込んでください。

FC2ブックマークに追加

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
物語を物語る
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月 --日 (--)
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
物語を物語る
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2007年08月 25日 (土)
  ├ カテゴリー
  |  └ デマ、噂の真相シリーズ
  └ 「デマ、噂の真相」その4  突如として、幕末に登場した新田一族
by AlphaWolfy

消えた二十二巻

Author:消えた二十二巻


全ての記事を表示する




このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。