スポンサーサイト

物語を物語る

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリスマスイブに娘と映画「けいおん」を見てきたよ!

物語を物語る

クリスマスイブに娘と映画「けいおん」を見てきました。
公開されて3週目なのに、劇場は満席だった。男子学生やオタク系が多いかと思ったがそうでもなく、女子学生がかなり多く、クリスマスなのでカップルもちらほら、私たちのような親子連れも結構いた。
「むぎちゃん」の絵を上手に書いた娘の友達(過去記事「娘たちに幸せあれ!」)も、別の日に父親と見に行ったというから、けいおんは親子で見られるアニメだということだろう。

で、これが娘の初映画館体験。
プリキュアでもドラえもんでもハリーポッターでもなく、「けいおん」だ!
初めて見た映画が人生において大きな経験の一つだと本気で思っている私にとって、これが彼女の大切な思い出になってくれればいい、と思う。(私の初映画館体験は「スターウォーズ」だった。これ大げさではなく、本当に自分自身に大きな影響を与えていると思う)
それに娘と一緒に映画館なんて、父親としてもこれから先、そんなに数多くあるとは思えないから、そういう意味でも今年はいいクリスマスとなった。
ありがとう、「けいおん」!!

さてさて、感想を一言でいえば、「優しい映画」だ、といえるでしょう。(何気なく唯の寝ぐせを律とか、卒業記念の紅白饅頭を後輩の梓の分まで取っておいてあげるとか、そんな細やかな優しさがあふれていた)
そして、過去記事に書いたように、「けいおん」は、成長物語であり、継承の物語であり、さわ子目線の保護者視点がしっかりとある物語である、というのを再認識したのだ。
1、今日も部室でお茶を飲む。 「けいおん」は奥が深い!
2、資料編15回目 「継承の物語」その4 「けいおん」は「継承の物語」である。
ここで細かく説明しているので、そちらを参照してください。

そして、ラストで唯が「(けいおん部の)伝統を守る」といったセリフにもあるように、これは保守の物語でもある、といえるだろう。
継承と成長と保護者視点と伝統・保守は、アニメ「銀魂」の時に解説しました。
参考資料「銀魂」考 最終回 TPPと復興と銀の魂
やはり、私の気に入る物語は、どこか共通したものが流れているということなのか。

そして、テレビ版・映画版を通じて物語「けいおん」が、卒業までのカウントダウンをしていく時間経過を強く意識させる話であることが十分に表現されている。(映画版も時計の「カチカチ」と秒数を刻む場面で始まっている。これはアニメ版の初回冒頭でも示されている)
TBSラジオ・ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフルのシネマハスラーで、けいおんの評を放送したのを聴いたが、これも卒業までのデットエンド、時間のタイムリミットという形で評していた。
凡百の日常系アニメと一線を画するのは、この時間経過(卒業までの時間)が過ぎていく青春と重なっていき、それが切なさとつながっているというのを表現しているからだろう。
だから映画版を見ると、やたら繰り返し描かれる「時計」(ロンドンの場面では秒針が逆回転する時計があった)や、自転を逆に進めば時間は戻るのかとかいった唯らの会話などが何回か描かれいて、「時間」(過ぎゆく時間)を意識させる表現が殊更になされている。(このあたりは映画を1回しか観ていないので細かいことは説明できないが、あとでDVDとかでよく確認すればよく分かると思う)

そして、新聞・雑誌にけいおんがよく取り上げられるようになりました。
けいおん 日経
これは日経流通新聞から。
ただ、朝日新聞とかで見られる評で、震災や魔法少女まどかマギカとからめて「日常系」とか「空気系」とか「成長のない少女の話」とかいう括りで解説するのは止めて欲しい。これは、「けいおん」という物語の大事な要点を掴んでいないことを露呈するだけだから。
過去記事 アニメ一つも読み解けない朝日新聞に大新聞を名乗る資格はない。
ほんとよく観ていないで解説する人が多いよね。
スポンサーサイト

Comment

[356] いつも楽しく拝見しております
初めてコメントいたします。yasuと申します。劇場版けいおんが「優しい映画」、全面同意です。娘さんにとっても、きっと一生忘れられない大切な映画になると思います。
[360] こんばんわ
娘さんと映画に行かれたんですね
私も友人や家族と行って来ました
仰る通り女子女子小中学生が多いですね、びっくりしました
私は何度か見たのですが本当に見るたびに新たな発見があり楽しいし、場面場面に様々な意味が見いだせます
宇多丸さんのシネマハスラーは私も聞きました
成る程上手いことを言う
きちんと見ているなと感じました

早くDVD等でも見たいです

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

«  | HOME |  »

カスタム検索




FC2ブログランキング


すみません…、只今コメ返しをしておりません。しかし、しっかりと読んでおります。こんなわがままなサイトですが、気が向いた方は、どうぞ書き込んでください。

FC2ブックマークに追加

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
物語を物語る
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月 --日 (--)
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
物語を物語る
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2011年12月 24日 (土)
  ├ カテゴリー
  |  └ アニメ・マンガ・サブカル
  └ クリスマスイブに娘と映画「けいおん」を見てきたよ!
by AlphaWolfy

消えた二十二巻

Author:消えた二十二巻


全ての記事を表示する




このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。