スポンサーサイト

物語を物語る

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

劇団ひとりがブータン国王夫妻をバカにする芸をして大炎上!から思ったこと。

物語を物語る

http://news.infoseek.co.jp/article/rocketnews_20111229168438から。

【国際問題に発展か】AKB48秋元才加と劇団ひとりがブータン国王夫妻をバカにする芸をして大炎上! 視聴者「マジ最悪」

2011年12月28日に放送された、フジテレビのバラエティ番組『笑っていいとも! 年忘れ特大号2011』で、AKB48メンバー・秋元才加さんと劇団ひとりさんが、ブータン国王夫妻をバカにするかのような芸を披露し、インターネット上で大炎上している。
多くの視聴者が不快に感じたようで、「国交断絶されるレベル」や「こういうのは気分悪いわ」、「よくこんな事できるな」などの怒りの声が出ている。
ブータン国王は新婚旅行として日本を訪れたほどの親日家で、東日本大震災の復興支援として義援金100万ドルを日本に贈っている。ブータン国民にも日本国民にも愛されているブータンとその国王夫妻だが、そんなふたりを侮辱するかのような芸を披露したとして、秋元さんと劇団ひとりさんがバッシングを受けているのである。
あまりにも配慮が足りない放送だったとして、「これはさすがにいかん。一国の国王とその王妃を、しかも日本にあんなによくしてくれた方々を、冗談とはいえこのような扱いをしてはならない」と意見している人もいた。
また、この「ブータン国王夫妻をバカにする芸」が国際問題に発展するのではないかと言う声も出てきており、秋元さんや劇団ひとりさん、そしてフジテレビが、今後どのような対応をしていくのか注目視されている。とにかく、不快に感じた人が多くいる芸だったのは確かだ。

早速、ユーチューブにUPされている動画を見てみた。
う~ん、怒るとか呆れるとかいう感情よりも、「血の気」が引いた。これはアカン。増谷キートンくらい、アカン。
そして怖いのは、観客も出演者もこれを観て笑っているということ。似てるとか面白いからとかではなく、これはマズイんじゃないと思う人が一人もいなかったのか、そこが怖い。そしてここに「韓国ドラマを観てグローバル」なんてバカなことを言う脳学者の茂木健一郎もいれば、9条バカですぐに奇声を発するキチガイの太田光もいるくらいだから、どうしょうもないか。
劇団ひとりや秋元は論外として、これを放送しようとしたスタッフの頭がいかれているとしか思えない。
きっと「笑っていいとも」のスタッフはキムチ鍋やプルコギピザの食い過ぎで日本人が普通に持っている感情を失ってしまったのだろう。

さて、「劇団ひとり」だ。
前に、こいつが「けいおん」のフュギィアをくわえ、オタクをバカにしたことに対して批判めいたことを書いた。
過去記事 「最近気になったテレビ番組のこと。「視聴率3・9%のグンソク」と「ビビりの劇団ひとり」。
こいつの人を小馬鹿にした芸風(?)のどこに面白みを見出すことができるのか。たぶん今回も「ブータン国王」を嘲った形でバカにして楽しんでるのが見えて、気持ち悪い。(これはモノマネでもない。モノマネという芸に対しても失礼だ。)
あと、何故か擁護するような人もいて、「アメリカ大統領ならモノマネしてもいいのか」とか「これが彼の芸だ、芸人魂だ」というのがあって驚いた。
では、こいつに韓国俳優とかK-POPをバカにするようなことをやらせてみな。そうしたらこれは彼の芸風だと認めるよ。
だがそんなこと絶対しないから。
嫁の大沢あかねと夫婦そろって「韓流ごり押し」で仕事を増やしているから、そんなことはしない。(これは過去記事「「フジテレビの韓流ごり押し問題」のまとめ」">「フジテレビの韓流ごり押し問題」のまとめ」でも触れています)
つまり「ブータン国王夫妻」はバカにしてもいいと判断しているからだろう。(番組スタッフも同様)
だから、アメリカ大統領とかはモノマネでバカにしても、中国の国家主席とかロシアの大統領とか確実に怒られそうなところには触れないだろう。
そこが「チキン」、「ずるい」ということだ。

そして、フジテレビよ。
ほんと次から次へと……。
これはその中でも最悪の部類。「セシウム君テロップ事件」くらいの不祥事だと思うが。

追記
前の記事「フジテレビ韓流デモは、「平成のええじゃないか運動」だと思う」を読み返して、思った。
フジデモも今や矮小化されつつあるが、デモの効果はあっただろう。
西村ひろゆきや宮台真司なんかはデモをやっても意味がない、と言ったそうだが、「フジデモ」といっただけでその名称が何を意味するかくらい世間で広まったし、効果なしと言った連中もそれを話題に挙げている時点で大いに浸透している証拠ではないか。
「フジデモ」なんて韓国・朝鮮・反日・在日問題を知る切っ掛けの一つに過ぎない。そして気になった人達が「フジテレビ、韓流、ごり押し」なんて検索する、それに関連した記事を読む、真実を知る。そんな人たちは確実に増えた。
そういう意味でも「フジデモ」は成功したのだ。
そして、上記過去記事で引用した朝日新聞の西沢秀という記者が「イギリスの若者のデモ」や「アメリカの格差デモ」がネットによって広がった、これからはネットの時代だ云々といった記事を書いていた。フジデモのネットでの広がりは「ヒマ人」のすることと嘲笑しといて、同じ口で世界革命(朝日新聞の社是)のネット普及は絶賛する。これは大いに笑った。
さずが朝日!

いいよ、ほんと、朝日新聞とかフジテレビとか揺るがないね。
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

«  | HOME |  »

カスタム検索




FC2ブログランキング


すみません…、只今コメ返しをしておりません。しかし、しっかりと読んでおります。こんなわがままなサイトですが、気が向いた方は、どうぞ書き込んでください。

FC2ブックマークに追加

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
物語を物語る
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月 --日 (--)
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
物語を物語る
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2011年12月 29日 (木)
  ├ カテゴリー
  |  └ テレビ・芸能ネタ
  └ 劇団ひとりがブータン国王夫妻をバカにする芸をして大炎上!から思ったこと。
by AlphaWolfy

消えた二十二巻

Author:消えた二十二巻


全ての記事を表示する




このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。