スポンサーサイト

物語を物語る

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初詣で平穏無事を祈る。

物語を物語る

平成24年、新年あけまして、おめでとうございます。
毎年恒例の初詣、生品神社へ参拝に行ってきました。
平成24年1月1日 生品神社(おじいちゃんと孫だろうか、参拝してました。初詣はまず産土へ。良い光景です)
それにしても、相変わらず参拝客は、まばらでした。
感想は去年とまったく同じ。過去記事「「萌えキャラで盛り上がる足利」と「無策・放置の太田(新田)」。参拝客が少ないのはやはり寂しいよ……。
お守り売り場で、またもや「斎藤佑樹のお守り」を勧められました。それを書いたは私ですよ。
ついでに「新田義貞公銅像再建の募金」もすればいいのに。

いつもは閉められいる扉は、本日は開け放たれていた。中に中曽根康弘元首相の「新田義貞公挙兵 六百五十年記念」の揮毫があった。
生品神社 中曽根康弘これは記念碑のもととなったものだろう。過去記事「中曽根康弘は新田一族の末裔である。」
帰りに「御宝銭」をもらい、一番安いお守りを買う。
生品神社 御宝銭

なにはともあれ、昨年大過なく過ごせたこと感謝し、本年の無事息災を祈りました。

平成23年12月31日の読売新聞に印象深い写真が載っていた。
東日本大震災 神社
解説にこうある「がれきに囲まれた新山神社跡で新年を迎える準備をし、寄贈された社に参拝する小野道雄宮司と氏子代表の遠藤卯之助さん。周囲ではがれきの撤去作業が続き、重機の音が響いている。(宮城県石巻市雄勝地区)」
こういうのを見ると「平穏無事」がなによりです。



スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

«  | HOME |  »

カスタム検索




FC2ブログランキング


すみません…、只今コメ返しをしておりません。しかし、しっかりと読んでおります。こんなわがままなサイトですが、気が向いた方は、どうぞ書き込んでください。

FC2ブックマークに追加

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
物語を物語る
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月 --日 (--)
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
物語を物語る
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2012年01月 01日 (日)
  ├ カテゴリー
  |  └ 未分類
  └ 初詣で平穏無事を祈る。
by AlphaWolfy

消えた二十二巻

Author:消えた二十二巻


全ての記事を表示する




このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。