スポンサーサイト

物語を物語る

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「デマ、噂の真相」その6  「英語特区」と「国家の品格」と「新田と書いてニッタと読む」

物語を物語る

さて、このシリーズ最終回。
総まとめ、ですが「デマ、噂」の話ではありません。
ただ、愚痴り、戯言を言い、ひたすらボヤきます。

さて、前回まで「ぐんま国際アカデミーに木村拓哉、工藤静香の娘が入学する」というガセネタを徳川埋蔵金伝説とからめて、いろいろ書きました。
今回はその「英語教育特区」「英語学校」を皮肉ります。
まず、ウィキペディアから「ぐんま国際アカデミー(GKA)」を引用します。やはりこれが一番無難に要約されていると思う。ただの引用なので以下は読み飛ばしてください。
『GKAは、国語を除くほとんど全ての教科教育を英語で行う「英語イマージョン教育」を最大の特徴とする。1クラスの定員は30名(実際は36名)で、担任はバイリンガルの日本人教師(日本の教員免許)とネイティブの外国人教師(母国の教員免許)の二人制。ほとんどの授業はクラスの半分である18名で行われる。インターナショナルスクールとの大きな違いは、この学校が教育基本法第1条に基づく学校であることである。
校舎は全体として木造平屋造りで、教室は壁のないオープン形式となっている。
群馬県は、構造改革特区を利用し、太田市が主導して設立した当校の校舎建設費用などとなった借入金(およそ17億円)のうち太田市が約4割を補助し、かつ役職員を派遣していることから、「実質太田市立学校であり、一般の私学と同列に扱えない」とする姿勢を示し、県の私学振興補助金を支出していない。(これは、補助金が全く支出されていないということではない。国が標準的な補助額としている一人当たり年間約43000円は支出している。) これに対して、学校や保護者などが県に対し、補助金を、他の私立校の水準にまで引き上げるよう要求している。群馬県議会は全会一致で学校側の主張を認めているが、県はその姿勢を崩していない。県議会は平成18年度予算案の修正までは踏み込まず、付帯決議によって太田市と群馬県の対話を促すにとどめている。県議会の付帯決議を受けて、太田市は群馬県との交渉を続けていた。
2006年7月21日の協議の中で、群馬県側は太田市が開校から8年間にわたって、年間1000万円の運営費補助を予定していたことを示す文書を提示し、「この運営費補助が実行されていない」と指摘した。太田市長はその非を認め実行を約束した。しかし、2006年8月10日の協議の中で「借入金17億円については太田市が負担すべきだ。私学助成金の使途に借入金返済が含まれているのはおかしい」という指摘に対して市長は応じられないとして途中退席してから交渉は途絶えている。この件に関して文部科学省の私学助成金担当者は「助成金に関しては県の判断に基づき、国がどうこう言える問題ではない。県と市が話し合って解決して欲しい」としている。一部の識者からは「特区認定を受けたところが補助金を当てにするのは都合が良すぎる。結局は財政的基盤を確立せずにGKA設立に踏み切った清水市長の勇み足では」という意見や「義務教育は憲法で保障された権利で、公立も私立も国からお金が出る。(群馬県が国から受け取る)交付税の積算にはアカデミーの生徒数も含まれ、県は支出しないなら国に返還すべきだ」といった見解もある。 もっとも、後者の見解は私立学校振興助成法の条文(第9条 都道府県が、その区域内にある小学校、中学校、高等学校、中等教育学校、盲学校、聾学校、養護学校又は幼稚園を設置する学校法人に対し、当該学校における教育に係る経常的経費について補助する場合には、国は、都道府県に対し、政令で定めるところにより、その一部を補助することができる。)からすれば、当然に県の所管事務であり、国から受けた交付税の配分は県の判断に委ねられているから、法令上返還すべき理由はない。また、県私立中学高等学校協会と県私立幼稚園協会は2005年11月と2006年9月の2回、「一般私立学校と著しく均衡を欠く」などとして県知事・県議会議長に対し「ぐんま国際アカデミーへの私学教育振興補助金の増額に反対する」旨の請願書を提出している。
なお、この問題が解決しない場合、2008年度には3200万円余りの赤字となる試算となっており、学園側は「数字上、学校運営が立ち行かず、破たんすることになる」としている。
内閣官房特区推進室によると、これまで認定された特区で、破たんした事例はない。同室は「県と市が連名で申請するケースもある。太田市の場合も両者が連携し、地域が認め合って進めるべきだった」と指摘している。こうした県と市の対立の背景には、来年の知事選を前に様々な思惑が交錯する県内政界の現状を指摘する声もある。
太田市民の反応
清水聖義市長のアイディアに基づき計画され、太田市主導で設立されたという経緯から、市は市有地の無償貸与(学校運営安定後は有償になる予定)および建設費用の一部を援助した。そうした援助に反対する市民もいる。
市外からの入学者の多さが挙げられる。入学のため県外から転入したものが多く、約5分の1に及ぶという。理由としては、同じような教育をインターナショナル・スクールで受けさせるとすると、「公設民営」である当校の2倍以上の費用がかかることや、当校が学校教育法上の1条学校であることが挙げられる。市外からの入学の場合、家族ごと移住してくるケースが多い。
太田市議会では、2006年3月7日総務企画常任委員会において、市民から出されたぐんま国際アカデミーへの新たな税金投入の中止などを求める請願を趣旨採択している。しかし、既述のとおり運営費補助を実行しなければならなくなったことから、市長など特別職の給与を削減し、支出する方針を示している。ただ、給与削減してできる補助原資も税金であることに変わりはなく、その方針を疑問視する声が市議会内にもある。』

要はこうゆうことだ
、清水市長の思いつきで始まった英語学校。始めてみたはいいが、県知事と仲が悪くなって、お金が出ない。これを、知事の横暴だといって市長は怒って県とケンカになった。だけど肝心の学校は置いてけぼり。この学校はお金の問題だけではなく、ほかにもいろいろな課題がある、ということだ。まあ、小学生にも分かるぐらいに噛み砕けば、こういうことでしょう。
教育何とか法、○○委員会とか、法律用語や難解な行政用語出てきますが、結局のところ「始める前によく考えなかったのか」ということです。
大体、最初の段階では、外国語を通しての国際交流を図る特区として、構想されていたはず。いまのように「英語教育」にこだわった内容ではなかったはずだ。構造改革特区に指定される前の記事などを読むと、南米人との交流を図るために申請する、と報道され。私もそのように聞いていた。
群馬県太田市は近隣の大泉町などを含め、多くの南米人が出稼ぎに来ている。特にブラジル人は多くブラジル村と呼ばれるほどだ。ワールドカップサッカーやオリンピックでブラジルの試合があると、マスコミ取材で多くの人がくる。特に、ブラジルプラザはブラジル人コミュニティの中心地で、ここから、テレビ中継されることが多い。(私は以前、このコミュニティプラザと関係のある職場にいた)
最初にこの計画が上がったときは、南米人などの交流から生まれた発想であったはずだ。この外国語特区がいつの間にか英語教育特区に変質してしまったのである。
ポルトガル語、スペイン語を教育し、社会や国際交流に貢献できる人材を育てようというのであれば、私は多いに応援する。(南米人の出稼ぎ者が苦労しているのを少しは知っているからである)それこそ、太田市でしかできない国際交流であり、それができるはずであった。
それが、いつの間にか、金持ち相手のエリート国際人を育てる英語学校に変わってしまったのだ。GAKの理念や、清水市長の理想を読んでみると、実に、志の高い美句麗句が並んでいるが、その発想は「俺達は教育問題にかざあなを開けようと頑張っている」「国がやらない英語教育に、私たちは真剣に取り組んでいる」といったことなのだ。その奥底には「どうだ偉いだろう、応援しろ。応援しないのは、教育問題を考えていない奴らだ」というのが、その言動の端々にあらわれ、そこに高邁な態度が感じられるのだ。
これは、「イラクの地雷除去」「アフガンの医療行為」の国際ボランティアが崇高で志の高い人が行う行為で、地震災害の援助ボランティアでおばさんがご飯の炊き出しをいている人よりも、ずーと偉いというような発想なのだ。(分かりずらいかな) つまり、国際貢献、国際交流、真の国際人、世界に羽ばたくこと、英会話ができるは、偉く、知的で、そして金を産むこと。反対に、地方や地域に根差すこと、日本語を話すこと、地元の歴史に触れることなどは古くさく、ほめられることもなく、金にもならないと蔑んでいる、そのような思いが心底にあるのではないか。
地方格差が広がる今、地方の都市が行うべきことは、その地域に寄与した政策をすべきではないのか。構造改革特区とは、「地域の活性化や経済発展を進めていく施策の一環として、特定の地域に限って規制を緩和・撤廃する制度」とある。
特区は、地元に根差した取り組みだと私は理解している。
遠野市のふるさと再生特区、姫路市の環境リサイクル経済特区、千代田区のキャリア教育推進特区、これらを見ても、その地域に合った施策を行っている。久留米市のカブトムシ特区や、ほかに、オリーブや杉の木など、特産品などにかなり特化した目標を推進している特区も多い。それは、大いに結構なことである。分かり易い計画ほど目指しやすいということだ。
で、太田市の英語教育特区。今や外国語ではない「英語」なのだ。
「英語教育=国際人=国際貢献=カッコいい」みたいな安易な発想があるのではないか。
同じ英語教育特区を行っている都市がある。それは、青森県三沢市だ。だがここは太田市と違い、特別な事情がある。そう三沢市には、米軍基地がある。この場合は必要に迫られての英語教育特区ではないのか。裏を読めば、英語を広めて、米軍との友好関係を築こうという意図があるのだろう。また、三沢市の英語教育には、米軍から講師を招いているということもあって、この特区申請は国が推進したのではないかと勘ぐってしまうほどだ。だが、何はともあれ、その地域と特区指定は、何らかの関連性があることが重要だ。
では、太田市はどうか。それが市長のアイデアですべてが始まったという。
じゃー何か、英語と関係があるのか、それとも欧米人が多く住んでいるのか。いや違う。多いのは南米人、中東人、中国人らだ。それならば、最初の構想に立ち戻り、「外国語特区」を目指すべきだろう。
私は問いたい。なぜ太田市に英語特区なのか、なぜポルトガル語ではないのか、地域の特性を考えれば、それが一番有効的なことだ。カブトムシ特区だってあるのだから、地域の特性を活かすべきだ。いま英語にこだわるのは、欧米中心主義に囚われているからだろう。本当の国際化だったら、中国語だって、韓国語だって、イスラム語だっていいはずだろう。

さて、次。
ブログの記事、報道記事などを読むと、GKAは英語講師を集めるのに、難儀していることがかなり書かれている。
講師の数ではない、質の問題だ。教育理念の高いこの学校では、英語が話せるだけでは、ダメなのだ。英語講師には、日本語を理解し、日本文化にある程度精通していなければ、学校の理念ある「日本文化も教育する」というあり方に、反してしまうことになるからだ。でも実際問題、そんな優秀な外国人の先生がいたとしても、こんな群馬の片田舎に来るはずがないだろう。もっと魅力的な学校やインターナショナルスクールは、東京をはじめ大都市にいくらでもあるからだ。優秀な講師を集めるのも大変だというのだが、そんなこと最初から分かりそうなものだが……。
それに、学校創立時の記事を読むと、駅前留学のNOVAと提携を結んで、講師の派遣を依頼したといった記事があった。ノバの事件があってから、どうなったのか分からないが、教師の確保もままならない、学校ってどうなんでしょうか。それで、高い教育レベルが保てるのか、甚だ疑問だ。
さて、この学校は、太田市民の税金がかなりつぎ込まれている。上記の引用でも分かる通り、かなりの金額が使われている。しかも、これは学校が、英語教育特区が続けられる限り、ずっと税金が使われることになる。
それに、その学習費たるや、どうゆうつもりなのだろうか。インターナショナルスクールよりは安いが、地方の私立校並みに高い学費では、金持ちだけが通う学校でしかない。地域に根差したものが特区の本質であるのに、地元民にはまるで恩恵のない、それでいて、税金だけが使われるのはどうも許せない。それに市民の中で「英語教育」に関係のある人ってどれくらいいるのだろうか。

私はパフォーマー政治家を信用していない。パフォーマンス優先の政策、思いつきの政治、アイデア市長とか、そんなのは見せかけだけの行為です。騙されてはいけません。GAKに関して言えば、「真の国際人」「グローバル化」「優秀な人材の育成」といった奇麗事を並べて、無関心な市民を煙に巻いているだけなのです。それに、自分の発想を実現化するために税金を突っ込んでいるんですから、もっと市民は怒っていいと思います。英語学校に血税を垂れ流しているということは、地元民に何の得もないことで、それは、いまも続いていることなのですから。
それに、自分のパフォーマンスのために、主義主張を持ち込むべきではない。それを正当化するために、大層な理想を掲げて、反対意見を抑え込むようなことをすべきではない。しかも、学校や特区が政争の道具として使われているのだから、大層な理念を持つ学校も今やその存在価値を疑われる。

この市長は「みのもんた朝ズバ」に出演して、太田市には偽物の温泉しかないと発言して大非難を浴びた。太田市が合併した藪塚本町にある「藪塚温泉」の存在を忘れていたというのだ。えっそんな市長ってどうなの?
英語学校の心配する前に、自分が長としておさまっている自治体のことぐらい把握してくださいよ。それに新田町には、ふるさと創生資金で掘った温泉施設もある。これも忘れていたということだ。まあ、そういう人なんですよ。
市役所の職員のボーナスを銀行振り込みではなく、「現金支給にしようと決定した」確か、現金の有難みを感じようといったことだった。下らない。そのときアイディア市長と呼ばれていた。それで本人は悦に入って喜んでいる人なんですよ。
挙句の果てには、早朝に自宅をトラック2台で突っ込まれ、その犯人は逃走、今だにその真相は分かっていない、つまりそんな市長です。
でもテレビには出る、本は出す。県知事と意見が合わなければブログに書きまくる。気に入らないコメント、反対意見は即座に削除する、まあ、そんな感じです。
問題なのは、それを本人が正しいと思っている点だ。しかも、恐ろしいのはこれを支持する市議会議員や政治家がいるということでしょう。理念、理想を通したいのなら、市の自治体で行うべきではない。英語教育で教育問題を問いたいならば、国のレベルでやるべきだ。また、それに群がる財界人は、そこに利権があるから支持しているに過ぎないんですよ。

では、英語学校をどうすべきか。
いま誰がどう見ても、この計画は破たんしている。今更やめるわけにはいかないだろうし、「特区破綻第1号」となる不名誉な汚名を被りたくないだろう。
しかし、私が見る限り、いまや助成金だけの問題ではい。すべての元凶は構想段階から無理があった。このズレが、今になって大きくなっているに過ぎないのだ。このまま続けいて、これから将来的に成功すると思っているならば、かなりの楽観主義者だろう。
本来、群馬県太田市がすべき事案ではなかったと思う。英語教育特区を必要としてる地域は他にもあるはずだ、その自治体にまるごと預けたっていい、とさえ私は思っている。そのくらいの覚悟がなければこの問題は解決しないだろう。
それに太田市は別のことをすべきだった。そんな金があったなら、金山にあった中世の城を復元する元手くらいにはなったはず。東日本最大の古墳である天神山古墳の整備だってできたはずだ。いや、群馬こどもの国をもっと整備できたはずだ。老朽化した市民ホールの建て直しが出来たはずだ。太田市図書館の削られた予算を増額出来たはすだ。ホールに勉強机を並べている図書館なんって全国的に見たこともないだろう。そんなみっともない設備を直すこともできたはずだ。
もう一度問いたい。英語教育特区、ぐんま国際アカデミーって本当に太田市に必要なんでしょうか。

で、「国家の品格」です。
英語学校の批判をしてきた私なので、「国家に品格」を出せば、あーそこね、思う方も多いでしょう。
「英語教育が本当の国際人を育てるというのは間違いだ」と唱える藤原正彦氏の記述を読んで、なるほどと思い、立て続けに藤原正彦の本を読んだ。
「祖国とは国語」「古風堂々数学者」など。すべての本で、英語教育を優先させ、国語や数学の授業をないがしろにする、今の学校教育を痛烈に批判しているのだ。
市長は藤原正彦の本を1冊でも読んだことがあるのだろうか。
もし、読んだとすれば、あんな英語教育特区に固執するはずがない。
読んでないとすれば、太田市の市長として私は認めない。
なぜならば、藤原正彦の父は新田次郎であるからだ。
新田次郎が小説「新田義貞」を書き、この地を訪れ、いかに彼が太田市、新田町に愛着があるかを、私は何度もブログに書いた。
戦前に生品神社に滞在し、新田一族に縁を感じていたことも書いた。新田一族を生んだ土地であるのに、新田一族を祀る寺社が荒れ果てているのを見た彼は、涙を流さんばかりに嘆き、その悲しみを小説のあちこちに書いていたのである。
その息子である藤原正彦氏が、「ぐんま国際アカデミー」が行っているような英語教育を猛烈に批判している。
しかも、なぜかその学校は太田市に存在し、英語教育特区となっているのである。
皮肉なことだ。
しかも、新田という地名がなくなったのも、この市長が合併を推進したからだった。
平成16年4月1日に、太田市は、新田郡の新田町、藪塚本町、尾島町と合併した。こうして「新田」という地名は消えた。
そして合併前に、新しい市名案を募集する住民投票が行われた。その公募条件の但し書きの欄にはこう書かれていた。『太田市であれば新市名変更に関わる費用を軽減することができます』と。
そう経済効率のために合併し、費用軽減のために地名が消えたのだ。
それなのに、英語教育特区、英語学校に多額の費用を使ったのだ。
矛盾している。
経済優先の政策のために、「新田」という歴史のある名前が消えた。
「新田」と書いて「にった」と読む自治体はこうして消えた。
全国に「新田」という地名は多くあるが、そのほとんどが「しんでん」と読む。
「新田」という地名があっても「にった」と読む地名がほとんどない、という記事を以前に書いたが、そのとき私の近くの新田は「しんでん」です、といったコメントを数々頂いた。
そうなんですよ。「新田」という名は消え、「英語学校」は残った。
経済効果、効率(英語教育とは所詮、経済を念頭に置いたこと)がいかに文化、歴史を破壊していくか、ということなのです。
それが、新田一族を生んだ土地で行われたということです。

ちなみに、英語教育特区に許可されたのが、平成15年4月。
合併したのは平成16年、学校が設立したのが翌年の平成17年だった。
スポンサーサイト

Comment

[32] 同感です
私も清水市長に対しては同感です。
パフォーマンス市長と言うより、独裁者のようですね。
宮城県の借金を2倍にしたのに、テレビに恥ずかしげもなく出ている前宮城県知事と同じです。
県から補助金が出ないと「GKAが潰れる」などと、自分がまいた種なのに責任をとる覚悟があるのでしょうか?
リコールも考える必要があると思われます。
このままではGKAは壮大なる失敗に終わってしまう可能性が高そうですね。
生徒が可哀想です。
最近、藤原正彦氏の「日本人の矜持」を読みました。
対談を本にまとめたものですが面白かったです。
GKAよりも子供たちには藤原氏も絶賛している「会津武士道」を教えたほうが日本再生には役立ちそうです。
什の掟もいいですね。
「ならぬことはならぬものです」
[33]
レニー様コメありがとうございます。
やはり、任期が長すぎると思います。周りに諫言をする人がいなくなっているのかもしれません。
[34]
何ともやりきれませんね。新田町だけでなく、今日本全土で吹き荒れている合併と、それに伴うおかしな地名の誕生は、歴史の抹殺であり、郷土愛の否定ですよ。
目先だけの、「経済効率」という飴玉に飛びついて、ゴロツキ政治屋やヤクザ市長をのさばらせてしまっている一般大衆にも当然責任はありますが‥‥。
[38]
くだらないですね
[39]
名無しさんへ、どこが下らないのかを書いて欲しいんですよ。そうじゃないと、気になって仕方がない。別に無視すればいいことなんでしょうけど、そういう性質じゃないんで。
つまらないとか、アホくさいところとか、そういうコメも大歓迎なのです。
ただどの点がダメとか、反対意見とかが欲しいんですよ。次回はそうして下さい。
[98] とても興味深い
キムタクと工藤静かの子供について知りたかった、ただのミーハー心でこのHPにたどり着きましたが、
この学校についても知りたかったので大変興味深かったです。
おっしゃってること、同感です。
そして太田市の経緯など、今まで知らなかったのでなるほど~と一気に読んでしまいました。どこの町でも上に立つ者は自分の権力をふりかざし、アホぶりを露呈しています。なぜこれが改善されないのか?市民があきらめちゃってるんですか?
私の住む町でも、案件が決まってから町民への説明会、なんて茶番ばかりで、
反論しようにも既に決まったことという町の対応に、頑張る気も起きません。何か手立てはないのでしょうか。。。
[101]
興味深く読ませてもらいました。全くもって同感です。
私は太田市に隣接する伊勢崎市に住んでいます。
以前のバイト先に子どもをGKAに通わせているという自営の男性の方が
働きに来てました。Wワークしないと学費が払えないらしいんです。
それってどうなのよと正直思いましたけど、英語が話せない親からすると
英語のイマージョン教育というだけで、それだけお金をかける価値があるものと感じてしまうのでしょうか。
清水市長は最初の頃メディア等で改革派市長として持ち上げられてました
が、何だかすっかりイメージ変わったなあと思います。
そもそも、伊勢崎、太田周辺に英語圏出身の外国人なんてほとんど
いないんです。日系ブラジル人、ペルー人、フィリピン人、
パキスタン人、ベトナム人、中国人などが圧倒的に多いのに、そんな中で
英語漬けの教育して一体何の意味があるのかと本当に疑問です。
市役所の窓口だって本当に必要としているのは
ポルトガル語やスペイン語やタガログ語が話せる職員なのに。
田舎だけに、深く考えずに「英語=国際人=カッコイイ」なんて思っている人が
実際多い気はしますし、市長もその一人である可能性は否定できませんが、
そのために県から予算を引っ張ってこようとするなんて勘弁してほしいです。
そんなことしてる暇があったら風俗店だらけで治安も景観も最悪になって
しまった太田駅前をなんとかしてほしいです。
[146]
はじめまして( ^-^ )  興味深く読ませていただきました。

私は当時 “パフォーマンス総理” の人気・勢いに “パフォーマンス市長” が便乗しちゃった
…そんな感覚で、GKAの経緯を見守ってました。

今さら後戻りもできず…かといって、このまま税金をGKAに投入され続けるのも
市民としてはホントにツライです……T-T

そもそもこの人の考え…というより
思いつきはどれもこれも“浅はかすぎ”な気がします…(ノ_-;)ハア

『市民目線でやってます』みたいなコトを言っておきながら、
太田市の中心地から離れた地域の行政サービス・フォローはますます悪化させて、
泣いている市民の声なき声には一切目を向けようとしていない…(ーー;)

朝ズバでの一件もそうです。
温泉の定義もロクに知らないクセに、市長の分際であろうことか、
自分の管轄してる市内の温泉を “ニセモノ呼ばわり” して、
そのあげくにあんな子どもだって言いそうにもない苦し紛れの言い訳…
なんて考えナシで間抜けな人なんだろ……と腹立たしさを感じました(ー'`ー;)ムカッ

こんなパフォーマンスだけの市長なんかもういらない!(゜Д゜=)ノ⌒゜ポイッ
他の市民のみなさんもきっとそう考えてるんじゃないかな…
そう思って今回の市長選には期待していたのですが……残念でした><

太田市に住む者として、こんな人がまた市長をすることになったのかと思うと、
こんなにも悲しくて恥ずかしいことはない…そんな風にいま感じています><

最後はきっと “やりっ放し・投げっ放し・散らかしっ放し” の状態で、
退職金片手にホクホク顔で、自分のしてきた施策を自画自賛して
悦に浸りながら去っていくのでしょうね…T-T

何かやらかして一日でも早く失職してくれる日を待ちわびたいと思います…(ーー;)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

«  | HOME |  »

カスタム検索




FC2ブログランキング


すみません…、只今コメ返しをしておりません。しかし、しっかりと読んでおります。こんなわがままなサイトですが、気が向いた方は、どうぞ書き込んでください。

FC2ブックマークに追加

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
物語を物語る
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月 --日 (--)
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
物語を物語る
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2007年08月 30日 (木)
  ├ カテゴリー
  |  └ デマ、噂の真相シリーズ
  └ 「デマ、噂の真相」その6  「英語特区」と「国家の品格」と「新田と書いてニッタと読む」
by AlphaWolfy

消えた二十二巻

Author:消えた二十二巻


全ての記事を表示する




このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。