スポンサーサイト

物語を物語る

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いま日本の教育に必要なのは「道徳」

物語を物語る

平成24年1月25日付け、読売新聞のコラム「解」から。

台湾に息づく「公徳」(中国総局長 加藤隆則)
今月初め、台湾総統選の取材で台北に行き、市内の地下鉄に乗った。汚れた床の一部を年配の女性清掃員がぞうきんで丁寧にぬぐっていた。中国と比べ台湾の公共スペースが清潔なことは一目瞭然で、「なるほど」と感心しながら見ていたが、驚いたのはその後の出来事だった。清掃員がきれいにふき終わると、近くの女性乗員が「謝謝!(ありがとう)」と声をそろえたのだ。
これこそ社会生活に求められる「公徳」の心である。中国ではめったに聞かれない「対不起(済みません)」も、台湾では店員を呼ぶ際でさえ使われる。思いやりの言葉が心に橋を懸け、社会に調和を生む。「調和社会」の政治標語とは裏腹に権力の大小が人間関係を規定し、「父は警察の署長だ」という脅し文句が珍しくない中国とは好対照だ。
福沢諭吉は「社会の繁栄には公衆に公徳がなければならない」(「日本男子論」)と訴え、同時期、日本に亡命した中国の思想家・梁啓超は「公徳は立国の源だ」(「論公徳」)と悟った。
儒教を土台に忠孝などの「私徳」を論じてきた日中両国は、個人の独立を説く西洋の近代思想に触れ、初めて公の場で個人が果たすべき「公徳」に思い至った。
中国で繰り返される道徳キャンペーンを見る限り、100年前の課題はまだ残されている。一方、マナーでは優等生と目される日本でも黙って電車の席を譲る光景を目にする。「どうぞ」の一言を欠けば、公徳は形式に陥り、心は響き合わない。台湾の「謝謝」から見習うべき点は多い。

いいコラムだったので書き起こしてみました。
「道徳」教育の大切さを感じます。文科省のホームページには道徳教育の説明として「児童生徒が,生命を大切にする心や他人を思いやる心,善悪の判断などの規範意識等の道徳性を身に付けることは,とても重要です。」とあった。まさにこの通りだろう。台湾の人々にあって、中国国民に欠けているのが。まさにこの「道徳心」だろう。
そのための「心のノート」だったのに、民主党の事業仕分けで廃止になった。
Wikipediaにこんな記述があった。

臨床心理学者の小沢牧子は、心のノートが自分の内面に目を向けさせることが強調され、問題意識や批判を封じ込める構成になっていることを指摘している。こうすることで考えること、考えたことをぶつけ合うことがないがしろにされ、横のつながりが「コミュニケーション」という言葉だけの空虚なものになってしまう。横のつながりは、感謝・恩恵という自分を中心とした人間の縦につながる関係に置き換えられ、過度に進めば「君が代」・「日の丸」を軸とする国家主義へとなりかねない、と小沢は警告している

アホか。横のつながりまで否定するのか。この人、東日本大震災後もこんなこと言っているのか。
過去記事「マイケル・サンデルか池田信夫か、どちらが正しいのか? 大震災のときだけコミュニティーの大切さを問うのでは意味がない。
こういう小沢牧子的思想(ほとんど詭弁だが)が、戦後日本では主流であり、進歩的文化人なって呼ばれてカッコいい時代だった。
もういいよ、こういう人達。このサヨク的思考者が教育現場や大学や行政にいて、日本をおかしくしているのだ。それにリベラル語って、道徳を否定する人たちを有り難たがって持ち上げるマスコミも同罪だ。
もうこんな風潮から脱却するときだ。

いま日本の教育に必要なのは「道徳」ですよ、ほんとそうそう思う。
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

«  | HOME |  »

カスタム検索




FC2ブログランキング


すみません…、只今コメ返しをしておりません。しかし、しっかりと読んでおります。こんなわがままなサイトですが、気が向いた方は、どうぞ書き込んでください。

FC2ブックマークに追加

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
物語を物語る
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月 --日 (--)
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
物語を物語る
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2012年02月 12日 (日)
  ├ カテゴリー
  |  └ 時事ネタ
  └ いま日本の教育に必要なのは「道徳」
by AlphaWolfy

消えた二十二巻

Author:消えた二十二巻


全ての記事を表示する




このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。