スポンサーサイト

物語を物語る

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本茶を売るフランス人

物語を物語る

日経MJ新聞 平成24年6月11日から

日本茶を売るフランス人
英国で「YO!SUSHI」というすしチェーンが多店舗展開していたり、ラーメン屋が世界で広がっていたり、日本固有の食文化が外国人の手で新たな商品として生まれ変わるケースは多い。逆に本場イタリアにはないが、「ナポリタン」のように日本独自のスパゲッティとして定着する場合もある。
東京・吉祥寺で日本茶に新たな息吹を吹き込み、「新茶」を開発したフランス人がいる。ステファン・ダントン氏(47)、同氏が経営する日本茶専門店「おちゃらか」には夏みかん、すもも、あんずなど乾燥果実とそのエキスを加えたフレーバー茶約30種類が並ぶ。
ステファン氏は1992年に来日し、日本語も堪能だ。当初はワインや紅茶、レストランビジネスなどを手掛けていたが、日本の食生活に欠かせない茶を「母国のフランスに輸出できないか」と考えた。ただ日本茶は茶道文化があるなど外国人には敷居が高い。そこで「食事の際に飲み、香りの高い茶はワインに似ている」とみて、香りがあり、飲み口の優しいフレーバー茶の開発に思い至った。
フランス人が見た目で違和感を持たないように色も薄くしている。ワイングラスに入れた水出し茶は、白ワインのように見える。茶葉は自ら全国の産地を巡り、静岡県の川根という町でお気に入りを発見。今も98%が「川根茶」だ。
2005年におちゃらかを開業したところ、若者らの支持を受け一躍地元の人気店に成長した。日本産の素材、フランス人のアイデアと経営、そして独特の香りと味覚、話題性とストーリーを備え、今では吉祥寺の商業施設「アトレ」た大丸、伊勢丹など百貨店でも催事販売を手掛ける。おかげでフランスへの輸出は後回しになり、地元の日本の活躍の場が広がった。
パン食がコメ食を上回る時代。茶も食の洋風化で市場は低迷している。だが外部の目で見ると宝の持ち腐れになっていることが分かる。まさに「もったいない」だ。日本人以上に日本の価値を理解し、「日本の良さを広めたい」というステファン氏の情熱が市場を掘り起こした。(以下省略)

スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

日経MJ新聞 平成24年6月11日から日本茶を売るフランス人英国で「YO!SUSHI」というすしチェーンが多店舗展開していたり、ラーメン屋が世界で広がっていたり、日本固有の食文化が外国人の手で新たな商品として生まれ変わるケースは多い。逆に本場イタリアに...

«  | HOME |  »

カスタム検索




FC2ブログランキング


すみません…、只今コメ返しをしておりません。しかし、しっかりと読んでおります。こんなわがままなサイトですが、気が向いた方は、どうぞ書き込んでください。

FC2ブックマークに追加

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
物語を物語る
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月 --日 (--)
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
物語を物語る
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2012年06月 14日 (木)
  ├ カテゴリー
  |  └ 未分類
  └ 日本茶を売るフランス人
by AlphaWolfy

消えた二十二巻

Author:消えた二十二巻


全ての記事を表示する




このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。