スポンサーサイト

物語を物語る

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東毛奇談第1章の解説と目次

物語を物語る

東毛奇談の解説
「東毛奇談」の掲載が第1章まで終りました。
分かりにくい点が多々あると思いますので、少々解説を。
各章の冒頭に過去の話を少しずつ載せています。
第1章は徳川家康が征夷大将軍となった日の出来事と、天台宗の僧である天海が家康を訪ねてくるところから物語を始めました。つまり話は、徳川家康はなぜ新田源氏を名乗ったのか、天海が登場してなぜ新田の話をするのか、といった謎を最初に提示しておきました。
 そして時代が飛んで、現代の平成14年(この年でなければならない理由がある)になって、主人公の一人である真船千太が登場します。彼は地元新聞社の文化部の記者で、そこに雨月常太郎という少し謎めいた老人が訪ねてきます。(かれらの名前がすべて伏線になっています)
雨月と真船の少々長い談義は、「新田義貞の稲村ケ崎による太刀投げ」から始まり、結局は新田氏とはなんだったのかを問いかけで終わっています。そして最後に「なぜ世良田東照宮は東を向いて建っているのか」という謎を残して雨月は去って行く。
このエピソードのままだと、龍や天狗や刀やらが登場して和風ファンタジーか、怪奇物かと思われるだろう。まあ、この路線もあったかな、とも思ったんですが、それにはかなり技量、筆力が不足しているので、あきらめました。
この会話のやり取りは、芥川龍之介のという短編を意識して書きました。(もちろん技巧は遙かに、はるかに、ハルカに及びませんが……)この「西郷隆盛」という小説は、日本最初の歴史ミステリーか、といわれるもので、短くて、あっというようなオチまでついていて、読みやすいです、興味のある方は読んでみてください。まあ、芥川龍之介は最高のエンターテーメント小説作家だということが分かりますよ。彼が現代に生まれていたとしたらきっと最高のミステリー小説を書いていたと思っています。
さて話を元に戻して、もう一人の主人公である龍舞琴音がここで登場します。彼女は、テレビ番組制作会社でクイズ番組のリサーチャーとして働いている。彼女がテレビ制作会社に勤めているという設定は後のストーリーに関わってきます。決して安易な発想ではないことをお断りしておきます。リサーチャーというのは、クイズ番組や教養番組などで、下調べをしたり、調査したりして、どちらかというと、かなり頭を使う仕事です。
この小説では、このあと彼女がいろいろ調べたり、資料を読みこなすといったことが出てくるので、違和感がないように設定するには、いい職種を見つけたと思っています。ただ彼女のテレビスタッフとしての仕事ぶりや独身女性の生活や、彼女がどのような生い立ちから現在の人格を形成していったかをもっと書き込まないとリアル感が出ないなあ、と今もって反省しております。
そして、番組制作の調査で会うという強引な設定を作って、無理やり二人を合わせることにしました、そうしないと物語は進みませんから……。とここまでが第1章です。
そして怒涛の第2章がスタートします。

と、今後の予告を含めて目次を
第1章  天狗のこと
第2章  新田伝承のこと
第3章  家康改姓のこと
第4章  本能寺の変こと
第5章  仮名手本忠臣蔵のこと
第6章  徳川埋蔵金のこと
終章   内侍と世良田氏のこと

ということになっております。
「~のこと」というのは太平記では各段に「~のこと」とついているのでそれにちなんで付けております。



スポンサーサイト

Comment

[4] こんばんは
大変な労作ですね!
そして、情熱。
どうか頑張ってください。粘って、粘って、粘り抜いた人間が、最後には陽のめを見ると思います。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

«  | HOME |  »

カスタム検索




FC2ブログランキング


すみません…、只今コメ返しをしておりません。しかし、しっかりと読んでおります。こんなわがままなサイトですが、気が向いた方は、どうぞ書き込んでください。

FC2ブックマークに追加

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
物語を物語る
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月 --日 (--)
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
物語を物語る
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2007年06月 04日 (月)
  ├ カテゴリー
  |  └ 歴史ミステリー小説「東毛奇談」
  └ 東毛奇談第1章の解説と目次
by AlphaWolfy

消えた二十二巻

Author:消えた二十二巻


全ての記事を表示する




このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。