スポンサーサイト

物語を物語る

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

沢尻エリカ「心の葛藤」

物語を物語る

前回の後追い記事。

沢尻エリカを「エヴァンゲリオン」に引っ掛けていろいろ書いたが、これがなかなかの反響があり、アクセス数も(ヤフーブログ)かなりあった。またコメント等に応えるという意味でも、いまの時点で少し書こうと思います。

沢尻エリカは、自身の公式ブログで謝罪し、10月4日に、騒動後初めて姿を現した。
テレビ朝日の「スーパーモーニング」にVTR出演し、「あの日の行動ですべてをぶち壊してしまった」と涙ながらに語った。(号泣、人によっては演技だという方も多い)
このテレビインタビューの中で、周囲の評価と自己評価とのギャップに悩む内面を吐露し、「あまりに(周囲の環境の変化の)スピードが速かった。いま、評価されている点で嬉しいとは思わない」と答えた。
これは、彼女のいまの心境をよく表していると思う。変化の対応がうまくできずに内面的に追い詰められているという本音が出たのだろう。
この内面的追い込みを他人事としてはいけない。この騒動が人ごとには思えないからだ。
人は追い込まれると突拍子もない行動を取ることがある。
「えっ、あの人があんなことを」という話はよくあることだ。
突然の自殺、、知り合いが起こす事件、隣人の家庭内事件などなど、「なぜだ」みたいなことが突如として起こる。ただその行為を起こすまでの心理的プロセスは、他人には見えない。本人が語らない限り、他人には決して分からない。
だが、いきなり起こったことでも、事を起こす本人とっては行動を起こす過程で、様々な「心の葛藤」があり、「内面的世界で闘い」があるのだ。
たとえば、阿倍総理の突然の辞任、朝青龍の行動など。

他人には理解できない突飛な行動は騒動を巻き起こす。もちろんこれら一般的規範から逸脱した行為、世間からはみ出した行動には批難してよいだろう。
しかし彼女が起こした騒動の原因は、彼女の内面にある。(もちろん舞台挨拶で行った行為は、劇場に来た人々、関係者に謝罪はすべきだろう)

では、何が彼女を追い詰め、あのような言動をするのか。

「腕組み」「足を組む」「無愛想」「化粧」「奇抜な衣装」それは防御であり、本当の自分を隠すための道具である。「女優」「アーチスト」「沢尻会」は自分が逃げ込む事のできるため便宜、方便である。

だから、彼女の弱点とか、素顔・私生活のこと、内面的なことを質問されると、過剰に反応し、拒否反応を起こす。
傷つけられたくつけられたくないという思いや犯されたくない自分の心を守るために、結果的に、攻撃的態度となっていく。これらは、彼女の持つ弱い心が起因してるのだろう。

沢尻エリカは自分が認識している欠点や繊細な心を攻撃されることを極端に嫌う。これはインタビューの質問の応対でよく分かる。「プロ意識」「映画」「音楽」など自分の「身の置き所のあること」には答えるが、「私生活」「内面的こと」など自分をさらけ出されるようなことに触れるとたちまち不機嫌になるのだ。
これは、強がっているように見せても、非常に精神的に弱いということなのではないかと思う。
これがエリカ=アスカにつながるわけだ。このあたりが前回書いたこと、決して、奇をてらってエヴァと沢尻エリカを結びつけたわけではない。

たぶん彼女の心はガラスのようにもろいだろう。だが一方では、そこが魅力でもあるわけだ。
同性に人気があったというのはそのあたりに、「自分の心」を重ねていくことができたからだろうか。
沢尻エリカとインタビューをして泣く女子アナが多いこともその辺にありそうだ。
決して「恐い」とかだけではない。それだけでは説明のしょうがないものもある。
なにか、神々しいものに触れて随喜の涙を浮かべるといった、インタビューアーもいた。
ユーチューブで沢尻エリカのインタビュー番組を見たが、かなりの確立で女子インタビュアーが涙目になっている。(事実ですよ。うそだと思ったら確認してみてください)
しかも号泣きしている女子アナも多い、これは何を意味しているのか。
私はこれを沢尻エリカと自分と同化させているのではないかと考えたが、たぶん違うだろう。

というわけで、いろいろ思うところの多い騒動ですね。今や、人間観察として「沢尻エリカ」は貴重な存在となりました。昨今、物議をかもし出す若い女優っていませんからね。







スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

«  | HOME |  »

カスタム検索




FC2ブログランキング


すみません…、只今コメ返しをしておりません。しかし、しっかりと読んでおります。こんなわがままなサイトですが、気が向いた方は、どうぞ書き込んでください。

FC2ブックマークに追加

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
物語を物語る
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月 --日 (--)
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
物語を物語る
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2007年10月 04日 (木)
  ├ カテゴリー
  |  └ アニメ・マンガ・サブカル
  └ 沢尻エリカ「心の葛藤」
by AlphaWolfy

消えた二十二巻

Author:消えた二十二巻


全ての記事を表示する




このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。