スポンサーサイト

物語を物語る

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

徳川・松平家の家臣に南朝・新田氏に関係の深い家系が多い理由

物語を物語る

九段で働くママ様(アメブロ)から「徳川・松平家の家臣に南朝・新田氏に関係の深い家系が多い理由」を質問されましたので、少しだけ答えたいと思います。
これは歴史ミステリー小説「東毛奇談」の「第三章徳川改姓のこと」で書きました。内容的には煎本増夫氏の『戦国時代の徳川氏』からの引用で、徳川家臣団と南朝との関係が詳しく書かれていました。そこから抜粋してみましょう。

①天野氏……家康時代に康景は三河三奉行の一人と呼ばれた譜代家臣。天野氏は南朝に仕え、秋葉山要害地に城を築き、宗良親王を守護した。その後三河国額田郡中山荘へ移動。
②荒井氏……新田始祖の義重のときに上野国大間々の新田領地を管理していた。新田宗家が滅亡するまで付き従い、その後三河へ移住。松平・徳川の旗本となった。この系統から新井白石が出る。
③青山氏……新田氏族や南朝・尹良親王に従った。その後三河国碧海郡に浪人として入国。青山氏の出身地は、上野国吾妻郡青山、今でも青山屋敷跡が残っている。
④奥平氏……出身地は上野国奥平郷(現 多野郡吉井町)。新田・南朝方に味方し、三河に隠れ住む。吉井町には奥平氏の菩提寺・仁叟寺と屋敷跡がある。奥平氏は一時武田家に仕え、その後家康に内通して徳川家に仕えることになる。
⑤成瀬氏……松平家始祖の親氏からの家臣。三河国上平村に住む。上平村は信濃・伊那街道に通じて、今朝村、平村村、足助村へと続く。足助村が南朝の拠点であることは述べた。しかも足助八幡宮には、徳阿弥(松平親氏)の筆とされる大般若経が所蔵されている。
⑥そのほかにも、三河譜代(松平時代からの家臣)で新田・南朝の伝承を持つ家臣は、柴田氏(小笠原氏と祖は同じ)、林氏、高力氏など多数に及ぶ。
ここまでをまとめると、松平家に仕えた家臣は、
1に新田・南朝と関係がある。
2に多くが関東特に上野国からの移住している。
3にその経路が伊那街道を抜け足助に至り、そこから東三河の山間に入っている。
4に松平親氏のように浪人であった者が多い。

それに、酒井氏……酒井家と松平家の祖は、元々同じで、松平親氏・徳阿弥である。この徳阿弥とは、新田義重の四男義季の子孫である。義季は世良田家の始祖であり、得川郷にも領地があったため『得川殿』とも呼ばれた人物である。その六代後が世良田政義で、新田義貞と行動をともにする。そして政義の三代後が世良田(徳川)親氏、つまり徳阿弥である。親氏は、永亨の乱で鎌倉公方足利持氏に味方し、敗れた。室町幕府の追及が厳しく、親氏は、時宗の僧に身をつやして、諸国を巡り、三河に流れ付くと、酒井郷の土豪に養子に入って、そこで生まれたのが酒井家の祖となる広親である。その後親氏は、妻がなくなったために、松平郷に移り、松平信重のところに婿に入る。そこから九代目が家康となる。つまり酒井家と松平家は同系となる。そして家康の時代、酒井家は酒井忠次であり、徳川四天王といわれ、家康家臣の中でも一番の重臣であった。 だから酒井家は源氏を名乗っています。
②井伊家……井伊家は遠江国井伊谷城主であった。南北朝時代には後醍醐天皇の子・宗良親王が東下した際、ここを南朝拠点として戦った。宗良親王は、その後信濃大河原城へ行くが、井伊家は南朝方として足利と戦う。宗良親王が没すると、井伊家菩提寺・龍潭寺に祀ったのである。井伊家の南朝寄りはこれだけでもわかる。
南朝衰微後、井伊家は今川家に屈してその家臣となる。井伊直政のときに家康の小姓として仕え、この後頭角を現して徳川四天王の一人となり、家康関東入国の地割りでは、家臣一番の所領である上野箕輪城十二万石を賜った。また直政は、武田遺臣を引き継ぎ『赤備え』の最強軍団を率いた。
ここで一つの疑問が湧く。なぜ家康は、新参家臣の直政に甲斐の武田遺臣をつけたのだろうか。井伊家の伝承に、武田遺臣たちが引き付けられたというのは考え過ぎだろうか。武田家と徳川家は反目し合っていたが、なぜか結び付くものも多い。家康が信玄を尊敬していたこともあるが、武田家が滅んだ後に多くの家臣を召抱えた。(大久保長安など) そして武田家から徳川家に仕えたものも多い(天海、奥平家など) また武田へ内通していたかどで、殺された家康嫡男の信康や正室の築山殿、なぜか内通を疑われるのは武田家が多い。しかも武田家が滅んだあとに、徳川の軍法を武田流に変えてしまった。武田家と徳川家になにか結びつけるものがあったのか。一つ考えられるのは、武田家の領地である甲斐・信濃にまたがる銀山、鉱山である。信玄はこれらにかなり力を注いでいた。山の民、百足といったキーワードがこの結び付きを解く鍵になるだろう。 (ここから家康、信玄親子説が出てきたとも言える)
③大久保家……大久保家は家康時代に、忠世や忠隣を出し、一族の武功は三河武士の見本とまで云われた。また一族の忠誠心は家臣の中で群を抜くほどで、三河国を二分した一向一揆でも一族の誰一人も家康を背くことはなかった。その大久保家であるが祖先は宇都宮氏の庶流で南北朝時代は新田方についた。(本家は足利方)
大久保泰藤は新田義貞が討たれるまで付き添い戦っていた。が、京都に義貞の首が晒されているのを知ると、足利方の警護の目を掻い潜り義貞の首を密かに持って逃げたという。そして、三河和田町に隠れ住み、義貞の首を妙国寺に祀った。その妙国寺が大久保家の菩提寺となった。その妙国寺は、松平家の本拠地である愛知県岡崎市にある』

というわけで、徳川家の家臣は競うように、昔から徳川・松平家に仕えていたこと、かつては新田方、南朝方であったことを喧伝します。
なぜでしょうか。
それは仕えていたのが、昔であればあるほど、徳川家に忠誠心があるということになって箔がつくからです。「我らは松平家○○の時代からの譜代である」と各々譜代大名は名誉にしていました。だから競うように新田伝承や南朝伝説を我がもののようにしたのです。
では、それらの伝承を徳川家臣らはどこから引っ張ってきたのでしょうか。伝承、伝説、系図がいきなり現れることはないので、それらを橋渡しした者がいたはずなのです。
その謎は奥三河にあり、そこに登場してくるのが「児島高徳とその子孫」ではないかということです。
まあそれは、小説の方で。
第三章から入れます。http://daikiti431.blog112.fc2.com/blog-entry-54.html
スポンサーサイト

Comment

[255]
徳川の軍制が武田流に変わったのは、石川数正が秀吉の元に行ってからと言う話もありますが?
石川数正が徳川家の軍制を秀吉に漏らしたから、家康は軍制の変更を余儀なくされたと言う話がありますね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

«  | HOME |  »

カスタム検索




FC2ブログランキング


すみません…、只今コメ返しをしておりません。しかし、しっかりと読んでおります。こんなわがままなサイトですが、気が向いた方は、どうぞ書き込んでください。

FC2ブックマークに追加

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
物語を物語る
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月 --日 (--)
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
物語を物語る
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2007年11月 10日 (土)
  ├ カテゴリー
  |  └ 新田義貞、新田一族の話
  └ 徳川・松平家の家臣に南朝・新田氏に関係の深い家系が多い理由
by AlphaWolfy

消えた二十二巻

Author:消えた二十二巻


全ての記事を表示する




このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。