スポンサーサイト

物語を物語る

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「椿三十郎」 この再映画化どう考えてもよくなるはずがありません。

物語を物語る


本日11月15日。映画「椿三十郎」の公開前に文句を書いておきます。

いまさらですが、「どうして、織田裕二」
どう見たって、「若侍」役ぐらいでしょう。加山雄三の役あたりでよかったのに。
どうやっても、三船敏郎の迫力はでないよ。どういう経緯でこのキャステングになったのか知らないが、織田裕二も断ればいいのに。たぶん彼の汚点になるでしょう。「時代劇」を演じる役者じゃない。それより柳葉敏郎と和解して「踊る大捜査線」の続編にでも専念すればいいのに。
「それに、森田芳光って」
この人に「黒澤映画」は撮れないって。
森田芳光の本領は「家族ゲーム」「それから」「ハル」「間宮兄弟」など狭い人間関係を描くときに発揮される。「いい」「悪い」の波の激しいこの監督に、「椿三十郎」再映画化は荷が重すぎるのでは?
(自分からやりたいと角川春樹に言ったらしいが……)

黒澤版「椿三十郎」は、ユーモアの場面も多く、ラストの決闘シーンも驚愕ものだが、それを表層的になぞれば、たぶん「コメディ」になってしまうだろう。たぶん笑えない「冷笑」を誘う、楽しめないエンターテーメント映画が出来るに違いない。
そして、私が一番疑問視しているのは、この映画に「中村玉緒」が重要な貴婦人役で出ることです。
ドナルド・リチー著「黒澤明の映画」には、貴婦人と椿三十郎の対比がこの映画に深みを出し、貴婦人が椿三十郎に人生の示唆を与えるなどしている点から、この役が物語のテーマに大きく関わっていることを指摘している。黒澤版では入江たか子が演じていた。気品ある貴婦人役にユーモアを加えた演技は、嫌みのない見事な演技だった。
この役を「中村玉緒」を演ずるのである。
はっきりいってこれが一番のミスキャストだ。

この映画に限らず、中村玉緒がドラマでどんな役をやろうとも、バラエティー番組で見せるあの「アホな人」にしか私には見えないだ。(ただし、女優として輝いていた若いときは違う)
つまり、「おバカ」な印象が強すぎるのだ。よって彼女が映画、ドラマに出てくると、とたんに物語に信憑性がなくなる。
これは役者としては致命傷ではないのか。
これは浅田美代子も同じ。
女優のイメージがいかに大事かは、彼女らを見るとよくわかる。
特に「アホ」「バカ」のイメージが染みついていてはどうにもならないだろう。
別に2時間ドラマや昼ドラぐらいだったら構わない。しかしこれが「黒澤映画」のリメークとなると、どうにも許せないものがある。

うー最悪だ。
見る前から、予想のつく映画。
好きな映画が汚されるようで、どうにもやり切れませんな。

スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

«  | HOME |  »

カスタム検索




FC2ブログランキング


すみません…、只今コメ返しをしておりません。しかし、しっかりと読んでおります。こんなわがままなサイトですが、気が向いた方は、どうぞ書き込んでください。

FC2ブックマークに追加

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
物語を物語る
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月 --日 (--)
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
物語を物語る
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2007年11月 16日 (金)
  ├ カテゴリー
  |  └ 映画
  └ 「椿三十郎」 この再映画化どう考えてもよくなるはずがありません。
by AlphaWolfy

消えた二十二巻

Author:消えた二十二巻


全ての記事を表示する




このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。