スポンサーサイト

物語を物語る

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「おせち料理」をバカにした外国人社長。

物語を物語る

明けましておめでとうございます。

みなさん、おせち料理は食べましたか?

おせちを見ると思い出すことがあります。

10年以上前のこと。日本の流通業に外資系企業が進出するために、西友・西武グループと提携し、新会社を設立しましたことがありました。「ウエルセーブ」という企業名でした。私はかつてその企業に勤めていました。
本社は埼玉にあって、社長は外資側の欧州人だった。その外国人社長が日本に来て、日本の正月の習慣を知ろうと「おせち料理」を食べてみたそうです。そのときの様子が漏れ伝わってきました。その話を今でも覚えています。
そのとき、外国人社長は「日本人はニューイヤーでお菓子を食べるのか?」といったそうです。(もちろん英語で。)
確かに外国人にしてみれば、おせち料理は甘いものばかりで、外人にはお気に召さないものらしい。
そう言われてみると、
栗きんとんはマロングラッセ。
伊達巻きはスイスロールかブッシュ・ド・ノエル。
黒豆は一口チョコに見える。
そかも、このとき口にしたものが、みんな甘いものだったらしい。
しかも、これらがお重に入っていると、彩りからもお菓子の詰め合わせのように見えたという。
それに、甘いもの次に口に入れたのが、なんと酢ダコとかレンコンの酢の物。そこで、「おえっー」となったそうです。この外国人社長は、そこで怒って「こんなものを食う日本人は」といった感じでかなり日本を馬鹿にしたようだった、ということでした。
しかも日本人の賞味期限に対する厳しさに驚いて「日本人は生で魚を食べる国だから」と言ったという。
私はこの話を聞いて、可笑しくもあり、怒りもした。どこか日本人を侮蔑したような印象を受け、全くバカにした話だと思ったのです。

そんな人がトップの企業ですから、「日本人にモノを売る流通業」で業績が上がるはずもありません。
それから、しばらくすると、その外資は日本から完全撤退しました。(というわけで私も転職。)

外国からみれば、日本は金のありそうな「おいしい国」に見えるようです。しかし日本人の特性をあまり考えずに進出して、手痛いことになっている企業がかなり多いですね。カルフールやウォルマートなどがいい例でしょう。トイザラスは日本人に合うように方向転換をしたようですが。

そう思うと、日本に進出してくる流通業の外資系はほとんど成功していないのは、日本人の習慣や慣例を理解しょうとせずに、効率、利益ばかりを追求してばかりいるからではないでしょうか。

そんなことを、正月の今日「おせち」を食べながら思い出しました。
スポンサーサイト

Comment

[58]
あけましておめでとうございます。
おせち料理は健康や長寿などの意味があるのに、外人には理解できなかったのでしょう。
外資と言えば、私が気にしているのは日本マクドナルドが増収増益と言った記事を見た事です。
日本で母親が未就学の子供とマクドナルドで食事する光景を見ますが、あんなジャンクフードを小さい頃から食べさせるのは虐待だと思います。
知的な母親は小さな我が子にジャンクフードは食べさせないと思うのですが。
「スーパーサイズ ミー」と言う映画が全てを物語ってると思います。

[59] レニー様
レニー様、コメありがとうございます。
確かにそうですね。マックがあんな低価格路線で増収増益なのは、どこかおかしいですね。裏ネタの本などを読むと、ちょっと怖いものがあります。子供を引き寄せるためのおもちゃも、中国とかで安く作らせるためにかなりひどい労働を強いているという話も聞きました。

まあ、何はともあれ、
レニー様今年もよろしくお願いします。
[60] コメント
横からコメント失礼させていただきます。
確かに幼少の頃からファーストフード等を口にさせるのは反対です。
健康色を前面に打ち出すCMにもあきれかえります。
口にいれさせるのも当然ですが、簡単さを理由に子どもが
食生活の習慣の一部に染まってしまうことが恐ろしいのです。
[61]
shikihoジブリ風様コメありがとうございます。

なるほど、ファストフードの影響って結構関心が高いんですね。
また、コメよろししくお願いしたします。
[334] ウェルセーブ
古い記事と分かっていながらコメントいたします。実は私もそのウェルセーブの総務に派遣で行っていたものです。豪州人の社長のこと、思い出しました。噂によるとかなり人種差別の激しい人だったとも聞きました。なので、彼のおせちに対する反応は想像できます。かくいう私も日本人ですが、おせちが苦手な者です。
社長さんの「日本への愛」も少なかったし、数年で日本から撤退したのもある意味、仕方なかったですよね。。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

«  | HOME |  »

カスタム検索




FC2ブログランキング


すみません…、只今コメ返しをしておりません。しかし、しっかりと読んでおります。こんなわがままなサイトですが、気が向いた方は、どうぞ書き込んでください。

FC2ブックマークに追加

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
物語を物語る
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月 --日 (--)
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
物語を物語る
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2008年01月 01日 (火)
  ├ カテゴリー
  |  └ 流通業、商品
  └ 「おせち料理」をバカにした外国人社長。
by AlphaWolfy

消えた二十二巻

Author:消えた二十二巻


全ての記事を表示する




このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。