スポンサーサイト

物語を物語る

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「伝説の王者」死す。  ボビー・フィッシャー

物語を物語る

チェスの元世界王者 ボビー・フィッシャー死去。

アイルランドからの報道によると、17日、レイキャビックの病院で死去。64歳。死因は不明。  1943年、米シカゴ生まれ。72年に強豪のボリス・スパスキー氏(ソ連)を破り、米国人として初めて世界王者となり、「冷戦の勝者」として脚光を浴びた。92年、ユーゴスラビア(当時)で、再びスパスキー氏に勝利し、300万ドルを超える賞金を得たが、同国が国連の経済制裁下にあったため、米政府は制約違反でフィッシャー氏の逮捕状を請求。同氏は米国に戻らず複数の国を転々とした。日本政府は2004年、米国旅券失効を理由に入国した同氏を拘束。同氏は05年、市民権を得たアイスランドに出国した。
(読売新聞1月19日から)

将棋とチェスはよく「盤上の戦争」にたとえられる。敵の王を倒そうと、それぞれの陣営が秘術の限りを尽くして戦うゲームは、確かに、国際政治の本質をよく表している。  先週、アイスランドの病院、チェスの元世界王者ボビー・フィッシャーさんが64歳でひっそりと亡くなった。数々の伝説と奇行を残したこの天才は、国際政治に翻弄された一人である。ニューヨーク育ちのフィッシャーさんは、冷戦時代の1972年、ソ連人の世界王者を破って、一躍、米国のヒーローになった。長く表舞台から姿を消していたが、20年ぶりに対局に現れたとき、それが国連の制裁下であったユーゴスラビアで米国政府による棄権勧告を無視したものだったため、今度帰国すれば逮捕される身となった。以来世界を転々とした。  2004年に成田空港から出国するとき、旅券失効を理由に身柄拘束されたこともある。チェスの実力でも定評のある将棋の羽生善生二冠は、当時、小泉首相に放免を嘆願した。  チェスは、将棋と違って取った相手の駒は使わないため、双方とも駒がなくなっての引き分けが多いという。だが、フィッシャーさんは、あくまでも引き分けでがなく勝ちを目指す攻撃的な戦法で、ファンを魅了した。  この天才が将棋を指すところを見てみたかった気がする。
(1月21日、読売新聞 編集手帳より)

まさに数奇な人生ですね。チェスは良くは分りませんが、ボビー・フィッシャーの名は知っていた。生きながらにして伝説となった人物です。

そしてかつて見た映画「ボビーフィッシャーを探して」のことを思い出し、早速レンタルビデオ店に行って探してみた。
おーあった。DVDもありますが、字幕のみで日本語吹き替えはありませんでした。
5177NE5J22L__AA240_.jpg

allcinemaの解説より  http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=21652
「かつて全米にチェス・ブームを巻き起こし、その後忽然と姿を消した天才プレイヤー、ボビー・フィッシャー。そのフィッシャーの再来を思わせる天才少年ジョシュ・ウェイツキンの成長を、父フレッド・ウェイツキンが綴った同名ノンフィクションの映画化。いわば“現在進行形の伝説”とでも言った題材を、「レナードの朝」「シンドラーのリスト」の若き名脚本家S・ザイリアンが脚色、自らメガホンも取り監督デビューを飾った。格闘技を思わせるようなチェス・シーン自体の面白さもさる事ながら、天才少年と彼を取り巻く家族や恩師の葛藤も丹念に描かれ、小品ながら忘れ難い魅力を放っている。主人公ジョシュに扮したM・ポメランクの澄んだ瞳も印象的で、脇を固める演技陣も充実、光の柔らかさを見事に捉えた撮影も見事。(1993年、米国)
監督スティーブン・ザイリアン  出演マックス・ポメランク、ジョー・マンテーニャ、ジョーン・アレン。

最初見たときは、良いとも悪いともない印象の映画だったが、今回見直してみて、これはなかなかの秀作だと思った。
それは、自分が父親の視線で見ているからでしょう。最初見たときは、私に子供はいなかった、それが今みると、子供を見守る親の目線となっているのだ。チェスの映画としても、家族ドラマとしてもなかなか見応えがありました。劇中にはボビー・フィッシャーの実際の映像も入っていて、それだけでも十分見る価値があります。

劇中、いいセリフがあった。
「子供に教えたいことは山ほどあるのに……、結局、彼らは自分の力で戦う」
これはチェスの試合に向かう主人公の子供たちを見て、敵方のコーチが言った言葉。確かに、子供に限らず、戦うのはその本人たちなんですね。それは、試合に限らず、人生においてもそうなのかもしれない、ということを分らせてくれる言葉でした。
さてこの映画、いろんな人が出ています。どこかで見たような俳優たちがちらちらと出てます。ウイリアム・H・メイシー、ローラ・リニー、ダン・ヘダヤとか。他にローレンス・フィッシュバーンが凄く若い。「マトリックス」でブレイクする前で、結構いい役で出てます。それに、ベン・キングズレーも主人公のコーチ役で出ています。さすがオスカー俳優、出ているだけで画面が引き締まります。
さてこれだけ数奇でドラマテックな人生を歩んだボビー・フィッシャーですから、本人を基にした映画がそのうち出来るでしょう。
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

«  | HOME |  »

カスタム検索




FC2ブログランキング


すみません…、只今コメ返しをしておりません。しかし、しっかりと読んでおります。こんなわがままなサイトですが、気が向いた方は、どうぞ書き込んでください。

FC2ブックマークに追加

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
物語を物語る
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月 --日 (--)
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
物語を物語る
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2008年01月 21日 (月)
  ├ カテゴリー
  |  └ 映画
  └ 「伝説の王者」死す。  ボビー・フィッシャー
by AlphaWolfy

消えた二十二巻

Author:消えた二十二巻


全ての記事を表示する




このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。