スポンサーサイト

物語を物語る

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週刊「新説・戦乱の日本史」 第2号 中国大返し

物語を物語る

小学館の「戦乱の日本史」第2号・中国大返し・豊臣秀吉が発行された。
M03514459-01.jpg

新聞広告から、「海上輸送が驚異的な進軍を可能にした?「本能寺の変」を知った秀吉は、明智光秀討伐を即断する。そして備中高松(岡山県)から山崎(京都府)まで約180キロを実質5日間で駆け抜けた。この驚異的な速度の行軍を「中国大返し」と呼ぶ。この行動を可能にしたのか「海路」を利用したからという見方がある。本号では「海路」説を紹介し、信長から秀吉へ、大きく時代を動かした「中国大返し」の真相に迫る。」とある。

本能寺の変から天王山の戦いで秀吉が勝利するあたりまでを検証している。
新説と謳っているが、それほどの説は出ていない。宣伝で言っている「海路説」もそれほど出ていない。物資の輸送のために使われたという程度であり、しかも短距離でしかなかった。もっと大胆な説かと思ったが、期待外れだった。
ただ毛利攻めから京へ引き返すまでの地図が詳細に載っているので、これは分りやすい。現代と当時の地図を重ねているので、この地図を眺めているだけでも楽しい。

さて、日本史を全体から眺めると、西から攻めのぼるときに、大きな力が働くというのが私の持論です。必ず西から京へ攻め上がって行く方が勝つという法則です。
神代の時代、足利尊氏の九州からの逆襲、豊臣秀吉の大返し、薩摩・長州の討幕軍など、時代の変革が起こるに、何故かこの現象が起こる。
かつて秀吉の中国大返しと尊氏の湊川合戦へのルートが同じではないかと考え、地図を重ねたり、行軍の道筋を地図に書き込んだりしたこともありました。
と、ここでいつもの自説に持ち込みたいところですが、今日は時間がないので、やめておきます。
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

«  | HOME |  »

カスタム検索




FC2ブログランキング


すみません…、只今コメ返しをしておりません。しかし、しっかりと読んでおります。こんなわがままなサイトですが、気が向いた方は、どうぞ書き込んでください。

FC2ブックマークに追加

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
物語を物語る
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月 --日 (--)
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
物語を物語る
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2008年02月 08日 (金)
  ├ カテゴリー
  |  └ 週刊「歴史のミステリー」
  └ 週刊「新説・戦乱の日本史」 第2号 中国大返し
by AlphaWolfy

消えた二十二巻

Author:消えた二十二巻


全ての記事を表示する




このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。