スポンサーサイト

物語を物語る

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ひなまつり」と「金子みすゞ」と「アフガニスタンの女性たち」

物語を物語る

3月3日はひなまつり。
ひな壇飾りにひなあられ。
桜餅見て、思い出す、
金子みすずの最後の晩。

金子 みすゞは、大正時代末期から昭和時代初期にかけて活躍した童謡詩人。
『赤い鳥』、『金の船』、『童話』などの童話童謡雑誌が次々と創刊され、隆盛を極めていた大正時代末期。そのなかで彗星のごとく現れ、ひときわ光を放っていたのが童謡詩人・金子みすゞです。
 金子みすゞ(本名テル)は、明治36年大津郡仙崎村(現在の長門市仙崎)に生まれました。成績は優秀、おとなしく、読書が好きでだれにでも優しい人であったといいます。
 そんな彼女が童謡を書き始めたのは、20歳の頃からでした。4つの雑誌に投稿した作品が、そのすべてに掲載されるという鮮烈なデビューを飾ったみすゞは、『童話』の選者であった西條八十に「若き童謡詩人の中の巨星」と賞賛されるなど、めざましい活躍をみせていきました。
 ところが、その生涯は決して明るいものではありませんでした。23歳にみすヾは勧められるままに宮本啓喜と結婚し、やがて女児をもうけたものの、夫婦の仲や生活は荒んでいた。夫は家庭を顧みず、遊郭通いにあけくれ、彼女は夫の放蕩によってもたらされた病気(淋病)の苦しみと戦っていた。ついには、文学に理解のない夫から詩作を禁じられてしまい、投稿仲間との文通さえも禁じた。さらに病気、離婚と苦しみが続き、前夫から最愛の娘を奪われないために自死の道を選び、26歳という若さでこの世を去ってしまいます。
(金子みすゞ記念館http://www.city.nagato.yamaguchi.jp/misuzu/index.html から)

金子みすゞが自殺する夜が、余りにも切ない。
その夜、みすヾはいつもより時間をかけて、3歳の娘・ふさえを風呂に入れた。そして、ふさえの体を抱きかかえるようにして洗いながら、たくさんの童謡を歌った。「テルさんは今夜はずいぶんと気持がいいのね。あんなにたくさん歌っている」と、居間にいた母のミチは松蔵(父)に声をかけたという。

 そして、風呂から上がると、四人で桜餅を食べたという。
「今夜の月は、きれいだから、うれしいね」とみすヾは一度だけ口にした。
みすヾの最後の言葉は、娘の寝顔を見つめて言った、「可愛い顔をして寝とるね」だった。そのあと、みすゞは自室にこもり服毒自殺した。夫が子どもを引き取りに来る前日のことだった。
みすゞは、遺書を3通残す。
その中に別れた夫へ宛てた遺書があった。
「あなたがふうちゃんを連れて行きたければ、連れて行ってもいいでしょう。ただ、私はふうちゃんを心の豊かな子に育てたいのです。だから、母が私を育ててくれたように、ふうちゃんを母に育ててほしいのです。どうしてもというのなら、それはしかたないけれど、あなたがふうちゃんに与えられるのは、お金であって、心の糧ではありません。」

最後の一文が心に沁みます。
また、母に宛てられた遺書には「今夜の月のように私の心も静かです」と書き記し、薬を飲み、幼い子を残して死を選ぶことになった。夫から移された病気が悪化していたことも、一因になっていたことでしょう。

自分の命を掛けて守ろうとした娘が、その後どうなったのかが気になって、ネット検索してみた。

その中で2007年1月の記事にいいものがあった。
『NHKの『ラジオ深夜便』2月号が、「母、金子みすずを想う」という対談を載せている。金子みすずは3歳の一人娘を残して自殺した。その子は祖母に託すように遺言した。「(父は)あなたに与えられるのはお金だけで、心の糧は与えられません」と。祖母は「自殺した娘の子を育てるので」「いじけないように、のびのびと育ててくれた」と語っている。しかし、中学生のときに「遺書」を読んで、自分だけを残して死んだ母を許せないと思った、それが自分も子どもを持ち、孫を持つようになってから、「母は私の命を大事にしてくれたのだ」と思えるようになったと。』http://ameblo.jp/iwanabe/archive1-200701.html(岩辺対泰吏の午後の歩き方より)

こういうことになっていたので、安心した。この子が悲しい人生を進んだとしたら、みすゞのした行為は報われないことになる。娘さんは今もご健在のようであり、また、子、孫と続いていく様が、みすゞの血脈が受け継がれていく感じがして、とても救われたような気がする。

みすゞの詩の中に母子を詠んだものがある。

こころ

『おかあさまは
おとなで大きいけれど、
おかあさまの
おこころはちいさい。

だって、おかあさまはいいました、
ちいさいわたしでいっぱいだって。

わたしは子どもで
ちいさいけれど、
ちいさいわたしの
こころは大きい。

だって、大きいおかあさまで、
まだいっぱいにならないで、
いろんなことをおもうから。』


さて、追い詰められた金子みすゞには、「自殺」しか選ぶ道がなかったのか。
そういった批難もあるという。
ただ、私は「時代がそういう行為へ向かわせたのだ」と思う。
かつての日本では、男尊女卑が常識としてまかり通っていた時代である。親権は男親に優先されていて、みすゞの夫のように、「娘を渡さない」と言われれば、それに従うことしかできなかった。法的にも、世間的にも、それが常識だと認識されている時代だった。参政権が女性に与えられるのは第二次世界大戦後のことで、みすゞが生きた大正時代では、まだまだ女性の地位は極めて低かったのである。
そこで、みすゞが残した代表作に『私と小鳥と鈴と』が深い意味を持つ。

『私が両手をひろげても、
お空はちっとも飛べないが、
飛べる小鳥は私のように、
地面(じべた)は速くは走れない。

私がからだをゆすっても、
きれいな音は出ないけど、
あの鳴る鈴は私のように、
たくさんな唄は知らないよ。

鈴と、小鳥と、それから私、
みんなちがって、みんないい。』

みんなちがって、みんないい」という最後の一文が有名だが、こういった考え方など許されないかった時代だろう。
女は女らしくあることが求められ、夫婦となれば、妻は夫に隷属することが普通であった。他と違ったことをすれば奇異に見られた時代だ。夫に詩作を禁じられれば止めなければならないし、娘を渡さないと言われれば、それに従わなければならないのだ。
女性に「個性」はあまり必要とされなかった。
だからこそみすゞは、こういったことに疑問を感じ、その思いを詩に残したのではないだろうか。

さて、あるときテレビで、NHKのBS・世界のドキュメンタリー「アフガニスタン 忘れられた“女性たちとの約束」という番組を見た。(2月25日朝10時からの再放送)

その中で、妻が詩人で有名になったことを妬み、夫が妻を殺害した事件を紹介していた。この妻は20代だった。しかし夫は、一旦は逮捕されたものの、数ヶ月ほどで釈放されたという。釈放後は普通に生活し、インタビューにも答えていた。余り罪の意識はないようだった。この夫は、妻を殺す前に、詩を作ることを禁じ、手紙を書くことさえ許さなかったというのだ。まるで、金子みすゞの夫がしたような仕打ちだった。殺された妻の母親が、生前の写真を前にして泣きじゃくっていた。その姿が、アフガンの女性の悲しみを訴えているようだった。
アフガニスタンは、依然として男性の優位の社会で、女性の権利が低く、離婚する権利は夫の側にしかないという。
NHKホームページ番組内容の解説では、
「アフガニスタンでは、戦争で夫を失った女性の数は150~200万人に上るが、職もなく、住む場所もなく、タリバン時代の遺物である青いブルカに身を包み、物乞いをするほか生活の道はない。灯油をかぶり、女性が焼身自殺をはかった事件の件数は、この2年で倍増したという。
病院を訪ね、身の上話を聞くと、家庭内暴力や性的虐待、人身売買にも等しい強制結婚から逃れる唯一の道が、自殺しかないという現実を目の当たりにする。家族の許しがないと女性が病院にさえ行けないアフガンでは、30分に1人の女性が、出産時に命を落としている。……
(http://www.nhk.or.jp/wdoc/backnumber/detail/080218.html から)

アフガニスタンは決して遠い国の話ではない。現在でも起こっていることなのだ。
ここまで酷くはないが、日本でも、女性の地位が低かった時代はあって、それも遠い過去の話ではない。

ここで、みすゞの詩を一つ。

不思議

『私は不思議でたまらない、
黒い雲からふる雨が、
銀にひかつてゐることが。

私は不思議でたまらない、
青い桑の葉食べてゐる、
蠶が白くなることが。

私は不思議でたまらない、
たれもいぢらぬ夕顔が、
ひとりでぱらりと開くのが。

私は不思議でたまらない、
誰にきいても笑つてて、
あたりまへだ、といふことが。』

あたりまえだ」「常識だ」と人々が思っていることは、その時代や場所によって違う。
「女は男につき従うこと」ことが普通だという時代があった。みすゞはその時代に生きていた。感性の鋭い彼女には、世の中で「当たり前」だといわれることに対して、大いに疑問を感じていたのだろう。
「不思議」という詩には、そういった意味が込められているように思える。

もし、みすゞ本人が、現代に生まれ、客観的に自分を見たならば、「自由に詩作することができない時代に生まれた彼女」を生まれてくる時代を間違えた、と思うだろうか。
もしアフガンの女性が、違う場所に生まれ、客観的に自分を見つめたならば、「生きていくことさえ儘ならないところに生まれた彼女」を生まれてくる場所を間違えたと、思うだろうか。
だが残酷なことに、人は生まれて出る時代も場所も選べない。
まして、どんな運命があるのか「本人」に知ることはできない。
置かれている状況が「あたりまえ」だと思ってしまえば、それっきりで、そんなこと「不思議」にさえ思わないだろう。

生まれた場所や時代が違えば、自分だって、妻の才能に嫉妬して殺してしまう夫や、みすゞの夫のように酷い仕打ちをしても、余り罪を感じない人となってしまうのだろう。
人は生まれた時代や場所によって、人生を左右されることになるのか。それとも、そういった人生を歩む運命はすでに決まっていることなのか。

ただ、人はいまある現実でしか生きられない。

とすれば、この土地に、今の時代に生まれた娘は、幸せなのだろうか。
ひなまつりの今日、
娘と桜餅を食べながら、そんなことを考えた。
答えなど出るはずがないのに……。
ただ、桜餅は甘くて、塩漬けされた桜の葉が塩っぱいということだけは分かった。
金子みすゞが死を決意し、最後に食べたという桜餅。
それを考えると、「ひとの人生」を感じて少し複雑な味がした。
スポンサーサイト

Comment

[170] 読んでよかった。
実家にみすず全集を読んだ後です。2009.09.12
昔金子みすずのドラマを観ましたが
(松たか子主演)
本当の死の理由が知りたかった。。私も情熱やら疑問やら沢山持っている
昔の時代に生きた女性を尊敬するというか
強い興味があります。
最近では和泉式部とか
男子が憎いくらいです。。女が愛に(子供や仕事を含む)命を掛けられることを知らないから。
[238] 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[241]
女性の自立の歴史がそう遠くない時代にあっても困難なものであったことを改めて知らされた想いです。
それは私のいるお坊さんの世界に於いてもそうです。
時代と共に差別観と云うものが変化するものだとしても流された涙は取り返しのつかないものです。
歴史に学ぶ、人間の謙虚さを信じるしかありません。
合掌
[281] 星とたんぽぽ
はじめまして。
金子みすゞさんの詩にたくさんの感動を頂きました。
中でもとりわけ好きなのは「星とたんぽぽ」です。私は「般若心経物語」という本を書きました。その中で「星とたんぽぽ」、「大漁」を引用させていただいて紹介しています。
こちらに
http://wind.ap.teacup.com/applet/fractal/archive
少しその内容を紹介しています。みすゞさんの詩に感動した方にぜひ読んでほしいと思っています。宣伝になってしまいますけど、一度わたしのURLを訪問してみてください。何かを伝えることが出来ましたら嬉しいです。
[298] 最後
死を決める、無償の愛、それを喜びとする決断。
二十六歳の若さ、そうしたいと思っても、決断出来ない団塊人。
数年がたち、後数ヶ月と決めたはず。
残された家族を信じたい。
生暖かい光の玉が体を包む、我に返る。
[299]
はじめまして。
金子みすずさんの詩は子どもを出産してはじめてNHKの「日本語であそぼ」でしりました。
今回の地震の後のTVCMでも何回も流れていますね。
今まで気にもとめず聞き流していましたが、みすずさんの事をしりたくなり検索してみました。
私自身×1です。
離婚の時に最後まで決着がつかなかったのは親権問題でした。
今は元気にそばで大きくなり第1時反抗期でしょうか?「いやだいやだ!」の毎日です。
たまに、こちらが泣きたくなったり投げ出したくなることもあります。
でも、寝顔を見ているとかわいいです。
まだ余震が続き手ます。
みすずさんの生涯をしり…
この子を守れるのは私だけなんだなと改めて思いました。
時代も女性のあり方も違うけど同じ母親。
母親のあり方を改めて思い出せました。
[385]
上戸彩のドラマを見ました。
松たか子のドラマも昔見て、でも最後のほうしか覚えてなくて、今回しっかりと見れてとても見ごたえありました。
それでもっと知りたくて、こちらにお邪魔しました。

ふうちゃんがその後、きっと幸せに暮らせて育っていったようで、それを知れて安心しました。



コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

«  | HOME |  »

カスタム検索




FC2ブログランキング


すみません…、只今コメ返しをしておりません。しかし、しっかりと読んでおります。こんなわがままなサイトですが、気が向いた方は、どうぞ書き込んでください。

FC2ブックマークに追加

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
物語を物語る
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月 --日 (--)
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
物語を物語る
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2008年03月 03日 (月)
  ├ カテゴリー
  |  └ 日本文化
  └ 「ひなまつり」と「金子みすゞ」と「アフガニスタンの女性たち」
by AlphaWolfy

消えた二十二巻

Author:消えた二十二巻


全ての記事を表示する




このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。