スポンサーサイト

物語を物語る

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京極夏彦の「怪ラジヲ」が面白い。

物語を物語る

TBSラジオにて「怪ラジヲ」~妖怪の周辺~ が毎週土曜の21時~21時30分に放送されている。

パーソナリティは何と「京極夏彦」
kyougoku_natsuhiko.jpg
京極夏彦なので、自身の小説のように、「おどろおどろしい話」や「暗い話」ばかりかと思ったら、これが大間違い。
「菓子パン」とか「聞き間違い」とか「ウソ」とか、結構身近な話題で毎回盛り上がっています。
コーナーも「怪獣の声」とか「妖怪替え歌」(これが異常に凝っている)とか、これまた下らなくてとてもいいです。
また、ゲストも、電気グルーブのピーエル瀧(墓場鬼太郎の関連で)とか、平山夢明とか、通好み。

そして、宮部みゆきがゲストに来たときは、大いに盛り上がってました。
interview_31762691_1.jpg
中でも、宮部みゆきと京極夏彦の時代劇の話は面白かったです。「必殺仕事人シリーズ」の成り立ちが「市川崑の木枯らし紋次郎」の様式美に対抗したものだった、という話は「なるほど」と納得。(必殺シリーズに深作欣二がいて、市川崑の下には大林宣彦がいたということ)
そして、宮部みゆきが深作欣二監督に会ったときに、『「柳生一族の陰謀」みたいなのをまた撮ってくださいね』と言って深作監督を引かせた話が可笑しかった。(深作監督としては「仁義なき戦い」とか「蒲田行進曲」とかが代表作だから、これを言われて「むっ」とされた、という話だった。)
ほんと、宮部みゆきも京極夏彦も大作家なのに、肩ぐるしい話をしないところが実にいい。それに、ともに饒舌で、話上手で、(一般社会に全く役に立たない)知識満載の話の数々で、かなり楽しめます。(それに宮部みゆきの声はかわいらしいです)

公式ホームページ http://www.tbsradio.jp/kwai/ からポッドキャストで聴けます。

番組では「声に出して本を読むと理解できるといったことで、水木しげるの本も声に出して読もう」といった話から、「声に出して読む妖怪」っていうのを提唱してました。これ確かに面白そう。朗読CDとかで出るかな。

このラジオ番組、後年になって、とても価値が出るかしれない。何たって京極夏彦がしゃべり倒して、ゲストに宮部みゆきが来たりするんですよ。後になってそんなラジオがあったのかって「伝説化」するかもしれませんね。


でも、プロ野球が始まったら、あっさり終わるなんてことないですよね。そしたら、かなりもったいないです。




スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

木枯らし紋次郎 に関連するブログ記事の検索結果から最新の口コミ情報、オススメ商品を紹介…

«  | HOME |  »

カスタム検索




FC2ブログランキング


すみません…、只今コメ返しをしておりません。しかし、しっかりと読んでおります。こんなわがままなサイトですが、気が向いた方は、どうぞ書き込んでください。

FC2ブックマークに追加

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
物語を物語る
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月 --日 (--)
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
物語を物語る
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2008年03月 10日 (月)
  ├ カテゴリー
  |  └ 本・作家
  └ 京極夏彦の「怪ラジヲ」が面白い。
by AlphaWolfy

消えた二十二巻

Author:消えた二十二巻


全ての記事を表示する




このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。