スポンサーサイト

物語を物語る

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どうでもいい話、その② 、③  ネイルアートは纏足?、昼メロドラマと葉山レイコ

物語を物語る

 どうでもいい話、その②   「ネイルアート」は「纏足」だといったら呆れられた! 

先日、会社帰りにコンビニに立ち寄ったときのこと。
そのとき、レジの店員の手を見て驚いた。
爪先にネイルアートをしていたのだ。
大学生くらいの女の子だから、バイトだったのかな。
コンビニの店員がネイルアートなんぞをしていては、まったく仕事にならないだろうに……。
ネイルアートがしたいのなら、コンビニのバイトではなく、他のバイトでも行けばいいのに、とも思った。
その爪を見たら、店長あたりから「ダメだよ」と怒られるだろうな、と余計な心配までしてしまった。

考えてみると、私の周りにネイルアートをした人はいない。だから見かける機会もない。
周りを見渡してもネイルアートをするような年代の人はいない。(マニキュアくらいならするだろうけど)
それに仕事でネイルアートをしている人なんてまずない。バイトの子とか、年頃の人はいるにはいるけど、実際にしているのを見たことがない。(休みの日や夜はするかもしれないけど、残念ながら見る機会がない)
だから、勝手な思い込みで「ネイルアート」をしている人は
セレブのような人や夜のお勤めをしている人だと思っていた。
仕事や家事までも放棄することになるから、そんな心配をしなくて済む人がするものだと思っていた。(勝手な思い込みです)

それに長く伸ばした爪に派手な装飾を施したものを、指先に書いていたら、仕事にもならなきゃ、日常生活にも支障がでるだろう。
美しくなるためには、体に無理をしてまでするというのなら、
それこそ、

中国の「纏足」だ!(子どものころから無理に小さい靴を履いて足を小さくする風習。足が小さいことが美しいと云われるが、実際には歩行困難になる)
アフリカの首長族だ!(首にリングをして無理に首を長くする女性たち)
とそんなことをぶつぶつ言っていたら、

まったく、おんな心が分からない人ね」とかみさんに呆れられた。
まあ、うちのかみさんの手は、水仕事で手が荒れている。
あかぎれが酷くって、ハンドクリームなんかじゃ効かないので、「サカムケア」なるものを塗っている。
「ネイルアート」なんてものに程遠い世界にいるけど、
「爪をきれいに絵を書く」人の気持ちは分かるようだ。
そうか、実際にはしなくても、心になかには、そんな願望があったのか。

そう思ってかみさんの指先を見る。

……。

なるほど「おんな心」は難しいということか。



追記 以下はまとまっていないが、記しておく。

 「今日はネイルを塗りました」「ネイルアートしてみました」という写真付きのブログ記事をよく見かける。これが結構多い。
やはりネイルを塗るという行為の中に、「特別なもの」「特別なこと」が含まれていて、「ケ(日常)」に対する「ハレ」ということになるのだろうか。
日常的なことができない、(指先が使えないということは)、つまり非日常である、という意味なのだろうか。
という展開で、「化粧」をすることによる非日常を書こうとしたが、まとまりそうになかったのでやめました。


どうでもいい話その③ お昼休憩の「昼メロ」拷問。  

会社での私の昼休みは、午後の1時から。
食堂兼休憩室で、昼食をとることになる。正社員やパート・アルバイトはそこで休憩するのだが、そこには古ぼけたブラウン管のテレビが据え付けられていて、食事を取りながらみんなでテレビを見るわけだ。
ただチャンネル権は、我々社員にはない。
リモコンは、パートのおばさん達が握って放さない。
どんなに、大事件が起ころうとニュースを見るわけでもなく、大雨で天候が悪くても天気予報にチャンネルを回すことはない。
その理由は、
昼メロドラマ「スィート10 ~最後の恋人」を見るためだ。

(詳しい説明は番組ホームページでhttp://www.tbs.co.jp/ainogekijyo/sweet10/ )
しかし何が悲しくって、おばさん達と「不倫だの、セックスだの」の会話が出てくるドラマを、貴重な休憩時間にみんなで見なくちゃならないんだ。
しかも、別に見たくなくても、自然とストーリーは耳に入ってくるのだ。(音量ボリュームは異様に大きくなっている)

これがなかなかの拷問なのだ。
物語は主役・三浦理恵子の視点で進み、私は男の目線で見てしまうので、これが中々ムカムカする。
しかも、夫(葛山信吾)が浮気されてて、それに気付かない(または薄々気付いていても、それを切り出せない)姿がイライラする。
また、設定が30代の主婦で娘が一人という設定も、私と同じような環境なので余計に苛立ちを覚えるのかもしれない。

ということで、家に帰ってから、「スィート10」のことをブーブーと文句を言っていたら、
かみさんに「私も見てるけど……、」と言われた。
そして「相変わらず、おんな心の分からない人ね」と一言付け加えた。

えっ、かみさんの心になかにも、そんな願望があったのか。

そう思ってかみさんの顔を見る。

……。

やはり「おんな心」は難しいということか。

(オチは前の記事と同じ)


追記   そして、1時半からは「みこん六姉妹2」が始まる。これも付き合いで見ることになる。
う~わ~勘弁してくれ、って思っていたら、

なんと「葉山レイコ」が出てる。
しかも看護師姿。
hayamareiko.jpg
きゃ~、こんなところで見かけるとは!
相変わらず、美しいですね。

そして、「葉山レイコ」は「山本モナ」に似ていると気が付いた。



スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

«  | HOME |  »

カスタム検索




FC2ブログランキング


すみません…、只今コメ返しをしておりません。しかし、しっかりと読んでおります。こんなわがままなサイトですが、気が向いた方は、どうぞ書き込んでください。

FC2ブックマークに追加

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
物語を物語る
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月 --日 (--)
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
物語を物語る
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2008年04月 18日 (金)
  ├ カテゴリー
  |  └ テレビ・芸能ネタ
  └ どうでもいい話、その② 、③  ネイルアートは纏足?、昼メロドラマと葉山レイコ
by AlphaWolfy

消えた二十二巻

Author:消えた二十二巻


全ての記事を表示する




このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。