スポンサーサイト

物語を物語る

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「歴史のミステリー」第13号

物語を物語る

「歴史のミステリー」第13号
rms013.jpg


歴史検証ファイル   西郷隆盛はなぜ自刃に追い込まれたのか?
              幻の中国王朝「夏」は存在したのか?
遺跡に眠る謎     ギザの大ピラミッド
疑惑の真相      モーツアルトは暗殺された!?
芸術の裏側      国宝「稲葉天目」
語り継がれる伝説  仮面の男
人物再発見      宮本武蔵


「西郷隆盛はなぜ自刃に追い込まれたのか?」

「明治維新の最大の功労者といわれる西郷隆盛は、新政府樹立後、岩倉具視、大久保利通、木戸孝允らと対立。西南戦争を起こした反逆者として、鹿児島で自刃した。いったいなぜ、英雄西郷は逆賊とされ、非業の死を遂げたのだろうか」(本文より)
ということで、西郷隆盛が西南戦争に追い込まれた原因を解説している。


「幻の中国王朝「夏」は存在したのか?」
「これまで、中国最古の王朝は「殷」とされてきた。ところが近年、黄河流域から古代の遺構が続々と見つかり、伝説上の王朝「夏」が存在した可能性が高まりつつある。幻の王朝・夏は実在したのか。最新の発掘調査をもとに実像に迫る。」(本文より)

ギザの大ピラミッド
ファラオが築いた古代文明最高峰の建造物。ということでピラミッドの解説。
面白いエピソードは、ナポレオンがピラミッドで過ごした一夜の話。もっと詳しく知りたい。

モーツアルトは暗殺された
1791年12月5日、音楽家のヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトは35歳で死んだ。その死因は今もって特定されていない。
モーツァルトは、死の床に臥す前に、体調不良を訴えていて、毒を盛られたのではないか、と妻のコンシタンツェに自ら語っていることや、毒殺の際にみられる症状を示していたことなどもあって、毒殺説が今も囁かれている。
本文では、疑われた人物として、①アントニオ・サリエリ ウィーンの宮廷楽長。これは、ロシアの作家プーシキンの書いた戯曲があって、これをもとにした映画「アマデウス」が有名。
D112411046.jpg
②秘密結社フリーメイソン説。モーツァルトがフリーメイソンに加入していて、この秘儀をオペラ「魔笛」で暴露したために暗殺されたという説。首謀者は葬儀を取り仕切ったヴァン・スヴァーテン男爵。
③マグダーレナの夫・ホーフデーメル説。マグダーレナは、モーツアルトのピアノの生徒であり、愛人だった。嫉妬心からだという。ホーフデーメルは、モーツアルトの死の翌日に妻を殺し、自殺した。
④妻のコンスタンツェ説。莫大な借金を抱えていたためとか、姉とモーツアルトの関係を疑っていたとかがいわれる。
⑤妻と内弟子のジュスマイヤーとの共謀説。妻と弟子が不倫関係にあったから。この弟子はモーツァルトの葬儀直後に行方知れずとなる。

また2001年、アメリカのジャン・ハーシュマン博士は「モーツァルトは生焼けの豚肉を食べたことで寄生虫症・旋毛虫症に罹患し死亡した」という説を発表した。本文では「楽聖はドンカツを食べて死んだ!?」と書いてあるけど、これが事実だとしたら、ちょっとイメージダウンとなるかな。

国宝「稲葉天目」

「稲葉天目の通称で知られ、曜変天目茶碗の中でも最高の物とされる。元は徳川将軍家の所蔵で、徳川家光が春日局に下賜したことから、その子孫である淀藩主稲葉家に伝わった。そのため、「稲葉天目」と呼ばれるようになった。その後、三菱財閥総帥の岩崎小弥太が入手したが、岩崎は「天下の名器を私如きが使うべきでない」として、生涯使うことはなかったという。現在は静嘉堂文庫所蔵。国宝。」ウィキペディアから
ほか3点の国宝・天目茶碗の解説。

仮面の男・バスティーユに幽閉された「高貴な囚人」
『フランスでは「太陽王」と称されたルイ14世の時代34年間にわたって監獄に収監されていた仮面で顔を覆った囚人がいた』
ということで「鉄仮面」伝説を解説している。
ルイ14世双子説、異母兄弟説などを紹介。
映画はレオナルド・ディカプリオ主演の「仮面の男」
D112338961.jpg


なおこの件に関しての詳しいサイトは「超本格歴史ミステリー~鉄仮面の男http://www.nazoo.org/misteries/ironmask1.htm です。かなり詳細に書かれてます。

今回は、軽く紹介したのみでした。
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

«  | HOME |  »

カスタム検索




FC2ブログランキング


すみません…、只今コメ返しをしておりません。しかし、しっかりと読んでおります。こんなわがままなサイトですが、気が向いた方は、どうぞ書き込んでください。

FC2ブックマークに追加

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
物語を物語る
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月 --日 (--)
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
物語を物語る
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2008年04月 19日 (土)
  ├ カテゴリー
  |  └ 週刊「歴史のミステリー」
  └ 「歴史のミステリー」第13号
by AlphaWolfy

消えた二十二巻

Author:消えた二十二巻


全ての記事を表示する




このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。