スポンサーサイト

物語を物語る

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界遺産に落書き!

物語を物語る

気になったニュース

岐阜市立女子短大生6人、フィレンツェの大聖堂壁に落書き
6月24日20時37分配信 読売新聞

『岐阜市の市立女子短大(松田之利学長)は24日、学生6人が今年2月に海外研修旅行でイタリア・フィレンツェ市を訪れた際、13世紀から15世紀にかけて建設された「サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂」の壁に落書きしたと発表した。

 同短大はイタリア大使館と大聖堂に謝罪し、学生6人と引率教員2人を学長厳重注意処分にした。

 発表によると、6人はいずれも現在2年生。大聖堂の大理石の壁に縦約30センチ、横約20センチにわたって、日付や自分の名前、短大名などを油性マジックで落書きした。 同3月、日本人旅行者が発見、同短大に連絡して発覚した。6人は「気分が高揚して書いてしまった」などと話しているという。

 同短大は修復費用の負担を申し出たが、大聖堂側から「謝罪してもらえば責任は問わない。費用負担は不要」と連絡があったという。

 大聖堂のあるフィレンツェ市中心部は世界遺産(文化遺産)に登録され、景観や環境の保全が義務付けられている。』


恥ずかしい。こういう不届き者がいると、日本人全体がアホに見られるぞ。

ということで岐阜県市立女子短大のホームページの「大学概要 教育目的」を載せておきます。

「本学は、教育基本法及び学校教育法に基づき、女子に対して幅広く深い教養及び総合的な判断力を養成し、豊かな人間性を涵養するとともに、専門の学術技芸を授け、有為な社会生活を営むために必要な能力を育成し、併せて地域社会の発展に寄与することを目的とする。」

この教育目的からいえば、この騒動を起こした女子学生は卒業するに値しないでしょうね。

ついでに「岐阜市立女子短大大学研究行動規範」というのも載せておく。(彼女らは研修という名目で行っている)
「岐阜市立女子短大大学(以下「本学」という。)では、本学の基本理念と教育研究における基本方針に則り、教員は教育者としての倫理を常に自覚し、行動してきた。学術研究にあたっては、研究者は、自らが生み出す専門知識や技術の質を担保する責任を有し、さらに自らの専門知識、技術、経験を活かして、人類の健康と福祉、社会の安全と安寧、そして地球環境の持続性に貢献するという責任を有する。本学が築き、引き継がれてきた信頼を守り、未来を伝承するために、本学構成員は、以下の行動規範を順守し、公正な研究の遂行に努めなければならない。」とある。

地球環境考える前に、世界遺産に落書きをしてはいけない、ということから教えて上げて下さい。

青山学院大学のときもそうだけど、事件・騒動が起こったあとで、「学校の理念」とかを読むと逆説的アイロニー(または、パラドックス的皮肉。造語です。)を堪能できて、下手なユーモア小説よりもかなり笑えます。

スポンサーサイト

Comment

[86] 遺憾てこういう時使うのか
ホントに恥ずかしいですね。
ニュースを見た時、呆れて腹がたちました。学校からどうとかより本人達がちゃんと謝罪なり修繕費なり気持ちをしめすべきだと思います。

当該施設の方は何て心が広いんだろう…。
[87] アホゥだ
よりにもよって世界遺産の大聖堂に落書きとは‥やってくれたね~
これでまた日本人の印象が悪くなるよ。
短大まで行ってるくせにマナーすら守れないなんて(--;)幼稚園児以下だよ。まったく
同じ学校の人は大変だね。おバカさんのお陰で有名人になってさ。いい迷惑だろうね

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

«  | HOME |  »

カスタム検索




FC2ブログランキング


すみません…、只今コメ返しをしておりません。しかし、しっかりと読んでおります。こんなわがままなサイトですが、気が向いた方は、どうぞ書き込んでください。

FC2ブックマークに追加

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
物語を物語る
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月 --日 (--)
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
物語を物語る
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2008年06月 24日 (火)
  ├ カテゴリー
  |  └ 時事ネタ
  └ 世界遺産に落書き!
by AlphaWolfy

消えた二十二巻

Author:消えた二十二巻


全ての記事を表示する




このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。