スポンサーサイト

物語を物語る

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新聞記者は「まど みちお」が好き。

物語を物語る

今年、小学校に上がった娘が、自宅で国語の本の「音読」を毎日する。これが宿題となっているようだ。
教科書の最初に載っていたのが「あいうえおの うた」で、次が「がぎぐげご のうた」。
春先、しばらくこの文を娘が大声で読んでいた。何気なく聞いていたのだが、言葉のリズムがよくて私も覚えてしまった。
作者は「まど みちお」という。

あいうえおの うた
あかいえ あおいえ あいうえお  かきのき かくから かきくけこ
ささのは ささやく  さしすせそ  たたみを たたいて たちつてと
ないもの なになの なにぬねの  はるのひ はなふる はひふへほ
まめのみ まめのめ まみむめも  やみよの やまゆり やいゆえよ
らんらん らくちん  らりるれろ   らんらん らくちん らりるれろ
わいわい わまわし わいうえお

がぎぐげごの うた
がぎぐげ ごぎぐげ がまがえる  がごがご げごげご がぎぐげご
ざじずぜ ぞろぞろ ざりがにが   ざりざり  ずりずり  ざじずぜぞ 
だぢづで どどんこ おおだいこ   だんどこ  でんどこ だぢづでど
ばびぶべ ぼうぼう のびたかみ  ばさばさ  ぼさぼさ ばびぶべぼ
ぱぴぷぺ ぽっぽう はとぽっぽ  ぱっぽろ  ぺっぽろ ぱぴぷぺぽ

これ早口言葉みたいでなかなか面白い。
この「まど みちお」さんは有名な詩人で、「ぞうさん」とか「やぎさんゆうびん」など多くある。詳しくはWikipedia

さて、「まどみちお」の詩を、ここ3か月の間に、3回も新聞のコラムで見た。
①8月 1日  読売新聞 編集手帳 詩は「目玉焼き」で、卵の値上げにからめて。
②9月20日  読売新聞 編集手帳 詩は「けしゴム」で、太田誠一農相の汚染米の失言にからめて。
③11月15日 朝日新聞 天声人語 詩は「虹」で、地球環境にからめて。

いわゆる本題に入る前の「まくら」に使われるといった感じだが、それでも次々と大新聞のコラムに同じ人の詩が引用されるのってかなり珍しいことではないのか。
それとも新聞のコラムを書く方は、よほど「まど みちお」好き、ということなのか。

スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

«  | HOME |  »

カスタム検索




FC2ブログランキング


すみません…、只今コメ返しをしておりません。しかし、しっかりと読んでおります。こんなわがままなサイトですが、気が向いた方は、どうぞ書き込んでください。

FC2ブックマークに追加

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
物語を物語る
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月 --日 (--)
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
物語を物語る
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2008年11月 15日 (土)
  ├ カテゴリー
  |  └ 時事ネタ
  └ 新聞記者は「まど みちお」が好き。
by AlphaWolfy

消えた二十二巻

Author:消えた二十二巻


全ての記事を表示する




このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。