スポンサーサイト

物語を物語る

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「新田幕府」の可能性はあったのか?

物語を物語る

井沢元彦著「歴史if物語」(廣済堂出版)の中から一節。
もし足利尊氏が後醍醐天皇に敗れていたら、朝廷軍だった「新田幕府」の可能性」というのがあった。面白かったので引用してみる。
「では、もしこの時、朝廷軍がうまく立ち回り、尊氏を敗走させるだけでなく、その首をあげていたとしたら、その後の歴史的展開はどのようになったのだろうか。
当然、室町幕府はない。
さまざまな不満を持つ武士たちを一つにまとめあげることができるのは、尊氏だけで、これは直義でも無理だ。朝廷軍が勝つということは、正成か義貞、あるいは北畠顕家が勝つ、ということだが、この中で尊氏の首を取る可能性が高いのは、朝廷軍の中で最大の勢力である義貞だ。
しかし、誰が勝とうと、どんな手柄をたてようと、後醍醐天皇は武士階級の者を征夷大将軍にするつもりはない。現に、尊氏も将軍職を望んだが、後醍醐天皇が頑として許さなかったので、ついに反旗を翻したのだ。
後醍醐天皇からみれば、武士の代表者を征夷大将軍に任ずれば、その者は必ず幕府を開こうとするだろう。そうなってはせっかく建武の新政を始めた意味がない、と思っていたのである。
そこで、いかに義貞が大成功をあげても、将軍にはなれない。なるとしたら、公家出身の北畠顕家しかいない。
だが、そもそも後醍醐天皇は、武士階級がどういう不平不満を抱いているのか、決して理解しょうとしてないし、周辺の公家も同じだ。
尊氏が死んでも、あちこちで反朝廷の乱が起こるのだろう。政権は決して安定しない。するはずもない。そもそも武士を無視した政権など成り立つはずがないのだ。
おそらく義貞は、そのうちに尊氏と同じように「反乱」を決意するはずである。
彼は、源氏の一族であり、将軍になる資格は十分にある。
また彼が在地地主である武士階級の権益を保護することを「公約」としてかかげれば、大半の武士は義貞に味方するはずだ。
もっとも楠木正成は、朱子学というイデオロギーの信奉者だから、最後まで天皇に味方するだろう。しかしこういう武士はごくごく少数である。
順当にいけば、必ず武士階級の代表者、つまり義貞は勝つのである。
義貞は尊氏のように甘い男ではないから、後醍醐天皇があくまで逆らえば、鎌倉幕府の故事にならって、後醍醐天皇を佐渡あたりへ島流しにするだろう。正成、顕家はそれまでに当然、強大な義貞軍と戦って死んでいただろう。
かくて新田幕府ができることになる。
幕府の拠点は、義貞の性格からみて京都ではなく鎌倉に置かれることになる。
後醍醐天皇を島流しにしたため、政権は安定し、天皇家は通常の歴史より一足先に、権威のみを象徴する存在になる。
通常の歴史における「戦国時代」は、足利幕府の統制力が弱く、大名が勝手に動き始めたために起こった。新田幕府は足利幕府よりは統制力が強いものとなる。それゆえ、戦国時代の到来は少し遅くなる。遅くなるということは、結局、旧勢力大名が、力を終わりの方まで維持するということになるから、ひょっとすると織田信長や豊臣秀吉、徳川家康の出番はなかったかもしれない。」とあった。

お~面白い。短い文章だけど、結構核心を衝いていると思います。もちろん異論もあるでしょうが……。
このサイトでも引用した高柳光寿氏の記述にも「もしも義貞が尊氏に勝ったとしたら、彼もまた尊氏のように幕府を開くことになったであろう」というのがあった。
戦前には天皇に忠誠を尽くす「忠臣の鑑」と見られていた新田義貞だが、戦後はその皇国史観から解放された。足利尊氏さえいなければ、義貞が幕府を開いていた、といった見方が増え、そのようなことを書いている人を結構見かける。義貞には、その資格も十分にあったし、野望も持っていたはず。
 この時代、武士たちは北条政権に代わる存在を求めていた。そこが南北朝時代の流れを理解する一つのポイントなのだが、「尊氏に人徳があったから、武家がついていった」とか「義貞に徳がないから武将がつかなかった」とかいったレベルにまで下げて、そんな類の話を平気で書いている作家や歴史家が沢山いる。(「歴史読本」「旅と歴史」などといった歴史雑誌に多い) このあたりの作家さんたちは、作り上げられてた「義貞愚将論」という固定観念を受け売りで書いているので、深く考察した跡も見られない。よってその手の記事は信用しなくてもいい。
だが、井沢元彦氏のこの記事はしっかりとポイントを押さえているということです。

さらに、この記事で興味を引くのは、「新田幕府は足利幕府よりは統制力が強いものとなる」といった後半の部分。これも、考えさせられる。源氏の嫡流として担がれたとき「新田幕府」がどのように成立していくのか、想像するだけでも楽しい。
ただ、義貞や新田一族の人物の中に、幕府を成立・運営させるだけの政治的な能力があったかどうかが問題だし、また尊氏や直義のように、時には非情な手段を下せる「決断力」があったかどうかも甚だ疑問だろう。しかしそんな難点がいろいろと浮かび上がってくるところも「歴史のif」を想像する愉しみなんですよね。
そう考えると南北朝時代の歴史シュミレーション小説ってないですね。手つかずの新しい領域なのでチャンスだとは思うんですけど、挑戦する作家さんっていないですよね?
まあ最大の問題は「書いても売れない」という点ですけど……。
誰か書いてくれないかな。
「新田幕府誕生」で…。
スポンサーサイト

Comment

[152] ありがとうございました!!
いや~。
面白かったです。
ありがとうございました!!
[153] 新田市賛成です!!
ところで、新田の諸説の中で、義貞公が能登町まで逃げ延びた説、もしくはその一族の一部が能登町まで逃げた節はありませんか?

能登のお寺の住職さんからは新田がその地まで逃げ延びたのだという旨の説明を受けました。実際に、新田のお墓が沢山あります。

僕も新田なのですが、僕の流れは、その能登からの流れで、能登から北海道に移住したそうなのです。

僕自身興味はあってもあまり詳しくないので、見当違いな質問のようでしたらすみません。




[326] 第2次鎌倉幕府(新田幕府)開府
某は新田幕府の開府を望みます。新田氏こそ真の源氏の嫡流である!井沢元彦氏のifを支持します。そして、新田義貞による第2次鎌倉幕府開府を歴史に刻み込みます!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

«  | HOME |  »

カスタム検索




FC2ブログランキング


すみません…、只今コメ返しをしておりません。しかし、しっかりと読んでおります。こんなわがままなサイトですが、気が向いた方は、どうぞ書き込んでください。

FC2ブックマークに追加

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
物語を物語る
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月 --日 (--)
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
物語を物語る
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2009年01月 12日 (月)
  ├ カテゴリー
  |  └ 新田義貞、新田一族の話
  └ 「新田幕府」の可能性はあったのか?
by AlphaWolfy

消えた二十二巻

Author:消えた二十二巻


全ての記事を表示する




このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。