スポンサーサイト

物語を物語る

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第5章 仮名手本忠臣蔵のこと に入る前の前置き。

物語を物語る

歴史ミステリー小説「東毛奇談」も第4章 本能寺の変のことの掲載が終わりました。明日からの第5章仮名手本忠臣蔵のことに入る前に、前置きを少々します。

実はこの章は、もっとも調査、執筆に時間がかかり、心血を注いだ章です。

それ故に、自分でもこの章はとても気に入っています。
ただ読まれた方は、これは奇説だ、妙説だといわれるかもしれません。しかし、私は仮名手本忠臣蔵が新田一族の鎮魂劇となっていることは、間違いないと思っています。
これを読まれて、それはナイだろうと反論されても構いません。ちょっと飛躍し過ぎだと、突っ込みを入れても構いません。あるいは間違い、筆者の思い過ごしだと批判されても構わない。(いつでもコメント入れて下さい)

ただ、あなたの時間を少し頂きたい

そして、私の考えに反対するか、賛同するか賛否して頂ければ、幸いです。

画像もなく、小さな文字が並んでいるだけのこのブログ、クソ長くって、こまぎれ状態の小説を読んでいる人は、そう何人もいないでしょう。(それはアクセス数をみれば分かります)
しかし今はそんなことは問題でありません。私は、この小説は発表することにこそ意義あると思い至ったのです。
ひとりよがりの使命感、奇妙奇天烈な責任感はどこからきているのか、私自身も分かりません。いや、これは私ひとりの戦いなのかもしれませんが……。
ただ言えるのは、私はこれを書くために、生まれてきたと感じ始めていることです。(ここが突っ込みどころですよ)

とまあ、この辺で、独善的な主張はやめて、前置きに戻ります。


予定としては、1週間ほどかけて少しずつ掲載していきます。

ただ、予備知識が必要となります。まず、仮名手本忠臣蔵の解説を読んでもらうことと、大序の部分(仮名手本忠臣蔵の冒頭第1章)だけは読んで下ださい。そうしていただければ、より深く理解できると思います。(ウィキペディアでもいいです)
そして、重大なことですが、ワードで作った、表がブログに載せられません。この表がないと、説明ができないのですが、今のところ何の方策もありません。その点はご容赦を。とりあえず載せていきます。

とにかく、かなり熱いです。燃えてます。そして驚愕の新説が次々と提示される。(2時間ドラマのキャッチコピーみたいにしてみました)

では、明日の9時ごろから載せていきます。




スポンサーサイト

Comment

[9]
こんばんは。
コメントのお返事です。
まず『それいけミラーマン』の芸能界に関する内容は、一部事実に近いこともあります。私がたまたまその世界に居たこともあり、いろいろと見知っている人にはあまり言えないこともあり、小出しに書いています。
居合と官能ギャグ小説は、なんの関わりもありません。
自分の内部を深くつきつめていけば、何か接点はあると思いますが、考えていません。
戊辰戦争での会津に関しては、ある事に感心をもち、二年前から地元出版社から資料を集め、また語り部、資料館の人などに協力していただく体制を整えつつあります。
そして、小説関係の先輩に小説の構想を話し、ぜひ書くように励まされて、その気になっているところです。
プロットができたら、編集者に見せようと思っています。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

«  | HOME |  »

カスタム検索




FC2ブログランキング


すみません…、只今コメ返しをしておりません。しかし、しっかりと読んでおります。こんなわがままなサイトですが、気が向いた方は、どうぞ書き込んでください。

FC2ブックマークに追加

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
物語を物語る
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月 --日 (--)
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
物語を物語る
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2007年07月 03日 (火)
  ├ カテゴリー
  |  └ 歴史ネタ
  └ 第5章 仮名手本忠臣蔵のこと に入る前の前置き。
by AlphaWolfy

消えた二十二巻

Author:消えた二十二巻


全ての記事を表示する




このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。