スポンサーサイト

物語を物語る

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「お前は、細木数子か、安国寺恵瓊か」東国原知事批判のときの会話。

物語を物語る

何気なく書いた東国原知事への批判が、小さな反響を呼んで、ほかにブログには知事擁護のコメントが結構来ました。また知事のことを書くとアクセス数が伸びるということもあって、(斎藤佑樹くんの記事よりも反響は大きい) 別ブログに書いたものをまた載せておきます。それにしても知事人気はすごいですね。でも、支持率が9割以上っていうのもどうかと思いますけど。

では、本題へ。タイトルの「お前は 細木数子か、安国寺恵瓊か」というのは、このブログで書いた一連の「東国原知事を批判した記事」に関する話題で、盛り上がったときに、ある友人に言われた言葉であります。
どうゆうことかという前に、まずこの2人の解説から。
細木数子は、まあ知っての通り、占いの大先生。テレビに出まくり、適当なことを言って、地獄に落ちるぞといっては、タレントの改名を迫る演芸評論家。いや、違った150歳まで生きるぞといっている占い師。

もうひとりの安国寺恵瓊というのは、
安土桃山時代の僧。だが、僧というより、武将といった感じで、毛利輝元に信任され、外交官のような働きをした。豊臣秀吉に仕え伊予の国6万石を受け、関ヶ原の戦いでは西軍方について、徳川方によって斬首させられた。
で、何が。といった感じだが、恵瓊は有名な予言をしている。それが「信長之代、五年、三年は持たるべく候。明年辺は公家などに成さるべく候かと見及び申し候。左候て後、高ころびに、あおむけに転ばれ候ずると見え申候。藤吉郎さりとてはの者にて候」つまり信長は3~5年の間に没落するだろう。次に出てくるのは秀吉だろうと予想したのである。これは本能寺の変の9年前で、そのときは秀吉が台頭してくるとは誰にも予想がつかなかったときの手紙である。
と前おきが長くなった。つまりお前(筆者のこと)は予言者か、と言いたかったらしい。
でも、よく考えるとこの意見が一番当たっているかも。
そして友人は付け加えた。「お前は運命論者だから、そうことが起こったらと面白がっているだけだろう」と。
確かに、他人が褒められているとケナしたくなり、人がこき下ろされると、褒めちぎる。人の人生を物語風にして、塞翁が馬のごとく、こうなったら面白い、あーなったら感動するといって空想をして喜んでいるんだろうともいった。「そいうゆうのを天の邪鬼というんだぜ」とも。
うーん言われてみれば、そうだけど……。
確かに、東国原知事を批判した。その政治的手法を批難した。その人の過去をほじくり返して誹謗した。
そして、起こりうる可能性のあることを予想した。(これは知事が何かをやらかすということ)
私は今も知事が何か事を起こすと予測している。この点は変更しない。
それは、まずその政治的手法だ。相変わらず、テレビ、ラジオに出まくっている。しかもバラエティーを中心に。だれか苦言を呈す人は周りにいないのか。
休日返上してまでする仕事ではないと私は言い続けている。体を休めて、次の事態に備えるといったことも、彼の仕事である。彼はセールスマン(自称している)ではない、県のリーダーだからだ。
体を痛めました、県政は休みますというわけにはいかないだろう。政治的空白こそ、リーダーが犯してはならないことなのだ。それに最近の東国原知事の顔色悪すぎ、あのやせ方はちょっとヤバいと思う。ラジオからの声もガラガラだ。あれで病気にならないといったら、どうかしている。(だれかアドバイスするブレーンはいないのか。大森うたえもんではダメですよ)
マスコミにとっては、知事が病気になるといったことでも、それ見たこことかと格好のネタだと手ぐすね引いて待っているのだ。

私はパフォーマー政治家が嫌いである。政治家のパフォマンスは必要であるが、パフォーマンス優先の政治家はどうも好きになれない。

時間がない、その理由は後で書きましょう。

というのが、ほかのブログで書いたこと。
このあと年金問題でボーナスを返上した社保庁や阿倍総理、そして劇場型政治家の小泉前首相を俎上にのせようとしたが、あまりにも時間がなく、尻切れの内容となってしまった。
でもこれも前フリでしかない。(つまり東国原知事も含めて)
実は、ここからが本題で、「ある市長」への批判とつなげていってパフォーマンス政治の弊害を書きたいと思っていたのだ。
だがしかし……。今、このパフォーマンス市長のことを書くべきかどうかで悩んでいる。
私がブログで書く内容は大したことないし、市長への苦言的程度といったことで笑いごとで済めば、それでいいことである。
でも、それだけで終わりそうな気がしないのだ。
何か深みにはまり、抜けられなくなりそうな予感さえある。
私は別に市長の政治的思想とか、政務内容を批判しようというのではなく、パフォーマンス政治を非難したいだけなのだが、何か別の意味に取られ、変な勘ぐりをされては困るのである。
うーん。
さあ、どうするかは後で考えることにしましょう。
ちなみに、この市長は、深夜自宅で寝ていたところをダンプカー2台で突っ込まれて犯人は逃走、そう全国のニュースでも流れた人です。これは今年の春ころのことです。

さあ、政治的な話はやめて、本業、本業。
歴史ミステリー小説「東毛奇談 第5章 仮名手本忠臣蔵のこと」の続きは夜に載せます。


スポンサーサイト

Comment

[10]
他の都道府県知事を批判できないで
東国原知事だけを批判なんて
あまりにもベタ過ぎじゃないの?

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

«  | HOME |  »

カスタム検索




FC2ブログランキング


すみません…、只今コメ返しをしておりません。しかし、しっかりと読んでおります。こんなわがままなサイトですが、気が向いた方は、どうぞ書き込んでください。

FC2ブックマークに追加

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
物語を物語る
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月 --日 (--)
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
物語を物語る
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2007年07月 06日 (金)
  ├ カテゴリー
  |  └ 時事ネタ
  └ 「お前は、細木数子か、安国寺恵瓊か」東国原知事批判のときの会話。
by AlphaWolfy

消えた二十二巻

Author:消えた二十二巻


全ての記事を表示する




このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。