スポンサーサイト

物語を物語る

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歴史ミステリー小説「東毛奇談」 第5章 4

物語を物語る

「まあ龍ちゃんのことだからそういうだろうと思ったぜ。よしここは見方を変えて、高師直役つまり討たれる奴が織田信長であれば、討ったのは光秀ということになるだろう」
「つまり由良助は高師直を討った。光秀信長を討ったから、高師直信長であれば、由良助=光秀が成り立つというわけですね」と真船が補足した。
「そうなる。それじゃー、大序をもう一度読み返してみようぜ。兜改めの場面で、四十七人の兜首があって、どの兜首が義貞のものか判らない。そこで以前義貞に仕えていた塩谷判官の妻である顔世御前が、見覚えのある兜を探すこととなり呼び出されてきたわけだ。ほどなく義貞の兜は見つかった。その決め手となったのが、ここにあるように義貞が兜に名香をたき込んでいたことによってだった。その香木というのが蘭奢待だな。じゃーこの蘭奢待って何だと思う?」
琴音は素早く電子辞書をカバンから引っ張り出して、「らんじゃたい」と入力した。「えーと中国から渡来した香木で、東大寺正倉院に所蔵してある門外不出の御物である。これまでに切り取った人物は、足利義政、織田信長、明治天皇で、他にも足利義満、徳川家康も切り取ったという説があり……」
「そうつまり蘭奢待を手にした人物は、天下の覇者といってもいい。となると、義貞は全く蘭奢待とは関係がないことになる。それに劇中では蘭奢待はここでしか登場していない。この後のストーリー展開上、必要な小道具や伏線として使われているわけでもない。となると、なぜ作者は物語りと関係ない蘭奢待をオープニングの大序で出してきたかだ。さっきも言ったけどよ、話の筋に関係ないものほど、そこに作者の隠れた意図を示しているのではないかということだ。よしここで少し頭を働かせてみようじゃねーか」
琴音と真船は身構えて聞き入った。
「仮名手本忠臣蔵の大序のように、首改めされた人物で、蘭奢待を手に入れた者はだれだ?」
「うーん殺された人物で、さっき出てきた人の中でいえば、……織田信長になるかしら」
「そうだ」
「いや、確か足利義教も家臣の赤松氏に殺されています」と真船はすかさず反駁した。
「いや、それがただ殺されただけじゃ駄目なんだ。足利義教はその場で暗殺されたから首改めなどする必要がなかった。だからこの場合では織田信長しかいないんだ」
「そうね。本能寺の変のときは信長の遺体が見つからなくて、光秀はその首を必死に探したのよね」
「そうだ。となると、この大序は本能寺の変も暗示していることになる。オープニングっていうのは、物語を始める前の状況説明の場であり、これからの物語展開を指し示して、観客に状況をイメージさせる大事な場面だ。何度も言うけど、蘭奢待を出すのも、兜改めの場面を劇に盛り込むのも、作者の意図が含まれているということさ。またそれを見る観客も登場する名称からイメージを膨らませて楽しむことが出来るように作られている。特にこの仮名手本忠臣蔵は巧みにいろいろな背景が織り込まれている多層構造となっているんだぜ」
「でも、そうなると不思議なことになってしまうわ。つまり大序に出てくる首が信長だとすると、義貞が信長になってしまうじゃないの。討たれる役も高師直でしょう。訳が分からなくなってしまうわ」
「それが、実は高師直信長なのだ。まず高師直は大序の中で、この首に関して『本物ではない』と言っている。そして物語の構造が、首だけとなって死んだ義貞が最後には義貞の行動をとって仇討ちをしている。つまり最初と最後が繋がるという、輪環状の物語となっているのだ。これは大序の兜改めと最後の合印の忍兜という段の名前からも兜で繋がっていることでも分かる。合印とは、戦場で敵と味方を見分けるために味方の旗や笠に印をつけておくことである。これは実際の赤穂浪士たちも討ち入りの際に印をつけたことになっている。それに合印にはもうひとつの意味がある。それは他と紛れないようにつなぎ目などにつける符号のことで、よく二枚の布を縫い合わせたりするときに印をつけたり、二枚重ねて書類に判子を押すときも、合印というだろう。その意味から言えばこの物語は最初と最後が繋がっていると考えられだろう」
「兜つながりのネバーエンデングストーリーとなるわけか。でもさっきの質問には答えてないわ。義貞の首と信長と高師直の関係」
「そう焦るな。まずは高師直=信長というところから行こう。問題は高師直だろう」
「そうですね。ではここは自分が高師直について説明しましょう」と言って真船が引き継いだ。「まず師直は足利尊氏の執事であり、官職は武蔵守、武功も多く、尊氏側近として絶大な権力を振るった。中世的権威を恐れず、またそれ以上に、公家を否定する様な言動を多くした。恩賞の所領が少ないと嘆く者がいると、近辺の所領を好き勝手に押領すればよいと唆し、将軍の御教書など気にせずに無法を奨励する。また婆娑羅を好み、物狂いな行為や趣向を好んだ。そして天皇などというものは木か金属で作ったものを飾って、本物の天皇や公家などは何処かへ流してしまえ、いとも簡単に言い放ったという。また源氏の鎮守である岩清水八幡宮や聖徳太子廟に火を放ち、北朝方の武将でも畏れ多いといってやらなかった吉野の南朝御所を焼き討ちした」真船はポイントを押さえて解説した。
「よし、この高師直の言動は信長に似ていないかということだ。信長もまた、朝廷などの旧権威を恐れず、否定するようなことを多くした。比叡山焼き討ちから始まり、一向衆や高野聖まで血祭りにした。また信長自身を石に見立てて、人々に拝ませようなんてことまでした。これには信長の大きな目標があったからこのように非道というべき行為を行ったわけで、師直の私利私欲の行動と同じにしては可哀相だが、結果的には同じような事を行ったわけだ。ただこれが江戸時代の人々の目にはどう映ったのか、が今は問題なのだ」と弦さんは力説して、いつの間に開けたのか、ばかうけ煎餅を一枚手にして、説明を続けた。
「そして仮名手本では、師直の罵声に耐え切れずに塩谷判官が刀を抜いちまう。実際の赤穂事件でも、吉良上野介の罵声が切っ掛けとなり浅野内匠頭が刃傷に及んだということになっている。ともに恨みが原因で事件は起っている。そこで、光秀と信長との関係はどうなるかだ。江戸時代では光秀が変を起こした理由でもっとも信じられていたのが、怨恨説というやつさ。信長の逆上しやすい性格と、光秀の生真面目で神経質な性格とではどうにも相性が悪かったと思われていた。光秀は信長に足蹴にされたり、他の家臣の前で罵声を浴びせられたり、面目を失わせるような不当ないじめにあっていた、とそんな噂が広まっていた。これら怨恨説は、野望説をとる高柳光寿氏によって否定されたりしたが、それはずっと後年、明治以降のことだ。要は、江戸時代の人々の多くは、信長にいじめられていたから、光秀は突如として大層なことしでかした、と思っていたということだ」
「事件の切っ掛けは恨み、怨恨、遺恨で始まるというわけね」
「それに最後は、無念という感情が残る。塩谷判官しかり浅野内匠頭、光秀そして義貞、みんな無念を残して死んでるだろう。だから仇討ちが必要なのさ。よし、話ついでに、ここで余談だ。それじゃ実際の赤穂浪士による仇討ちで一番悲劇的な運命を辿ったのは誰だと思うかい? 多くの人は、大石内蔵助ら四十七士だと答えるであろう。でも彼らは仇討ちという宿願を果たし、武士として名誉の切腹をしている。ある意味冥加の至りだぜ。それに正義を果たした忠臣として語り継がれ、崇められているのだから彼らは幸せだよ。俺の考えるところの悲劇とは、正当に評価されなかったり、汚名を着せられたり、挙句は悪人と見なされることだ。これらは武名を重んじる武士にとってこれほど哀れなことはないだろうからな。さてじゃーここで一番憐れみを誘う人物は誰だと思うかい?」
「うーん弦さんは天邪鬼だから、吉良上野介というんじゃないでしょうね」
「半分当たりだ。まあ吉良に罪はなかったという人が出てきたのは最近のことで、昔から奴ほど嫌われた者もいないな。でも考えるに、最も不幸だったのは孫で跡継ぎの吉良義周だろうな。この義周は、討ち入り当夜の対応の仕方が不届きだとして、領地を没収されちまったんだ。そして諏訪安芸守邸にお預けの処分となり3年後、彼の地で失意の内に死んだ。このとき義周は二十一歳であったというから、さぞかし無念であったろうな。考えてみても幕府はひでえー仕打ちだよ。二十そこそこの若造に、何が出来たというんだい」
「可哀相かも」
「諏訪に配流された義周は、罪人同様の処遇を受けた。しかも義挙を果たした赤穂浪士の敵役として大いに蔑まされた。精神的にも肉体的にも追い詰められたろうよ」
「それと同時に吉良家はお家断絶となり鎌倉時代から続いた名家は滅んだことになります。室町時代の吉良家は、足利氏族の中で今川家、細川家と並ぶ家柄でした。これが江戸時代に細川家と吉良家の二家だけとなったんです。細川家の場合は、公家にも武家にも特殊な情報網をもっていたし、織田、豊臣、徳川時代を通じて武功もあったから生き残った。一方吉良家は大した武功もなく、実力もない。それが江戸時代になぜ生き残っていたかといえば、家康改姓のとき、源義国以来の系図を提出して、徳川の源氏工作に貢献したことによる。だから徳川幕府では高家筆頭の地位に就いたといわれています」と真船は補足した。
「そうさな。穿った見方をすれば、赤穂事件を切っ掛けにして、新田徳川が足利吉良を排除したなんていえるかもしれない。それとも徳川家の出自の秘密を知るだけに、うざってえー存在の吉良家を消し去ろうとしたのかもしれねーな。そう考えると、赤穂浪士の仇討ち事件が起こったとき、幕府の対応もどこかおかしい。前々から言われていることだけど、幕府要人は赤穂浪士の計画を事前に知っていた節がある。しかも浪士が吉良家に討ち入った事態を知りながら、事が終わるまで、その行動を黙認しているんだ。俺からみれば、赤穂事件は、吉良家にそれほどの非があるとも思えない。異論はあるだろうが、なにしろ浅野の殿様が江戸城で刀を抜いて振り回したんだから、これはどう考えてもまずいだろう。その日はよりによって朝廷から使者が来る大事な儀式が行われる日だった。浅野内匠頭はやっちゃいけねことを、一番目立つような日に事を起こししまった。だから元々は、喧嘩両成敗なんて成り立たないんだ。俺は、幕府の採決は妥当だと思うよ。まあ浅野内匠頭への対応はかなり酷だと思うがな。でも一度助けたように見えた吉良家も結果的には見殺しにしたんだ。これは吉良家が赤穂浪士に討たれることを大衆が望んだことでもあるし、幕府も徳川家の痛い所を知る吉良家を見捨てたんだ」
「今までは吉良は悪役だと単純に思っていました。でもすこし認識を改めないといけないかも……」
「赤穂事件は当時から識者の間で賛否両論があったんです。赤穂浪士の仇討ちは正義か、吉良は本当に悪かったのかという議論でね。でも結局は吉良が悪人だと世に広まった。それを決定づけたのは忠臣蔵をはじめとした劇でしょう」
「みんなそれに影響されたわけか。今ではテレビなどメディアがその役を負っているのね」
「その中にいる俺たちがいうのも変だけど、テレビは知らず知らすに世の中に影響を与えているんだ。良いことばかりではない、むしろ悪影響の方が多いだろうな。それは今も昔も変わらないぜ。忠臣蔵の劇では、吉良=悪人というイメージは人々に印象付けられ、それが広まって行く。このレッテルこそが吉良にとって悲劇だというんだ。このレッテル張りという現象は今でもあるさ。千ちゃんも言ってたな、みんな好きなのさ、他人を区別、分類して札を付けるのが。本人の資質・本質よりも、その人の背景に惑わされちまう。この業界だって、実力もない有名タレントの二世とかがのさばったり、大した番組も作れねーで、一流大学を出ているだけで、部長だの局長だのになりやがって……」
「話がまた横道に反れてますよ。戻して戻して」
「そうだった。よし、赤穂浪士仇討ち事件から三年後に没した義周は諏訪の法華寺に葬られた。この場所で何か浮かぶものはないかい?」
首を傾げる琴音に、真船が答えた。「確か、光秀が信長に叱責された場所では……」
「そうだ。法華寺には吉良義周の他に興味深い話があったんだ。織田信長が武田征伐のとき、法華寺に本陣を置いた。そのとき光秀が漏らした言葉が気に入らず、信長は光秀の頭を寺の欄干に何度も打ち付けたという逸話が残っている。このことを根に持った光秀は信長に深い遺恨を持ったというんだぜ。怨恨説の中でも巷間に流布された話のひとつだろうよ。まあこの話が事実であったかどうかは分かんねけどよ、嘘でも話が広まり、実しやかに伝わったという事実に着目すべきだな」
「偶然の一致だと思ってはいけないんでしょう」
スポンサーサイト

Comment

[40]
この章を読んでいて、近松半二の「蘭麝待新田系図」を思い出しました。細かい内容まではもう忘れてしまいましたが、義貞が、百姓だったか猟師だったかに変装して活躍するという、何とも荒唐無稽な話で、まぁそれなりに面白かったです。そこでも義貞が兜に香をたき込めていたという話が出て来るのですが、これは「仮名手本忠臣蔵」の大序のエピソードから思いついたんでしょうかね?
そういえば近松半二は、忠臣蔵芝居の「太平記忠臣講釈」なんて芝居も書いていましたね。
あと細かいようですが気になった点が1つ。赤松に殺された足利将軍は、義政でなく義教でしょう。
[41]
朝倉様ご指摘ありがとうございます。
足利義政ではありませんね。義教ですよね。完全な書き間違いです。早速書き直しました。誤記誤謬はまだあると思いますので、あったらまた教えてください。
ほんとうに助かります。
近松半二も竹本座ですね。
江戸時代、新田義貞は歌舞伎でよく取り上げられていたのですかねー?やはり義興の矢口の渡しなどを含めて、新田一族は人気があったのでしょうか。「太平記読み」がいたので、この南北朝時代の武将は、やはり人口に膾炙されていたのかなー。どうでしょうか。
ではまた。
[48]
どうも、お久しぶりです。

新田一族の人気‥‥確かに、新田義興を祀った矢口の新田神社には、平賀源内のヒット作もあって、かなりの参詣人が訪れたそうですし、かの「里見八犬伝」でも、里見家の旗印が明らかに新田宗家と同じ大中黒で、すぐに新田氏を連想できるようになっていましたし、「四谷怪談」で有名な鶴屋南北にも「新田四天王」という作品があったそうで、他に浮世絵なんかにも結構義貞や新田四天王とか描かれているようですから、まあ現代よりは確実に人気があったと思いますよ。

ところで「忠臣蔵」と「四谷怪談」といえば、もう3~4年前になるでしょうか、市川猿之助一座のオリジナルで「四谷怪談忠臣蔵」という歌舞伎作品があって、結構面白かったです。義貞と勾当内侍の遺児である新田鬼龍丸という妖術使いが大活躍する話でしたが、貴殿の作品を読んでいて、ふとそれを思い出しました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

«  | HOME |  »

カスタム検索




FC2ブログランキング


すみません…、只今コメ返しをしておりません。しかし、しっかりと読んでおります。こんなわがままなサイトですが、気が向いた方は、どうぞ書き込んでください。

FC2ブックマークに追加

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
物語を物語る
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月 --日 (--)
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
物語を物語る
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2007年07月 07日 (土)
  ├ カテゴリー
  |  └ 歴史ミステリー小説「東毛奇談」
  └ 歴史ミステリー小説「東毛奇談」 第5章 4
by AlphaWolfy

消えた二十二巻

Author:消えた二十二巻


全ての記事を表示する




このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。