スポンサーサイト

物語を物語る

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

井上馨と渋沢栄一は、新田義貞と児島高徳で紙幣を作った! 「新田義貞伝承を追う!シリーズ第13回」

物語を物語る

「新田義貞伝承を追う!シリーズ第13回」

第9回  「上州遷都論」と井上馨 
第10回 「上州遷都論」と渋沢栄一
第11回 「新田遷都」総まとめ
第12回 群馬県庁調査による「新田郡に於ける両皇子の墳墓」報告書

ときました。(ここまでくるのに一か月かかっていましました。しかもこのシリーズを始めてからも約1年も経っている。)
9回目から12回目まで読まれてどうでしょうか?
明治の元勲、井上馨や渋沢栄一らに「新田伝承」は受け継がれていると私は考えているんですが、いやマダマダだと思ってもいる方の方が多いかとおもいます。

とうことで、決定的証拠を。

旧国立銀行券 新田義貞と児島高徳
http://www.saganokosen.jp/nihonshihei1.htmlから
これは明治6年8月に発行された旧国立銀行券ニ円札です。
見づらいですが、稲村ケ崎での刀投げの場面の新田義貞と「天莫空勾践 時非無范蠡」と桜の木に刻んでいる児島高徳とが並んで描かれています。
何と新田義貞と児島高徳がお札の肖像画になっている、まあこれだけでも驚きですが、問題は、「明治6年」という年と「国立銀行」と言う点です。

国立銀行とは、「国立銀行条例による国立銀行(民間経営)で、明治5年に設立され翌年8月に営業を開始した日本初の商業銀行」とある。
Wikipediaには、
「三井組と小野組を中核にして設立した「三井小野組合銀行」の後身。従来、三井も小野も互いに同様の営業を為していたがこれら富豪を含めなければ新しい事業に邁進できないとして、かねてより井上馨、渋沢栄一紙幣頭、芳川顕正紙幣権頭の尽力により2社を纏めたものであった。払込資本金244万円。初代頭取には、大蔵省の内紛から下野していた渋沢栄一が就任した。日本銀行創設以前には紙幣の発券が認められており、発行する銀行券は金貨との交換を義務付けられていた。また、日本初の株式会社でもある。」とある。
明治5年には井上馨が大蔵大輔で、渋沢栄一が大蔵権大丞だった。
つまりこういうことだ。
井上馨と渋沢栄一は、自分たちで作った銀行の紙幣に、新田義貞と児島高徳を選んだということだ。

もう一度繰り返します。
井上馨と渋沢栄一は、新田義貞と児島高徳で紙幣を作ったということです。

考えても見てください。
自分たちが設立した銀行で、紙幣を作るとなれば、そこには何らかの思い入れのある人物を使用するはずです。
お金として、それが使われることによって世間に広まっていくわけですから、安易な気持ちではないはずです。
そしてここには大蔵高官官僚であった井上馨と渋沢栄一の意見はかなり大きかったはずである。
まあ、新田義貞は、幕末維新の時期に英雄視されていたのだから、一応は納得もいく。(もうこのとき井上馨は新田一族の末裔を嫁にしているわけだし、渋沢栄一の故郷は新田一族ゆかりの土地だ。ともに新田伝承を受け継いでいる人が2人もいるわけだから)
だが、ここに児島高徳が加わっていることの意味を考えてみましょう。(楠木正成でも北畠顕家でもない) しかも義貞一人ではなく、児島高徳もここにいるということの意味を……。
児島高徳が新田一族に深く関わっているというのはこれまで見てきたことだ。
そう、井上馨も渋沢栄一のその辺のことを知っていた。
そこに後年に起こる「上州遷都論」こと「新田遷都論」が加わるわけだから、この紙幣は実に「意味深」なのだ。
私はこの紙幣の存在を見たとき叫びましたよ、本当に。
わたし的には、これは「大発見」でした。(まあ、他の人には何でもないことでしょうけど……)

さて、このシリーズで「楫取素彦」(かとり・もとひこ)という名が何度も登場しますが、(群馬県令として新田神社や児島神社に関わった)この人物について平成21年6月30日付け「上毛新聞」で紹介されていた。
本県近代化の礎築く 長州藩出身で第2次群馬県の初代県令を務めた。吉田松陰の妹と結婚するなど親交は深かった。幕府批判を弾圧した「安政の大獄で松陰が刑死すると、倒幕に向け「薩長同盟」の成立へ舞台裏で奔走。福岡の太宰府天満宮に楫取や立役者の一人、坂本竜馬らが出入りした「延寿王院」が今も残り、宮司邸として使われている。
廃藩置県に「難治の県」とされた本県に赴任すると、教育や産業振興などに力を注ぎ、近代化の礎を築いた。瀬戸内海に面した山口県防府市に墓がある。」
旧名が小田村伊之助 元老院議官・宮中顧問官・貴族院議員  文政12(1829)~大正1(1912)

とあった。
そうか、井上馨と同じ長州閥だったのか。
それに坂本竜馬と面識があったのか……。
なるほど、なるほど……。

ということで、この「新田義貞伝承を追う!、実は東毛奇談の続編シリーズ」はまだまだ続きます。


スポンサーサイト

Comment

[158]
はじめまして!
美紀といいます。
この度ブログを始めたので挨拶で
コメントさせて頂きました。

私のブログは競艇やギャンブルが主になっちゃうと
思いますが日常の事もいろいろ書いていくので
よかったらコメントください☆

http://ameblo.jp/boat-gals/

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

«  | HOME |  »

カスタム検索




FC2ブログランキング


すみません…、只今コメ返しをしておりません。しかし、しっかりと読んでおります。こんなわがままなサイトですが、気が向いた方は、どうぞ書き込んでください。

FC2ブックマークに追加

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
物語を物語る
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月 --日 (--)
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
物語を物語る
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2009年07月 01日 (水)
  ├ カテゴリー
  |  └ 新田義貞伝承を追う! 実は「東毛奇談」の続編
  └ 井上馨と渋沢栄一は、新田義貞と児島高徳で紙幣を作った! 「新田義貞伝承を追う!シリーズ第13回」
by AlphaWolfy

消えた二十二巻

Author:消えた二十二巻


全ての記事を表示する




このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。