スポンサーサイト

物語を物語る

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ボスザル 捨て子を介抱」の記事に感心

物語を物語る

私的に気になった新聞記事。
平成21年9月25日 朝日新聞 社会面から


ボスザル 捨て子を介抱 淡路島 サルの「寛容」解明の手がかり?
兵庫県洲本市にある野生ザルの見学施設「淡路島モンキーセンター」で、9代目ボスのアサツユ(20歳、オス)が衰弱した子ザルを親代わりに介抱している姿が観察された。アサツユは弱いサルにも優しく、群れで人気がある。専門家は、ニホンザルの寛容性を解明する重要な手がかりとして注目している。
 子ザルは7月30日生まれのオス。母親が面倒を見なくなったため、十分にエサを食べることができず、歩けないほど弱っていた。
 延原利和所長(55)は今月8日、アサツユがこの子ザルを抱いて柏原山(標高569メートル)からセンターに下りて来るのを見つけた。子ザルを抱き続け、毛繕いをして介抱していたが、13日に再び群れがセンターに現れたとき、子ザルは見あたらなかった。山中で死んだとみられる。
アサツユは昨年6月、弱い者いじめを繰り返して群れの信頼を失った8代目ボスに代わって昇格し、約230匹の群れを率い「人望」があるという。
 「群れを観察して33年になるが、ボスが死にかけの子ザルを連れているのを見たのは初めて。アサツユなら考えられる行動」と延原所長。また、京都大野生動物研究センターの山田一憲・特別研究員は「ニホンザルが持つ認識能力や寛容性(優しさ)を理解する上で重要な手がかりになる」と話している。(森直由)

とこちらは紙上全文。
ネット版では<「政権」は安定しているという。><研究者の間では、淡路島のニホンザルは温厚な性格で知られる。> といった言葉が追加されていた。

面白い話題ですね。ボスザルに「人望」という表現が好きです。
何となく関連記事
なぜか最近「サル」や「ゴリラ」の生態に興味がある。
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

«  | HOME |  »

カスタム検索




FC2ブログランキング


すみません…、只今コメ返しをしておりません。しかし、しっかりと読んでおります。こんなわがままなサイトですが、気が向いた方は、どうぞ書き込んでください。

FC2ブックマークに追加

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
物語を物語る
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月 --日 (--)
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
物語を物語る
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2009年09月 25日 (金)
  ├ カテゴリー
  |  └ 未分類
  └ 「ボスザル 捨て子を介抱」の記事に感心
by AlphaWolfy

消えた二十二巻

Author:消えた二十二巻


全ての記事を表示する




このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。