スポンサーサイト

物語を物語る

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「これはおかしい」と思ったら、どんどん声を上げて発信しよう!  BPOがバラエティ番組へ意見書

物語を物語る

「イジメ、バカ騒ぎは視聴者不快」民放連に意見書

 バラエティー番組の下品な表現への苦情が相次いだのを受け、放送倫理・番組向上機構(BPO)は17日、日本民間放送連盟(民放連)に番組制作の指針作りなどを求める意見書を送った。
 意見書では、BPOに寄せられた26件の苦情を、「イジメや差別」「内輪話や仲間内でのバカ騒ぎ」など5項目に分類し、「多くの視聴者が不快に感じている」と指摘している。
 これに対し、民放連の広瀬道貞会長は同日、記者会見を開き、「趣旨と正面から向き合い、制作者レベルまで広げて議論を深めたい」と語った。(2009年11月17日19時17分 読売新聞)

この記事を読んで気になったので、BPOのホームページへ飛んで肝心のページを見てみた。http://www.bpo.gr.jp/kensyo/decision/001-010/007_variety.pdf
そして、26件の苦情の中に、見たことある記事が……。

手錠をかけて動けなくなった芸人を4人で抱え上げて熱湯に突き落とす。
女を足蹴にする。上半身裸・パンツ一丁にしてスタッフの一人を真冬の外に出す。無口な女優を端に追い詰めて言葉攻めにする。最悪なのは、一人の芸人に、頭からビーニール袋をかぶせ、隙間からスプレーを発射し、息ができないようにして、ビーニールの袋をひっぱり窒息状態にした。
かなり酷い。これは、いじめを助長するといったレベルではない。悪意の塊としかいえないものが、ゴールデンタイムで全国に垂れ流しされている。

おっ、これは「めちゃイケ」のことで、私が送った文章じゃん。バラエティ番組はそれ以降も暇さえあればかなり見てきたが、「ひどい」という点においては、この内容のものを超えるものはない、と思う。
そして、昔を振りかえって、その時の記事・「批判記事」は悪意あるものなのか?3回目  「酷いテレビ番組を見た」に画像を付けました。を再読。
そうか、あれから1年経ったのか…、う~ん懐かしい。
これを書いたときは、賛否両論様々なコメントが来ました。(ここ以外にも「拍手」のコメの方にも結構来ました)
ただ、この記事の本意は、ネットは社会の浄化作用を果たしているのではないか?という問いかけであり、その一例として「めちゃイケ」を出したまでのことだった。それが思ってもいない方向(ただの番組批判ととらえられた人が多かった)へ進んだのが、残念だった。(まあ、いま考えるといい勉強になった。)
ネットでは、新聞・テレビが躊躇して取り上げないようなことでも、「これは、おかしい」と思えば一般の人でも声を上げることができ、それが大きな力になって、時として社会を動かすほどのものになる。これがいい方向に向かえば「社会の浄化作用」になるが、行き過ぎれば「スマイリーキクチの件」のようなことになる。
例えば、「ネットによる社会の浄化作用」といえば、当ブログでは、「ミス・ユニバース日本代表」の卑猥な衣装に見る、日本文化の破壊」がある。この記事のときように、「これはヘンだ」と思ってネットで問いかければ、それに応じて賛同してくれる人が多くいた。ネットでは「2ちゃんねる」「サイトへの書き込み」を中心に、非難の声は大きく広がりを見せ、これが当事者たちを動かて、結果的にデザイナーは「衣装を交換する」ことになった。これはネットで批判の声が上がらなければ、なりえなかったことだと思う。
こういったネットの声はいまではマスコミよりも「正論」だったりする。公正さを欠いた偏った報道や社会常識を失った番組、無責任な言葉を連発するコメンテーターや司会者……などなど、マスコミもどこに配慮しているのか、自社に不利益になるようなところには触れようともしない。
だから上記のBPOに寄せられた苦情のように、「変だ」「それはおかしい」と思えば声を上げるべきなのだ。
これは些細なことかもしれない。しかし社会の正常化を保つ意味においても大切なことである。新聞やテレビは自らの権威を保つために、一方的に「2ちゃんねるは駄目だ」とか「ネットの言うことは信用できない」といって封じてしまおうという風潮を作り出そうとしているその態度が問題なのだ。
どんどん「声」をあげよう!
そこに「ネット」の可能性がある。
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

«  | HOME |  »

カスタム検索




FC2ブログランキング


すみません…、只今コメ返しをしておりません。しかし、しっかりと読んでおります。こんなわがままなサイトですが、気が向いた方は、どうぞ書き込んでください。

FC2ブックマークに追加

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
物語を物語る
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月 --日 (--)
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
物語を物語る
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2009年11月 19日 (木)
  ├ カテゴリー
  |  └ 時事ネタ
  └ 「これはおかしい」と思ったら、どんどん声を上げて発信しよう!  BPOがバラエティ番組へ意見書
by AlphaWolfy

消えた二十二巻

Author:消えた二十二巻


全ての記事を表示する




このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。