スポンサーサイト

物語を物語る

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福沢諭吉「帝室論」 現代語訳 2

物語を物語る

福沢諭吉「帝室論」 2

わが帝室が直接、政治に関われば、国にとって益がないことは、すでにこれまで論じたとおりである。ところが、人によってはこれに疑いを容れる者がおり、「政治は国に大事である。帝室が政治に関与しなければ帝室の役割はどこにあるのか」という説があるけれども、これは浅はかな見解も甚だしい。
そもそも一国の政治というものは、はなはだ殺風景なものであって、ただ法律公布などの制定文を作って人民に頒布し、その約束に従う者は受け入れられ、従わない者は罰せられるというだけのことである。政治は畢竟、形体(外形。身体)の秩序を整理するための道具でしかないのであって、人の精神を制するものではない。
しかし、人生を大きく二つに分ければ、形体(外形)と精神の二つに分けられるもので、その一方だけ押さえても、他の一方をないがしろにすれば、人を完全に制御することはできない。たとえば、家の使用人の場合もそうだ。賃金の額を決め、労役の時間を定めても、それだけでは決して人を使いこなすことはできない。どんな使用人でも、その主人との間にある程度の情の交わりがあってこそ、快く仕事に従事するものである。すなわち、この情の交わりとは、精神の部分に属するものである。賃金や時間はたんなる形体(外部)の部分であって、まだこれだけでは人を御することはできない。したがって、政治はたんに社会の人々の心を収攬する(とり収める)に足りないことは明らかではないか。

この人心を収攬するために、かつて専制の政治においては君主の恩徳と武威をもってした。君主の恩に服さない者に対しては威をもって嚇し、恩と威が並びおこなわれて天下は太平だったわけである。しかし、人智が徐々に開けて政治の思想が起こり、人民参政権を求めて、まさに国会を開設しようとする今日に至っては、もはや専制政府の旧(ふる)いやり方を学んでも仕方ない。というのは、国会が開設されても、国会というのは民選議員の集まる所であって、議員は、国民に対して恩徳もなければ武威もないからだ。国法を議決してその制定文を民間に頒布したからとって、国会議員の恩と威が並びおこなわれるわけではない。またそんな道理もないからだ。
国会はそのままで直ちに軍事執行権を持つものではないから、人民を威し従わせるには足りない。国会はたんに国法を議定して、それを国民に頒布するだけである。人民を心服させるだけの力はない。ことに、わが日本国民のごときは、数百年、数千年来、君臣情誼の空気の中で生きてきたものであるから、精神道徳の部分は、ただこの情誼の一点にかかっている。この点に頼らなければ、国の安寧を維持する方策はないだろう。すなわち、これこそが、帝室が大切で至尊・至重である由縁なのである。いわんや、社会治乱の原因は、つねに形体(外形)にあるのではなく精神から生じるものが多いのだから、なおさらである。わが帝室は日本人民の精神の収攬する中心なのである。その功徳は至大であると言えよう。
国会で形成される政府は、対象的な政党が互いに争って、ときに火のごとく水のごとく、また盛夏のごとく厳冬のごとくなるだろうが、帝室はひとり万年の春にして、人民がこれを仰ぎ見れば悠然として和気を催すであろう。国会の政府から頒布される法令は、その冷たい水のごとく、その情の薄いこと紙のごとしといえども、帝室の恩徳はその甘いこと飴のごとくして、人民が帝室を仰げば、その怒りも解けることだろう。こうしたことが可能なのも、帝室が政治世界の外に在るからであって、そうでなければ、こういうことも不可能だろう。西洋のある学者は、帝王の尊厳威力を論じて、これを「一国の緩和力」と評したことがある。意味深遠ではないか。わが国の皇学者流も、また民権者流も、この意味がよく理解できるだろうか。私は、それぞれの流派の人々がこの問題を反復考究して、自発的にこれを納得することを祈るものである。

たとえば、明治十年、西南の役に、徴募巡査という名目で臨時に数万の兵士を募集して、戦場で用いたことがある。しかしながら、その募集に応じた者は、ほとんどがみな旧藩の士族で、血気盛んな壮年の人々で、しかも廃藩の後、まだ仕事についていない者が多かった。家に仕事がなくて、身には勇気があるので、戦場では屈強の戦士となった。けれども、事が収まった後に、この臨時の兵士を解雇するにはどういう方法があるだろうか。
殺気立ち凛然として血気にはやる勇士に、今日ただ今から用無しになったので各々故郷に帰って以前の仕事につきなさいと命じても、必ず彼らは波風を起こすであろうと、私はその徴募の最中から後日のことを想像して密かに憂慮していた。同年九月、西南の役の変乱も収拾され、臨時の兵は次々と東京に帰った。
私はなお、この時に至るまでも、不安が心に残っていたのだが、その兵士たちが集められ、皇居の吹上の禁苑(御所)に召し出され、天皇陛下からの簡単な慰労の詔(お言葉)が伝えられた。すると、それだけで数万の兵士は一言の不平を唱える者もなく、ただこの厚い御恩に感謝感激して郷里に帰り、だれも波風を起こさなかったのである。これは世界中に比類のない美事と言えよう。
仮に国会の政府において議員の中から政府の首相を選び出し、その首相がどんな英雄豪傑であったとしても、明治十年のような時節に際して、このような臨時の兵を上手に解散させるだけの工夫があるだろうか。私は断じてそれだけの力はないと信じている。

さらに、ここに一例を考えてみよう。仮に、の話である。もし天皇陛下がある所へ御臨幸される途中で、たまたま重罪人が刑場に引き立てられてゆくところが陛下のお目に止まったとしよう。陛下がその理由をお聞きになって、憐みのお気持ちを催され、かの者の命だけは許してつかわせ、との御意があったとしたら、司法官も特別にそれを許すことであろう。
しかし、このことが新聞などに掲載され、世間の人々がそれを伝え聞いたら、どう評するだろうか。今日の民情から察すれば、世間一般の人はその罪人のことを稀有の幸せ者というであろうと私は信じている。某月某日はその罪人にとってなんという吉日であろうか。まことに不思議なめぐりあわせで命びろいをしたものだ、と言うだけであって、法理が云々などと論ずる者はなく、たとえこれを論じる人がいても、それに耳を傾ける者はないであろう。
もとより罪ある者をみだりに許すことは社会の不幸であって、我が帝室においてもみだりにおやりになるべきことではない。
いわんや右の話は、ただ仮に一例を設けて、わが国の民情を表現したまでのことである。ただし、政治上において、これがやむを得ない場合もないわけではない。国法においては死刑にして殺さなければならない。しかし情実においては殺すにしのびない。これを殺せば民情を害する、というような罪人がいる場合には、帝室にお願いして、国の安寧を維持するという方法をとるほかによい方便はないであろう。ゆえに諸外国の帝王は、もちろんアメリカ合衆国の大統領などもそうだが、必ず特赦の権をもっている、というのはそのためである。わが帝室も、もとよりその特権をもっておられ、必要があるときには必ず政府から請願して、その勅命を下していただく場合もあるだろう。これは決して、みだりに行うということではないけれども、外国においても日本においても等しく特赦の命令を下して、その民情に対して円滑な運営を行うというその程度を比較すれば、わが日本の国民は特別に帝室を信ずるという感情が厚いといわなければならない。
今日国会がまさに開設されようとするにあたって、私が特に帝室の尊さを知り、その威厳がますます高い神聖になることを願い、いやしくも全国に安寧を求めて将来の大計に注目する者ならば、安易に帝室の尊厳を誇示してはならぬ。安易にその神聖を利用してはならぬ、逆に謹み黙って内心で軽重を計ってはならぬと言って、繰り返し弁論してやまないのも、ただ一片の老婆心を抑えることができないからである。

帝室論 3 に続く。

スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

«  | HOME |  »

カスタム検索




FC2ブログランキング


すみません…、只今コメ返しをしておりません。しかし、しっかりと読んでおります。こんなわがままなサイトですが、気が向いた方は、どうぞ書き込んでください。

FC2ブックマークに追加

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
物語を物語る
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月 --日 (--)
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
物語を物語る
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2009年11月 23日 (月)
  ├ カテゴリー
  |  └ 福沢諭吉「帝室論」「尊皇論」現代語訳
  └ 福沢諭吉「帝室論」 現代語訳 2
by AlphaWolfy

消えた二十二巻

Author:消えた二十二巻


全ての記事を表示する




このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。