スポンサーサイト

物語を物語る

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画「2012」は中国批判?

物語を物語る

平成21年11月24日 読売新聞 国際面から

人類を救った秘密基地「中国しか作れなかった」
「中国への皮肉なのか、賛美なのか」―。中国でも大ヒットしている米国の大作パニック映画「2012」(ローランド・エメリッヒ監督)が、賛否両論を呼んでいる。
経済力の増強に伴って高まった大国意識と、底辺にある屈辱の近代史に根差した被害者ナショナリズムが混在する中国国民の複雑な心理を刺激するシーンがふんだんに盛り込まれているためだ。
映画は、古代マヤ文明の地球滅亡の予言をテーマに、2012年に世界各地で大地震などの大災害が起こる中、懸命に生き残ろうとする人々の姿を描いたもの。
国際社会での地位を向上させ、協調を進める中国に、かつてないほどスポットライトを当てている点が特徴だ。主役の米国が、人類の生存に向けて、中国を含む主要国と協力して避難用の巨大な箱船を建造する秘密基地を中国国内に設定したほか、中国軍が避難民の救出に奮闘する様子も描いた。秘密基地を目にした人々から、「中国を選んだのは正しかった。ほかの国に任せていたら完成できなかった」との感嘆のセリフが飛び出す。だが、それは、安価な労働力や一党独裁体制を強調しているとも受け取れる。また、建設に当たった出稼ぎ労働者に乗員資格が与えられないことも「(中国の)人権軽視」を図らずもさらけだした形だ。
中国紙によると、映画は当局の検閲を「ノーカット」で通過した。賛美に対し、「国力が向上したのだから当然だ」と、素直に受け止める見方は多い。ただ、その一方で、有名俳優がブログで「中国を描いたシーンとセリフは非友好的。むしろ、からかわれている」と反発、上映停止を提案するなど、逆に「皮肉」と感じる観衆も少なくないようだ。<北京=佐伯聡士>


佐伯聡士さんの記事は面白い。当ブログでは取り上げるのは6回目。
「中国で「山岡荘八の徳川家康」ブーム、そしてTBS女子アナ・木村郁美アナは偉い。
歴史上の偉人を映像化するって難しい
中国、「愛国映画に外国籍俳優」ネットで批判など

さて映画「2012」ですが、
映画「2012」
「インデペンデンス・デイ」とかゴジラのリメイク「GODZILLA」とかローランド・エメリッヒが監督なので、見る前からどんな映画か想像ができる。まあ、面白くないだろう。しかし、上記の記事を読むと「別の意味」で見たくなった。

スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

«  | HOME |  »

カスタム検索




FC2ブログランキング


すみません…、只今コメ返しをしておりません。しかし、しっかりと読んでおります。こんなわがままなサイトですが、気が向いた方は、どうぞ書き込んでください。

FC2ブックマークに追加

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
物語を物語る
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月 --日 (--)
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
物語を物語る
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2009年11月 30日 (月)
  ├ カテゴリー
  |  └ 映画
  └ 映画「2012」は中国批判?
by AlphaWolfy

消えた二十二巻

Author:消えた二十二巻


全ての記事を表示する




このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。