スポンサーサイト

物語を物語る

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本当にいらない鳩山首相とテレビ朝日アナウンサー・吉澤一彦

物語を物語る

読売新聞 2月11日付 編集手帳から

 鳩山一郎元首相は、その日の日記に書いている。〈今朝、安子、男児を生む。威一郎は平和になつた其日(そのひ)に生れ、其子(そのこ)は紀元節に生る。正に運に恵まれたる家と謂(い)ふ可(べ)し…〉。1947年(昭和22年)の2月11日である◆長男(威一郎氏=元外相)は第1次世界大戦が終結した当日、1918年(大正7年)11月11日に生まれ、今度は孫が紀元節、いまの「建国記念の日」に生まれためぐり合わせを、一郎氏は天の祝福として喜んでいる◆名前の「紀」は紀元節の紀だろう。きょうは政権を担って初めて迎える鳩山首相、63歳の誕生日である◆発足からまもなく5か月になる鳩山政権を顧みて、国を愛する祝日が誕生日とは何やら皮肉に感じられなくもない。展望なしに先延ばしをした「普天間」や、財政再建と矛盾する「子ども手当」のばらまきなどが一例だが、どういう国の姿を首相が描いているのか、国家戦略が一向に見えてこないうらみがある◆首相には誕生日をかみしめてもらおう。母上から毎月1500万円の小遣いをもらえる〈運に恵まれたる〉身を感謝するだけならば、その日に生まれた甲斐(かい)がない。

まさに太字にした部分に尽きる。
読売新聞も正面切って鳩山氏を「売国奴」呼ばわりしているということだろう。
そして、その当日には、

鳩山首相が63歳の誕生日を迎えた11日、首相公邸を歌手の和田アキ子さん、橋幸夫さん、女優のうつみ宮土理さんの3人が訪ね、首相の誕生会が開かれた。
「首相のプライベートの行事」(首相周辺)との理由で、非公開で行われ、約2時間40分で終わった。
政権運営に苦しむ首相だが、和田さんらとの語らいで気分転換をはかったようだ。

何、この3人。分かりやすい、実に分かりやすいよ。(韓国つながりか)
それで、この3人を交えて何を話し合ったというのか。別に隠すようなことでもあるまいし。
なんなら、お気に入り韓国人俳優イ・ソジンでも呼べばよかったのに……。関連記事
そこで、「朝鮮の正祖大王のような政治をする」とでも話し合いすればいいよ。
こうやって韓国のマスコミに利用される日本の首相って、なに。
夫婦ともども韓国へ行って「命を守りたい」といった話や「地球にとって一番いいのは人間がいなくなること」といった話でもして新興宗教を開くといい。何しろ自分では把握できないほどの資金はあるのだから。(そのときは、感動的な「迷文」を書く平田オリザも忘れずにお連れしてあげて…)

もう一つの話題。
http://news.www.infoseek.co.jp/topics/society/n_shoichi_nakagawa__20100212_3/story/20100212jcast2010260080/から

元財務・金融相の故中川昭一氏を再評価する声が出ている。支援者向けに作られた2010年カレンダーに注文が全国から殺到、増刷が決まった。勉強家で国政への熱意が感じられた、として、ネット上では未だに人気が衰えないことも影響しているようだ。
中川昭一氏は2009年10月4日、自宅の寝室で倒れているのが見つかった。56歳の早すぎる死は当時、将来の首相候補とも言われた人物を失った悲しみとして報じられた。
「泥酔会見の写真ないのか」発言で騒ぎ
そんな中で、地元支援者向けの2010年カレンダーは見合わせることも考えられていた。ところが支援者からの問い合わせが多く、製作の継続が決定。カレンダーは議員時代や家族の写真などを集めたものだ。1300冊作ったところ、今年はホームページ上でも販売を告知したこともあって、一週間で完売するという人気ぶりだった。
その後も、全国から問い合わせがあり、増刷が決まった。2010年2月10日に申し込み期限を設けたが、それでも注文が後をたたず、2月15 日正午までの締め切りに再延長した。現在、追加注文は約1700冊に達した。中川事務所は、まだまだ注文が増えるだろうと見ている。
ちなみに、中川氏のカレンダー人気を、テレビ朝日の情報番組「やじうまプラス」が2010年2月10日、取り上げた。その中で、吉澤一彦アナウンサーが「泥酔会見の写真はないのか」などと発言したことに対し、ネット上では「遺族に対する配慮がないなと感じた」「普通じゃありえないコメントだ」「モラルがない」などと騒ぎになっている。(以下略)

中川昭一さんの関連記事
ここで問題にしたいのは、テレビ朝日アナウンサー・吉澤一彦だ。
以前からこの人の無責任な発言にはムカついていた。特に麻生太郎前首相の「カップラーメンの値段が分からない」「漢字が読めない」と執拗に繰り返し取り上げていたのはコイツだった。いちいちイヤミをいい、トゲのある言葉を吐く。それを自分では「鋭い」ことを言っていると思っているという「やくみつるタイプ」の最もタチの悪い人間なのだ。(これがアナウンサーだというのだから始末に負えない) そうでなくてもこの番組、左向き・おバカのコメンテーターが多いので、ほんとに朝から不愉快な気分になる。(石坂啓とか大谷昭宏とか萩谷順とか吉永みち子とかデーブ・スペクターとか)

それにしてもテレ朝を見ていると首を傾げることばかりだ。
なんであれほど「民主党」「小沢一郎」を擁護するのか。
椿事件」の反省など微塵もない、ということか……。

追記 ニコニコ動画でこの動画がUPされていますが、何かスゴイことになっているようで、

ユーチューブで削除されたので余計に火がついている様子。
吉澤一彦、この人の偏りはとにかく結構ヒドイので、過去のものを探せばもっと出てくるはずだ。
それに三反園訓って、小沢一郎の新年会に呼ばれた奴か。
なるほどそういうことか……。

オリンピック代表の国母和宏の服装がどうとか、朝青龍の功労金が高いとかいったことより、死者を冒涜すると言った意味ではこっちの方が「社会的に悪質」で「タチが悪い」と思う。
ほんとテレ朝ってどうにかして……。
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

«  | HOME |  »

カスタム検索




FC2ブログランキング


すみません…、只今コメ返しをしておりません。しかし、しっかりと読んでおります。こんなわがままなサイトですが、気が向いた方は、どうぞ書き込んでください。

FC2ブックマークに追加

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
物語を物語る
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月 --日 (--)
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
物語を物語る
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2010年02月 12日 (金)
  ├ カテゴリー
  |  └ 時事ネタ
  └ 本当にいらない鳩山首相とテレビ朝日アナウンサー・吉澤一彦
by AlphaWolfy

消えた二十二巻

Author:消えた二十二巻


全ての記事を表示する




このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。