スポンサーサイト

物語を物語る

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「安土」の地名を消すな! そして「新田」の地名を再び!

物語を物語る

平成22年2月24日、テレビ朝日の「スーパーモーニング」を見ていたら、「近江八幡市・安土町合併」問題を取り上げていた。
「安土町(あづちちょう)は、滋賀県東部の、琵琶湖東岸に位置する町。日本史の時代区分の一つである安土桃山時代の語源ともなった安土城が建てられた地として知られる。」Wikipediaから。
織田信長ゆかりの地で全国的にも有名だ。
その「安土町」が合併によって、その地名が消えてしまう危機にあるという。
安土 信長の館(安土町にある「信長の館・安土城の天守上部復元」の画像)

こうして歴史的な地名が消えていくことに、私は深い怒りを感じる。
ここで過去記事

「新田」という地名、さてなんと読みますか?

さて、読まれている方の中で、住んでいる場所の近くに「新田」という地名があったら、何と呼ばれていますか?
かなりの確率で「しんでん」と呼ばれているはずです。

あさのあつこ氏の小説「バッテリー」では、主人公が活躍する場所が、岡山県の新田市ということになっています。これは架空の地名で、ここでは「にった」と呼んでいます。

さて「新田」と書かれていれば、大体「にった」と読みますが、地名となるとほとんどが、「しんでん」となります。
検索してみると、「にった」と呼ぶのは千葉県千葉市新田ぐらいで、ほかの宮城県中新田町、愛知県高浜市新田、岩手県盛岡市新田町、山梨県甲府市新田町、山形県東根市新田町、東京都足立区新田、京都府宇治市新田、長野県や新潟県の各地にあるこれらほとんどすべてが「しんでん」とよんでいるんです。
なぜこうなるかは、意味があります。
江戸時代を中心に新田開発が進みそこから、地名を「しんでん」と名付けたというのが多いようです。
しかしそれだけでしょうか。
私の考えでは、「にった」と呼ぶことがためらわれたか、江戸幕府による「新田」の徹底した封印が行われたからではないか、ということです。(あくまでも私個人の仮説であり、詳細は歴史ミステリー小説「東毛奇談」第3章の徳川家康改姓のことで書きました。興味のある方は、のぞいて見て下さい)

そして群馬県新田町です。
ここでは新田と表記して「にった」と呼ばれていました。新田一族の本拠地であり、徳川家発祥地の尾島町は新田郡の中にありました。独立した自治体で「にった」とよばれていたのはここだけだったはずでした。
でもこれらはすべて過去形で言わなければなりません。
その「にった」と呼ばれた町、郡は、太田市に吸収合併される形で、今は消滅してなくなってしまいました。
国の地方自治体合併運動という名の効率主義のために「にった」という地名は消えたのです。800年以上続いた地名も消えるときはあまりもあっけないもので、新田義貞が名もない兵士に討たれて、犬死と評されたくらいの儚さです。
新田一族が守ってきた一族の名を冠した地名が消滅した(合併した)のは平成17年3月のことでした。

一度消えた地名は元には戻らない。
合併しても、○○市××町として地名が残るからいいじゃないかという意見もある。(ここでいえば、近江八幡市の安土町、太田市の新田として)
一見いいように見える。だが、この妥協によって、結局は歴史的価値のある「地名」が消えていったのだ。

先日、新田氏ゆかりの生品神社で新田義貞の銅像が盗まれた。この事件はNHKニュースでも放送されたが、「群馬県太田市にある生品神社で……」となる。決して群馬県旧新田町とはならない。私に言わせれば、これは「新田氏」にかかわる「新田町」のニュースだ。過去記事 
また、斎藤佑樹くんの話題がマスコミで出るとき、「群馬県太田市出身」と紹介される。これだって私に言わせれば「群馬県新田」の出身だろう。なぜなら彼は「新田一族の生まれ変わり」だからだ。関連記事

公共施設の名称も「新田町図書館」が「太田市新田図書館」となり、「新田町役場」は「太田市市役所新田支所」となる。商業施設も「新田店」が「太田西店」となっていく。こうして徐々に徐々に「地名」は失われていくのだ。

これはその地域に住んでいる方々だけの問題ではない。
滋賀県の「安土」の問題も人ごととは思えない。
地元の方々、ここは是非とも踏ん張って「歴史ある地名」を残してください。

そして、「新田市を誕生させる会」発足。いまこそ新田源氏の名を地名に!を再び!

その他の関連記事





スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

«  | HOME |  »

カスタム検索




FC2ブログランキング


すみません…、只今コメ返しをしておりません。しかし、しっかりと読んでおります。こんなわがままなサイトですが、気が向いた方は、どうぞ書き込んでください。

FC2ブックマークに追加

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
物語を物語る
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月 --日 (--)
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
物語を物語る
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2010年02月 24日 (水)
  ├ カテゴリー
  |  └ 歴史ネタ
  └ 「安土」の地名を消すな! そして「新田」の地名を再び!
by AlphaWolfy

消えた二十二巻

Author:消えた二十二巻


全ての記事を表示する




このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。