スポンサーサイト

物語を物語る

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

指導者の資質が本当に問われるのは勝負に「負けた」ときだ! 高校野球の監督の件について思うこと。

物語を物語る

開星の校長、向陽に謝罪=不適切発言で監督処分も-高校野球

 第82回選抜高校野球大会で開星高校(島根)の野々村直通監督が21世紀枠の向陽高校(和歌山)に敗れた直後に不適切な発言をしていた問題で、開星の大多和聡宏校長は23日、和歌山市内の向陽を訪れ、同校の板橋孝志校長に直接謝罪した。
 両校長は面会後に記者会見し、大多和校長は「素晴らしい試合をされたのに勝利に水を差してしまい、応援されている方々にも不快な思いをさせてしまったことに謝罪の意を伝えた」と説明。これに対し、板橋校長は「大変遺憾。21世紀枠で出場できたことに誇りを持っていたので非常に残念だが、すぐにおわびに駆けつけてくれたことは真摯(しんし)に受け止めたい」と応じたという。
 大多和校長は、野々村監督に関し「何らかの処分をしなければならないと思っている。本人によく話を聞いてから考えたい」としている。問題発言の要因については「うちの力が足りなかったことを反省しなければならないが、おごりが空回りして感情的になり、適切な対応ができなかったのではないか」と語った。
 開星は22日、向陽に1-2で敗れ、野々村監督は試合後「21世紀枠に負けたのは末代までの恥です」などと発言。23日午前、甲子園球場内の大会本部を訪れ日本高校野球連盟などに謝罪した。(2010/03/23)
http://www.jiji.com/jc/c?g=spo_30&k=2010032301019から 


もちろん、私はこういう人は嫌いである。
「浅田真央を…?キム・ヨナ爆笑!韓国TV番組で」の一件について。
サッカー日本代表・岡田監督に見る「指揮官」の資格とは
「フットサルでオウンゴール6発、「負けろ」指示」で思うこと。 
にも同じようなことを書いているのでここでは繰り返えしませんが、ほんとに聞くに堪えない話だ。

実は「いい人だ」とか「学校では人気の先生だった」とかいった話も聞くが、ここで問うべきは「人格」のことではなく、人を率いて戦いをする指導者としての資質の問題だろう。
そして、指導者の資質が本当に問われるのは勝負に「負けた」ときだと思う。
敗北の後に指揮者が慌てふためいて「腹を切りたい」などというのは、もっての外で、とてもではないが一軍を率いる将の器ではない。(軽々しく「切腹、腹を切る」という言葉を使ってほしくない。本来の意味が分かっているのかと問い詰めたいところでもある)
いつも思うのが、こういうときにこそ歴史から学んでほしい。
戦国時代の名将と言われる武将たちは「負けた」後、どのように対処したのだろうか。勝負に負けたからといって、相手をなじるようなことは言わず、すべてを投げ出してしまうようなことはしなかったはずだ。そんな大将の下に誰がついていくだろう。今まで連戦連勝だった大将も、勝負に負けたから「末代の恥」「腹を切りたい」などといえばその時点で一気に信頼を失う。

では、「太平記の時代」ではどうであったろうか。
私の尊敬する新田義貞は負けの連続であったが、すべてを投げ出すような真似は決してしなかった。
「北国落ち」する前には再起を誓い、その後何度も敗北を味わったが、一族・家臣や決して多くなかった支援者をよくまとめ、越前において勢力を盛り返した。
足利尊氏も新田軍に大敗を喫し、命からがら「九州落ち」した後には、自軍を立て直して、京都へ捲土重来し勝利した。
自身が滅亡するかもしれない大敗を経験した後で、どうのような言動を行ったか、それが名将と愚将を分ける分岐点とるなのだ。
開星高校の監督は、甲子園出場を何度も果たした名監督だといわれるそうだ。
だが、完全に見くびった相手に敗北したからといって「野球はやめる」など悲嘆に暮れる将は、その器に非ず、つまり一軍を率いる「監督」の名に値しない人ということだ。
こういうのは、決して「勝負ごと」に限らないことだろう。「会社」や「組織」、「政治」「社会」においても相通じることだ。

どうでもいいような今回の高校野球監督の件でも、こういったことを学べるということだろう。



スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

«  | HOME |  »

カスタム検索




FC2ブログランキング


すみません…、只今コメ返しをしておりません。しかし、しっかりと読んでおります。こんなわがままなサイトですが、気が向いた方は、どうぞ書き込んでください。

FC2ブックマークに追加

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
物語を物語る
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月 --日 (--)
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
物語を物語る
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2010年03月 24日 (水)
  ├ カテゴリー
  |  └ 時事ネタ
  └ 指導者の資質が本当に問われるのは勝負に「負けた」ときだ! 高校野球の監督の件について思うこと。
by AlphaWolfy

消えた二十二巻

Author:消えた二十二巻


全ての記事を表示する




このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。