スポンサーサイト

物語を物語る

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

技術力が高く世界的に有名な日本の企業が、中国企業に買収された! 群馬県太田市から

物語を物語る

日経新聞から

中国企業による日本企業のM&A(合併・買収)が本格化してきた。買収を足がかりにほかの企業と提携する動きもある。世界同時不況からいち早く抜け出した経済力を背景に、技術やブランドを求めて日本企業に触手を伸ばしている。

中国の波が群馬県太田市にまで……。
日本経済新聞、平成22年3月27日付けから

中国の大手自動車メーカー、比亜迪(BYD、広東省)は、日本の金型大手オギハラ群馬県太田市)の工場を4月に買収する。自動車の車体を複雑に成型できる高い技術と技能を取り込み、中国で生産する車種に活用する。中国の製造業は技術やブランドを持つ先進国の企業を買収する動きを本格化させており、同様の動きは日本でもさらに広がりそうだ
<中略>
従来金型も自社生産してきたがデザイン性と剛性が必要な車体用は特に難しく、複雑な曲面を多用する日本や欧米勢の車種とは商品力には差があった。このため、取引があったオギハラに工場買収を打診。設備過剰を解消したいオギハラも合意した。
 買収後は館林工場で高精度の金型をつくって中国に持ち込み、量産ラインで使う。中国人社員を派遣し、オギハラのベテラン技能者からの技術継承も目指す。金型技術を磨くことで、輸出も視野に入れた品質と競争力の向上を図る。
 オギハラはものづくりの基盤となる金型の技術の高さで知られ、国内外の大手メーカーに自動車用の製品を供給してきた。ただ円高と内需低迷などで1990年代半ばから業績が悪化。09年3月期の単独売上高は約225億円、最終損失が19億円と3期連続の赤字となった。
 この間、02年には米投資ファンドのリップルウッドによる買収計画が表面化。03年に大和証券SMBCグループが筆頭株主となり、09年にタイの自動車部品大手、タイサミットの傘下に入った。館林工場の売却で国内生産能力を2割程度削減し、収益力を立て直す。
 中国の製造業は技術力強化などを狙って先進国の企業や事業部門の買収に積極的。事例が少なかった日本でも、今年2月に部品メーカーの寧波韻昇(浙江省)が旧いすゞ自動車系の電装品メーカー、日興電機工業(神奈川県秦野市)を買収するなど次第に活発になっている。


オギハラといえば、「自動車用プレス金型」で有名な企業あり、そのホームページには「国内はもとより世界の名だたる自動車メーカーのほぼすべてにお取引きをいただいております。」とあるように高い技術力を有していた。
それが、自動車を中心にした産業の集積地であり、北関東工業製品出荷額第一位の都市である群馬県太田市にあったのだ。
地元民にしてみれば、こんな世界的に有名な企業があることが誇らしくもあった。
それが、中国の企業に買収されていく。これは実に象徴的事件だといってよい。
他に

中国の自動車部品メーカー、寧波韻昇(浙江省)は自動車部品メーカーの日興電機工業(神奈川県秦野市)を買収する。2010年1月末をメドに大和証券グループなどから発行済み株式の79・1%を買い取る。中国は今年にも世界最大の自動車市場になることが確実。海外企業を買収して技術や販路を取り込む動きが始まっており、その波が日本にも及んできた。

といった記事も日経にあった。日本で蓄積されてきた技術力や生産性や高い品質は、こうやって中国に流出していくのだろう。
ますます中国への警戒感は募るばかりだ。
日本vs中国4
関連記事
最近の中国の動き


スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

«  | HOME |  »

カスタム検索




FC2ブログランキング


すみません…、只今コメ返しをしておりません。しかし、しっかりと読んでおります。こんなわがままなサイトですが、気が向いた方は、どうぞ書き込んでください。

FC2ブックマークに追加

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
物語を物語る
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月 --日 (--)
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
物語を物語る
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2010年03月 28日 (日)
  ├ カテゴリー
  |  └ 時事ネタ
  └ 技術力が高く世界的に有名な日本の企業が、中国企業に買収された! 群馬県太田市から
by AlphaWolfy

消えた二十二巻

Author:消えた二十二巻


全ての記事を表示する




このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。