スポンサーサイト

物語を物語る

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「保守の結集」だったはずが、結果的に「保守の分散」になっている。これを見て喜んでいるのは誰かを考えなばならない

物語を物語る

<新党>「たちあがれ日本」多難な船出…10日発足
4月8日 毎日新聞
 自民党の中川義雄参院議員(72)は7日、党本部で大島理森幹事長に離党届を提出し、与謝野馨元財務相(71)や平沼赳夫元経済産業相(70)らが結成する新党「たちあがれ日本」への参加を表明した。新党は政党要件を満たす国会議員5人を確保し10日に発足するが、期待した自民党中堅・若手議員に賛同者は広がらず、多難な船出となりそうだ。

平沼赳夫が立ちあげる新党に保守層は期待していたはずだった。
これが新しい政界再編の呼び水となる、とも思っていた。
「保守」という旗頭のもとに、国を憂うる自民党議員や反小沢の民主党議員らが党の割って出て、新しい「真正保守」党が出来る。そんなことを熱望していた。
たとえそれが最初は小さな「蠢動」でもよかった。そんな憂国の士が雪崩を打って集結し「保守の新党」を作り、それがやがて大きな潮流になるとまで夢想していた。
そう思い描いていた右派、保守派は多かったはずだ。
いまの政治の流れを変えるのは「保守の新党」だ、そんな思いを「平沼新党」に託していた。
だが現状はどうだ。
平沼氏がいざ事を起こしても、他の保守を名乗る議員が静観するのみで、全く動かず。
マスコミは中立を称しながらも「改憲」を唱える新党は叩く。自称文化人コメンテーターや自称知識人政治評論家らは己は達観したようなつもりで、冷笑し罵声を浴びせる。
ネットウヨクも反応が悪い。
いまは「新党の名前は何なんだ」とか「高齢者ばかりだ」とか「与謝野と平沼では政策が違い過ぎる」とかマスコミと同調してどうする。

今のこの流れは、最悪の展開だ。
「保守の結集」だったはずが、結果的に「保守の分散」になっている。
これを見て喜ぶのは小沢一郎だろうが。
マスコミがなぜこの新党を必要以上に叩くのかを考えなければならない。
この話題によって「民主党」の失態・失策が吹っ飛んでいるではないか。
マスコミが一斉に叩くときは、そこに何らかの思惑がある。
そこを考慮しないと……。

では、第三極として受け皿となっている「みんなの党」はどうだろうか。
夏の参院選後に勢力を伸ばしたら、キャスティングボードを握って民主党とくっ付くのではないか、という話がすでに出ているが、これは可能性がかなり高い。
少数でありながら与党内で小うるさい国民新党・社民党を切って、みんなの党と民主党が手を結ぶ。
小沢一郎はすでに動いている、という話だ。
たとえ民主党が数を減らしても「みんなの党」が数を増やせば同じこと。どちらにしても小沢一郎の思惑通りになるということだ。
反民主党に投票しても、実質的には民主党のものになる。どうもそんな展開になりそうだ。
だからマスコミが「みんなの党」を必要以上に持ち上げている。

では、伝統・歴史を守るをスローガンにしている自民党はどうだろうか。

三原じゅん子氏擁立へ 参院選で小沢氏に対抗
 自民党は7日、夏の参院選比例代表に女優の三原じゅん子氏(45)を擁立する方針を固めた。月内にも公認決定し、民主党の小沢一郎幹事長による「小沢ガールズ」に対抗する「自民女子作戦」の目玉候補として当選を期す。
 同党は支持団体離れで比例代表の候補者選びが難航。「新しい自民党」を印象付ける狙いもあり、外部の女性候補発掘に努めてきた。2010/04/07 17:38 【共同通信】

バカ過ぎて、唖然とするばかり。そして、ヘアヌ-ド写真集を出版したこともある元女優の「田島みわ」なる人物を参院選の比例代表候補にするという。
もう首を傾げるばかりだ。もう日本にはこんな人物しかいないのかと思うと、嘆かわしくなる。
これは政策以前の問題であり、自民党は末期症状ではなく、すでに終わっている。

それに「自衛隊も原発」も認める社民党は、それを容認したらこの党の存在価値がない。「サヨク」の看板は掲げているが、理念もない社民党は死んでいる。(別にいらないけど)
国民新党は亀井静香ただ一人、閣外に追い出せば「犬の遠吠え」状態になるだけ。(選挙後は用なし、と民主党は思っているはず) 公明党はすでに親民主・親小沢だという。

どう転んでも、民主党つまり小沢一郎が描いた通りになる。
ということは、外国人参政権は、夫婦別姓はどうなる。中国・韓国の謝罪外交、皇室軽視、沖縄問題……は。

これを阻止できる保守を掲げる政党はいつできるのだ!

いま、大きな流れの中の過渡期にある。変な名称の高齢者の新党が出来たなんて騒いでいても仕方ない。
実際には、参院選後の動きを見なければ分からないのだ。
大きな政界再編が起こるのは選挙後だろう……。


追記 いろいろな方が様々な意見を発言するのは構わないが、ただ、東国原英夫だけは許さない。
「敬老会みたい。“囲碁を指して終わり”みたいな」と言ったそうな。
お前が言うな。何度も言うが、いまの小沢・民主の独裁政権を許している一因を作ったのは、お前だ。絶対に許さん。
お前の仕事は何だ。「さんま御殿」や「ダウンタウンDX」に出て、「オールスター感謝祭」でTBSの周りでも走り回っていろ。ほんと、虫唾が走る。芸能人(私の中では、彼は政治家ではない三流タレントだ。)を見て「殺意」を覚えるはコイツだけだ。
過去記事
ということで、この記事は「嘆き」に始まり「口悪い怒号」に終わる。
いまの心境を表しています。
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

«  | HOME |  »

カスタム検索




FC2ブログランキング


すみません…、只今コメ返しをしておりません。しかし、しっかりと読んでおります。こんなわがままなサイトですが、気が向いた方は、どうぞ書き込んでください。

FC2ブックマークに追加

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
物語を物語る
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月 --日 (--)
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
物語を物語る
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2010年04月 08日 (木)
  ├ カテゴリー
  |  └ 時事ネタ
  └ 「保守の結集」だったはずが、結果的に「保守の分散」になっている。これを見て喜んでいるのは誰かを考えなばならない
by AlphaWolfy

消えた二十二巻

Author:消えた二十二巻


全ての記事を表示する




このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。