スポンサーサイト

物語を物語る

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「日本文化」を売り込むことが閉塞感の打開策になるのでは……。

物語を物語る

「世界に良い影響」日本2位…BBC・読売調査
 読売新聞社と英BBC放送が共同実施した33か国対象の世論調査によると、「日本は世界に良い影響を与えている」という評価は53%で、「悪い影響を与えている」の21%を上回った。
 国際社会に影響を及ぼす17か国・国際機関についての評価を聞き、「良い影響」は、ドイツの59%が最も高く、日本は欧州連合(EU)と並んで2番目だった。
 日本は約1年前の前回調査ではドイツ、英国、カナダに続く4番目の56%で、引き続き高く評価された。
 「悪い影響」はイラン56%、パキスタン51%、イスラエル50%――などの順だった。北朝鮮は「悪い影響」48%が「良い影響」17%を大きく上回った。
 米国の評価は「良い影響46%―悪い影響34%」だった。「良い影響」はブッシュ前政権からオバマ政権への移行期に当たった前回の40%から改善され、初めて「悪い影響」を上回った。中国は「良い影響」41%と「悪い影響」38%が拮抗(きっこう)した。

2010年4月19日 読売新聞 http://www.yomiuri.co.jp/feature/20080116-907457/news/20100418-OYT1T00861.htm
日本が世界に好印象を与えているのは、「日本文化」にあると思う。
経済力や政治力だけが世界を動かしているわけではないのだ。
ただその日本国内はどうだろうか。
「閉塞感」「悲観論」「日本丸は沈没」……、そんな論説ばかり聞かされる。
自分で自分の首を絞めているような状態ではないのか。

そんな中、読んだいい記事。
平成22年4月14日  読売新聞から
論点「海外にニッポン広めよ  日本政府「富国強芸」の時」
ロジャー・パルバース(東工大・世界文明センター長。映画「戦場のメリークリスマス」助監督。)

ロサンゼルスから初めて東京へ来た1697年9月、羽田空港に降り立った私には、この国について何の知識もなかった。
見た日本映画は2本だけ。まず「ゴジラ」――それも英語吹き替え版だったので、アメリカ映画とばかり思っていた。次が「砂の女」。64年に映画を見たときは知る由もないが、20年後、その私が主演女優だった岸田今日子さんを東京の舞台で演出する立場になる。
日本の小説で読んだものは一冊もなし。この国の有名人はだれか、大阪がどこにあるかさえ知らなかった。
こんなことを書くのは、当時、いかに自分が恥ずかしいほど日本について無知だったかを白状するためだけではない。50~60年代の米国で日本文化のみじめな存在感を説明したかったのだ。
あれから状況は一変した。それも米国にとどまらない。世界中で日本製の車や電気製品が求められた。米国や豪州、欧州で若者に好きな食べ物を尋ねれば、ハンバーガーではなく、すしと答えるだろう。アジア諸国でカラオケは大人気。90年代以降、日本語を学ぶ外国人学生の主たる動機とは、日本の古典を学ぶためでも、日本ビジネス手法を取得するためでもなく、マンガを“原書”で読めるようになりたいためである。
しかし何かが失われつつある。ここで触れたいのは過去10年~30年間に世界を席巻した出来事であり、いま海外における日本文化の影響力は、奇妙にも引き潮期にある。理由は明らかである。日本政府の文化に対するかかわり方が、無残なまでに消極的なためだ。中国と韓国が世界中で自国の言語と文化の普及や伝播に巨費を投じているというのに日本は財布のひもを締め、文化予算を削減する。
悪いことに、日本国民も今日、“カタツムリ”になったかのようだ。不況の粗塩を浴びせられ、殻に引きこもり、どこに向かっているのかわからないまま、のそのそ前へ進むだけで事足れりとしている。
戦後、一貫して信じられてきた通念らしきものがある。外国人にとって日本語は習得が難しく、あいまいで不可解な言語というものだ。この通念は根本的に誤っている。実際は外国人にとって話し言葉の日本語は、たとえば英語よりもはるかにやさしい。漢字の学習は大変だが、世界中で孔子学院を増設している中国がその難しさを言い立てているだろうか。
140年前、明治政府は水戸藩から採用した「富国強兵」という新国策の柱を宣言した。軍事力を強化し、殖産に励んで繁栄を目指す、と。ならば、私は2010年代の平成新政府も新スローガンに「富国強兵」を標榜すべきだといいたい。日本文化と芸術に強く関与し、世界中で日本語普及に努力して新たな国の繁栄を期す、と。
日本政府が自国の文化と日本語の海外普及にかける予算を増やさないのであれば、カタツムリたちをますます安全でちっぽけな殻に引きこもらせてしまうだろう。
今日の若者には、かつての私のように、日本文化をまったく知らずに来てほしくない。豊かな文化を知れば知るほど、この国が好きになる。外国の若者の興奮が刺激となり、日本人自身が自国の文化と言葉に関心を高め、世界にとっての大切さにもっと目を開いていくと思う。

その通りだと思う。過去記事では、「日本」「文化」「科学技術」、そして「亡国への道」で似たような記事を載せてあります。

これに関連した本。
伊藤洋一「上品で美しい国家」上品で美しい国家―日本人の伝統と美意識日下公人・伊藤洋一共著(ビジネス社刊)
伊藤洋一の本では過去に「日本力。」を紹介しました。
過去記事
『上品で美しい国家―日本人の伝統と美意識』では、「グローバル化で日本文化が広まる」「宗教の枠を超える日本文化の汎用性」などという言葉が並び日本の文化の特異性が世界で優位に働いているといったことが書かれている。
少し引いておきます。

日本を考えるなら本当の意味での国際比較をやってみれいい。日本人のみんなが大好きなGNPの計算を例にとると、「デザイン収入」「著作権収入」「特許権収入」などのインテレチャルパティーズ(知的財産権)の競争で黒字の国ですが、これは昔は、アメリカ、イギリス、フランスくらいしかありませんでした。
日本にはかねてから貿易黒字があり、さらに投融資による資本黒字もあります(利息・配当収入など)。これは父・母世代のおかげで、IPの黒字は今の若い人たちの働きです。
「文化をやっていると脆弱になり、将来、経済力が落ちる」といいますが、これは中進国の議論です。もっと貯金して、設備投資をして、最新鋭設備にしろというのは昔の生産経済学です。
日本の経済学者に聞きたいのですが、貿易収支が黒字ということは、これは働き者の証拠です。また資本収支のプラスは金持ちの証拠です。政府の外貨準備高は2位になりましたが、民間も含めれば貯蓄は圧倒的に日本が一位で、世界最大の債権国です。そのうえIP貿易が黒字とは頭が良くてセンスも抜群ということです。
今の日本人は、働き者で、頭がよくて“貯金”がある。日本は世界の一流品を全部つくれるし、全部それを消費しています。表参道には世界中からいろんな人が買い物に来ます。日本がなぜそうなれたのかというと、それはやはり1400年の歴史と教育と日本人の美意識があるからです。

ここだけ引いてもまあまりピンと来ないでしょうが、こういったポジティブ思考が今必要ではないのかということです。

そんな中、あるとき見たテレビ番組でこんなのがあった。(TBSテレビ「オレたち!クイズマン」)
「外国人が購入する電化製品ベスト5」(ビックカメラ調べ)というもの。
これの順位が興味深い。(「」内は番組のナレーション)
5位 炊飯器。「おいしい白米にあこがれて日本に来る外国人も多い。お米の国の日本だからこそ最先端技術を駆使して炊いたご飯は世界も認める極上の味」
4位 血圧計。 「自分のためではなく両親のために買っていく人が多い。日本製の血圧計をプレゼントすることは最大の親孝行として重宝されている」
3位 携帯ゲーム機。「世界90%のシェア」
2位 デジタルカメラ。 「日本製は世界出荷額80%以上。売れ筋は32カ国に対応したカメラ。どの国でも安心して使える。」
1位 イヤホン。 「デザイン・性能がよく、値段が安く大量に買う人が多い」

一見、意外なものが並んでいるが、一つ一つ見てみると「日本独自の文化」がよく生かされていて、それが外国人の評価が高かった(つまり売れている)というのが分かる。
炊飯器なんて「日本文化」そのものだろう。米を主食とする「日本文化」が外国で広まっているという証拠ではないだろうか。海外での「スシ」がブームもその一因だろう。これによって、美味いスシには「美味いご飯」が必要となってくるわけだから、日本の高品質のコメも需要があるのではないかとか、炊飯器が売れるならご飯の関連品は…などという発想も生まれてくるのはないのか。
血圧計にしても、日本の高齢化や健康ブームという要因あり、そこに商品への需要が生まれ、各社の競争・努力によって高性能化していった結果がある。これによって「日本製」が評価されるわけだ。
ニンテンドウDS・PlayStationなどの携帯ゲーム機にしても、そこに面白いケームソフトがなければ外国人がこぞって買い求めることなどない。そのソフト制作にはオタク・マンガのように「日本文化」が受け継がれているのだ。
関連記事「アニメ・マンガ」で「文化防衛論」
また、デジタルカメラにはそこには元々あった日本のカメラ技術が継承されているわけだし、イヤホンの高品質化はSONYウォークマンから始まったものである。

こういうのを見ると、やはり日本再生のカギは「日本文化」を高めることにあるような気がしてならない。
ただ価格競争や技術競争では、中国・韓国に負けるだけだろうし、人口の多い中国にGNPでに抜かれた、といって嘆いてばかりではあまりにも進歩がない。
悲観論ばかりが先行している現状において、この打開策は、他とは真似のできない価値観を生んでいる「日本文化」を売り込むことにあるのではないだろうか。
その視点に立てば、世の中の流れも変わると思う。
もう一度、今年初めに宝島社が出した新聞全面広告「明日に向かって跳ぶ」を読むと、そんな思いになる。
スポンサーサイト

Comment

[227] 参考になる。
外貨ですね。
[228]
この本かってみたい。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

«  | HOME |  »

カスタム検索




FC2ブログランキング


すみません…、只今コメ返しをしておりません。しかし、しっかりと読んでおります。こんなわがままなサイトですが、気が向いた方は、どうぞ書き込んでください。

FC2ブックマークに追加

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
物語を物語る
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月 --日 (--)
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
物語を物語る
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2010年04月 20日 (火)
  ├ カテゴリー
  |  └ 日本文化
  └ 「日本文化」を売り込むことが閉塞感の打開策になるのでは……。
by AlphaWolfy

消えた二十二巻

Author:消えた二十二巻


全ての記事を表示する




このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。