スポンサーサイト

物語を物語る

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まとまらない。またしても逃げの記事

物語を物語る

またしても時間がない。毎日更新を目標にしているのに、今日という日はあと1時間しかない。

新田次郎氏の話の3回目、斎藤佑樹くんとの関係で書き進めていたが、
どうにもまとまらない。

こうして、あーして、あれも入れてとして行くうちに、どんどん論旨が別の方向になってどうにも締まらない内容に……。

別に誰に頼まれて書いているわけでも、特定の読者がいるわけでもないのに、
書き続けている状況は、自分でもオカシイと思っている。
自分を追いつめているだけで、「ブログを書くという行為」の本来持っている楽しみを見失っているのかもしれない。
別に夕飯に食べたおかずが旨かったとか、遊びに行った先で誰かがコケタだの、上司や職場の悪口でも、テレビのネタでも何でもいいはずだ。
それでも、文章の上手い人が書けば、十分面白い内容になるんですから。

昔は、上手い文章を書く人を見掛かると感心したものだが、最近は、羨むというより、妬みに似た心境になる。
映画「アマデウス」のサリエリ並みに、人の才能に嫉妬するようになってしまった。

おー欲しいのは、筆力。

読むように書けたら、こんなに苦悩することもないのに!


今、悪魔が出てきて、魂と筆力を交換しよう、といったら、進んで悪魔の要求を受け入れるだろう。

いや、「今この商材を買えば、寝ている内に、筆力がアップするでしょう」というメルマガでも来たら、即刻銀行へ行って金を振り込むかもしれない。

うおー、今自分は自民党並に、崖っぷちにたたされているぞー







スポンサーサイト

Comment

[21]
プレッシャーかけるわけじゃありませんが、私、「特定の読者」になりつつあります(笑
まぁ焦らずにお願いします。前の2回は面白かったですよ。
新田次郎氏の「新田義貞」は名作ですよね。好きな作家です。藤原正彦さんも好きです。親子だと知ったのは、だいぶ後でしたが。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

«  | HOME |  »

カスタム検索




FC2ブログランキング


すみません…、只今コメ返しをしておりません。しかし、しっかりと読んでおります。こんなわがままなサイトですが、気が向いた方は、どうぞ書き込んでください。

FC2ブックマークに追加

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
物語を物語る
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月 --日 (--)
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
物語を物語る
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2007年07月 29日 (日)
  ├ カテゴリー
  |  └ 未分類
  └ まとまらない。またしても逃げの記事
by AlphaWolfy

消えた二十二巻

Author:消えた二十二巻


全ての記事を表示する




このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。