スポンサーサイト

物語を物語る

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

田中真紀子、小泉純一郎、超絶のトーク

物語を物語る

参議院選挙が終わり、ワイドショーも政治ネタで盛り上がってますね。
丸川珠代だの、さくらパパだの、田中康夫だのがテレビに出てますね。
でもやっぱり、面白いのは、田中真紀子小泉純一郎の講演会でのトークですね。
凄い、超絶、面白すぎ、その話芸は、きみまろ以上ですな。
そこで、どこがどう面白いのか、観察してみた。
まず、田中真紀子。
彼女の場合、まず、毒を吐くところから、話が入ります。
「安部首相、何が美しい日本ですか、どこが」とか、いって、何言ってんだと、聞いている人の気持ちを引きつける。これは「つかみ」でしょう。
「安部首相のどこがいいですか」と畳みかける。ここでは悪口を列挙する。聞いている相手に考える隙間を与えないほどどんどん言うんですよ。
そして「首相は背が高いって、なにうちの父さんと同じだよ」っていう感じで、必ずオチを用意しているんです。(言っている本人にそのつもりがないとしたら、それはそれで、凄いこと)
だから、悪口、批判、非難を言い続けても、最後のオチで、彼女の嫌な部分は帳消し。聞いていて、後味がいい。それでいて、言いたいことは伝わっている。

おー絶品。

一方、小泉氏はというと、必ず「~ですか」と質問系で入る。これで、聞いている人を引き込む。そして、田中氏と違い、結構、行間がある。隙間があって、聞いている相手に考える隙を与えている。でもその間にところどころ本音を入れてくる。そして田中氏と同じように、オチを用意する。でも、小泉氏の場合は、同調を求めるんですよ。「~ではないですか、ねっ」と。聞いている人は彼のペースに乗せられて、あーそうですね、と否定できない状況に持っていくんです。それに、小泉氏は「みなさん」という単語をよく使う。これは、呼びかけ同調を求めるのに最適かも。
やはり、絶妙ですね。

そして2人に共通するのは、笑顔ですよ。結構怒っているときでも、白熱した議論のときでも、ここぞといったときにニッと笑顔を見せる。または、相手を笑顔に持っていかせる。すごいテクですよ。

勉強なるなー。講演会で演説するときに役に立つなー。
でもこのテクニック使うところがないねー。
講演を頼まれることもないから。
まあー、芸人になりたい人は、こんなところから学んでもいいかも。
人の気持ちをトークで掴むという意味では同じだから。

スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

«  | HOME |  »

カスタム検索




FC2ブログランキング


すみません…、只今コメ返しをしておりません。しかし、しっかりと読んでおります。こんなわがままなサイトですが、気が向いた方は、どうぞ書き込んでください。

FC2ブックマークに追加

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
物語を物語る
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月 --日 (--)
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
物語を物語る
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2007年07月 31日 (火)
  ├ カテゴリー
  |  └ 時事ネタ
  └ 田中真紀子、小泉純一郎、超絶のトーク
by AlphaWolfy

消えた二十二巻

Author:消えた二十二巻


全ての記事を表示する




このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。