スポンサーサイト

物語を物語る

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「けいおん」で「アニメ・マンガで文化防衛論」を説いてもあまり分かってもらえなかったけど、めげません

物語を物語る

「新田市を誕生させる会」、こちらの会合を先日行いました。
ただこれが、本題そっちのけで、おっさんが集まって駄話をするという会合です。
三船敏郎はネコバスだ」とか「小沢一郎を成敗する」とかいった話を延々とするというもの。
で、今回は、「アニメは日本文化か?」ということで、私がひたすら「アニメ・マンガで文化防衛論」を説くというもでした。
そこでお題にしたのが前回書いた「けいおん」。
「けいおん」も「AKB48」も同類だと思っているような他のおっさんたちに、「これは少女の成長物語だ」「けいおんの中にみる日本文化」とか、果ては「むぎちゃんが…」「あずにゃんが…」と私が説明するという何とも傍から見たらとても気持ち悪い状態になってしまいました。

私にとっては、アニメやマンガの中に登場する、「神社・仏閣」や「米やおにぎりや弁当」や日本的挨拶「お辞儀」や「いただきます」といった些細なことまで気になって仕方がない。
(例えば「けいおん」の主人公・唯の自宅の隣は神社。左端に鳥居が見える。考えてみると変な構図だ。この神社は物語に何の関係もないが、何度も何度も出てくる。)
「けいおん」 神社
こういうところが大事。
なぜかといえば、そんな日本人が何気なく普段接していることが、他国からみればそれは「日本独自の文化」だとということになるからだ。
いまは動画サイトで「日本のアニメ」は世界各地で見られ、影響を与え、愛されている。(英語やポルトガル語、中国語の字幕や吹き替え版まである)
つまり、日本文化を世界に配信していることになる。
これは、実は思っている以上にすごいことなのだ。
「文化力を高めることが、その国(民族)を守ることになる」ということを信じて疑わない(極論すれば、三島由紀夫や福沢諭吉や新井白石はこんなことが言いたかったと思う。)ので、最近はこんな記事が増えました。
カテゴリー「日本文化」で。

とそんな感じで、口角に泡を飛ばして熱弁しましたが、あまり支持されませんでした……。
まあいいんですけど……。分かってくれる人が少しでもいてくれれば……。

ただ、みんな「政治好き」なので、「日米同盟は織田信長政権下の徳川家康に似ている。ならばそこから得られる教訓もあるはずだ。」の記事は少々褒めてもらいました。

またぼちぼち更新していきます。
ただ、今月は1回しか更新していないのに、アクセス数は伸びているという事実。
これってやはり「けいおん」の記事によるものだろう。
こういうネタもたまには入れていきます。(「物語を物語る」というサイト名でもあるように、もともとそういうサイトのはずだったので…。)



スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

«  | HOME |  »

カスタム検索




FC2ブログランキング


すみません…、只今コメ返しをしておりません。しかし、しっかりと読んでおります。こんなわがままなサイトですが、気が向いた方は、どうぞ書き込んでください。

FC2ブックマークに追加

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
物語を物語る
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月 --日 (--)
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
物語を物語る
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2010年08月 20日 (金)
  ├ カテゴリー
  |  └ 日本文化
  └ 「けいおん」で「アニメ・マンガで文化防衛論」を説いてもあまり分かってもらえなかったけど、めげません
by AlphaWolfy

消えた二十二巻

Author:消えた二十二巻


全ての記事を表示する




このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。