スポンサーサイト

物語を物語る

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何でも「カネ」を基準にしてモノを考えると道を誤る。

物語を物語る

馬鹿な記事を読んだ。
http://news.livedoor.com/comment/list/4999835/から。

結婚より「愛人」の方が合理的? 19歳女性に「月3,4回、15万円支給」
結婚するより愛人を持つ方が合理的――42歳の独身男性が書いたそんなブログがネットで話題になっている。この男性の愛人はアイドルグループ「AKB48」風の19歳の女性で、月15万円の手当は「安い」と考えている。そして、「結婚するメリットは大きい」とする公認会計士で経済評論家の勝間和代さん(42)に異論を投げ掛けている。
話題のブログは「はてな匿名ダイアリー」の2010年8月31日付けに掲載。タイトルは「愛人を作った」。結婚したものの12年前に離婚し子供はいない。年収は650万円で安アパート暮らし。酒も煙草もギャンブルもやらない。そして今年の春先に無性に寂しくなってしまい、なぜか、結婚、彼女ではなく「愛人が欲しい」と思ったのだという。
勝間和代は結婚の合理性を述べているが・・・・

この男性のブログによれば、愛人が出来て3ヵ月が経過。愛人はサイトで募集し、35歳の人妻から16歳の高校生まで応募があり、数人と面接した。愛人にするために提示した条件は月に3、4回会い月に15万円を支給。女性が愛人の間は彼氏を作らない、女性の部屋に泊まることができる、などを条件にした。男性は妻がいることにし、安アパートということもあり自分の部屋には愛人を招かないことにした。
愛人を作った感想は「ほんとに若い愛人はいい!」。たいしたことのないウンチクを語っても超感動してくれ、さほど高くなくともご馳走すればすごく喜んでくれるなど新鮮な感覚が味わえ
「これで年間180万円、これが安いか高いか?私は安いと感じる、むしろ、この程度で彼女を拘束していいのかとさえ感じる」と書いている。そして、勝間和代さんは結婚の経済的合理性を述べているが、どう考えても愛人を作ったほうが経済的合理性を感じる、というのだ。
勝間さんの結婚に対する考え方とは、週刊マンガ誌「モーニング」に09年に連載された「勝間和代の『誰でも出来る』日本支配計画」の第36回「結婚のすすめ (1)35歳独身限界説」に登場する。ここには、結婚は人間を大きく成長させ、家庭内外の経済的な生産性も上がるなどと書かれている。
「見合いして挙式して半年で別れるより安いことは確か」
男性は、結婚しても毎日セックスしたいわけじゃないし、一人になりたいこともある。一人でいて寂しくなることもあり、そんなこんなで愛人の存在の方が合理的だとし、
「もちろん恋人でもいいけど、若い愛人は本当に生活に張りを与えてくれる事がわかった」
と書き、暫くは若い愛人のいる今の生活を続けたい、と綴った。
このブロブには233のブックマークが付いていて、
「見合いして挙式して半年で別れるより安いことは確か」
「それもひとつのライフスタイルだよなあ、と正直思う。ただ愛人さんに本気で惚れそうで心配」
「月15万円の予算があると仮定するならもっと様々なアイデアが頭を駆け巡る」
などの感想が出ている。

何でも金銭やコストに換算していけば、こう言ったバカげた話になる。「結婚」は「性生活」だけではないし、まして「合理性」や「生産性の向上」などといったものと最もそぐわないものである。
愛人作った話を偉そうに自分のブログに載せて、それを正当化するために流行りの似非評論家の話に色を付けてみました、ぐらいの下らない話だ。
若い女と楽しくやっているというだけのバカな奴の戯言で、それ以上でもそれ以下でもない。
だが、問題なのは、これに同調する人間が結構多いということだろう。
日本の社会性が崩壊している、というのがこんな下らない話でも窺われて、嘆かわしくなる。
何もかもカネを基準にしていくと、人間らしい情の部分は失われていく。
もともと、「愛情」や「友情」や「人情」なんて感情をカネに換算することなどできないのだから。
(ホリエモンが「愛もカネで買える」と言って、もてはやされた頃から、世の中はおかしくなってしまったのだろうか)
そうやって世の中のことをなんでも金銭に換算していけば、「親が死んでも葬式も出さず、年金もらったほうが得だ」という風潮が生まれてくるのだ。

だいたい勝間和代も「結婚の合理性」ってなに? 皇室さえもコスト計算してしまう愚者だから、自分で自分の首を絞めているのだ。
過去記事
勝間和代の「皇室はコスト問題」発言にモノ申す。
「うの」と「カツマー」と「清貧の思想」
渡辺千賀の「日本はもう立ち直れない」と忌野清志郎と小室哲哉など。
こういう自信過剰な経済評論家や経済アナリストが増えて、自分の愚かしい考えを広めて、世の中を悪くしている。
それに、何となくこのアホ男の記事を読んでいて、社会や家庭といったものを壊すことを喜んでいる社会学者もこんなことを言っていたのを思い出した。(宮台真司、上野千鶴子など)
ほんとこういう学者や評論家やコメンテーターはもういらない。こんなのが世の中に跋扈して、日本を悪い方向に導いている。マスコミも取り上げるなよ。

一年前に衆議院選挙で、民主党が勝って政権交代が起こればこれだけ家計はお得だ、なんてマスコミ報道を見たが今は、どうだろうか。(過去記事)
「家計が潤う」なんて話はどこかに吹っ飛んでしまい、それどころか、日本経済は一層悪化しているじゃないか。
それに外交、内政、売国政策、どれをとってもいいところがない。
何でも、金銭、コスト基準でものを選択してくと、道を誤ってしまうのだ。

三島由紀夫が予言した通り、「無機質な、からっぽな、ニュートラルな、中間色の、富裕な、抜目がない、或る経済的大国が極東の一角に残るであろう。」という日本になったのだ。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

[262] なるほど
なるほど

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

«  | HOME |  »

カスタム検索




FC2ブログランキング


すみません…、只今コメ返しをしておりません。しかし、しっかりと読んでおります。こんなわがままなサイトですが、気が向いた方は、どうぞ書き込んでください。

FC2ブックマークに追加

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
物語を物語る
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月 --日 (--)
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
物語を物語る
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2010年09月 10日 (金)
  ├ カテゴリー
  |  └ 時事ネタ
  └ 何でも「カネ」を基準にしてモノを考えると道を誤る。
by AlphaWolfy

消えた二十二巻

Author:消えた二十二巻


全ての記事を表示する




このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。