スポンサーサイト

物語を物語る

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「やむにやまれぬ大和魂」 sengoku 38は現代の吉田松陰だ。そして「日本の中国への属国化は今に始まったことではない」という官房長官。

物語を物語る

かくすればかくなるものと知りながらやむにやまれぬ大和魂」吉田松陰

吉田松陰の安政元年(一八五四)、わずか二十五歳の時の歌である。江戸獄中より郷里の兄杉梅太郎に宛てた手紙に記されていたという。同年三月、伊豆下田にてアメリカ艦船に乗り込んで渡米せんとする計画が失敗して捕らえられ、江戸へ護送される途中の四月十五日に、高輪泉岳寺前を通過した時、赤穂義士に手向けた歌である。
 松陰が國法に触れることは分かっていても、國家を思うやむにやまれぬ思いで米艦に乗ろうとしたことと、赤穂義士が、吉良上野之助義央を討てば、自分たちも死を賜ることは分かっていたが、やむにやまれぬ思いで吉良を討ったこととは相似であり、それが「大和魂」なのである。松陰は赤穂義士に心底から共感したのである。

(四宮正貴の「やまとうたのこころ」から)
吉田松陰は、外国からの脅威に対して日本をどう守るべきかを考え、行動を起こした。
それがたとえ現体制に反抗する無謀な行為であっても、「日本」という国が危機的状況を向かえているのであれば、義憤を持って立ち上がることが当然であるという考えであった。それは「大和魂」を持つ日本人として抑えることのできない感情であった。こういった思想は彼の心の師であった高山彦九郎も強くもっていた。(吉田松陰については過去記事で)

さて、尖閣諸島沖の衝突映像流出事件で、海上保安庁の43歳の男性職員が自分でやったことを名乗り出た。
『映像は元々国民が知るべきものだ。国民の倫理に反するなら甘んじて罰を受ける』と語ったそうだ。
まさに「やむにやまれぬ大和魂」とはこのことだろう。
ここに共感した日本人の多くは、この感情に感応したのではないか。

そんな中にあって「大和魂」のかけらもない日本人が日本国内に多くいる。
特に、仙谷由人官房長官、あなたには驚かされることばかりだ。
相変わらず中国には敬語を使い、「映像を故意に流した人を英雄扱いするな」「機密漏えい厳罰化する」とか言うと思えば、自分等の責任は棚に上げて、最初は「沖縄地検」の所為にし、今度は「海上保安庁長官」の所為にする……。
そしてこんな記事が。

18日の参院決算委員会で自民党の丸山和也氏は、事件で逮捕した船長の釈放には、来月横浜で開くアジア太平洋経済協力会議(APEC)に影響することへの懸念があったとし、釈放直後に仙谷官房長官と電話で話した内容を“暴露”。
 「判決まで拘置して強制送還すべきだった」と訴えると、仙谷氏は「APECが吹き飛んでしまう」と答え、「日本が中国の属国になる」との懸念を伝えると、「属国化は今に始まったことではない」と応じたという。
 仙谷氏は答弁で「健忘症にかかったか、今暴露された会話の記憶は全くない」と否定。18日夕の記者会見では「何らかのことを友人関係で話したとすれば、国会で質問されるのは不本意だ」と不快感を示した。
(2010年10月18日 読売新聞)

「中国への属国化は今に始まったことではない」とは恐ろしい。これは「たかじんのそこまで言って委員会」の10年11月07日放送分でもありました。

現役の日本の官房長官が言うのだから、そのうち日本は中国の属国になってしまうのだろう……。

そして、マスコミの中にも仙谷のような思考を持つ人が「日本側」のつもりでいて、平気で「反日思想」を振りまいているから注意しなければならない。
中でも「崔洋一」の発言にはうんざりする。
この件に関しても、情報漏えいだ、情報管理体制が甘いだの言いつつ、sengoku 38氏が持ち上げられるのがどうも気に食わないらしく、毒を吐いていた。
なぜこんな「反日思想」を振りまく人が堂々とテレビで解説しているのか。なぜ彼のような思想の人物をわざわざ引っ張ってきて解説者とするのか。

こういうマスコミの現状を見ても「日本の属国化」は始まっているのだろう。

大和魂
やはり最後の砦はここしかないのか……。

スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

«  | HOME |  »

カスタム検索




FC2ブログランキング


すみません…、只今コメ返しをしておりません。しかし、しっかりと読んでおります。こんなわがままなサイトですが、気が向いた方は、どうぞ書き込んでください。

FC2ブックマークに追加

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
物語を物語る
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月 --日 (--)
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
物語を物語る
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2010年11月 10日 (水)
  ├ カテゴリー
  |  └ 時事ネタ
  └ 「やむにやまれぬ大和魂」 sengoku 38は現代の吉田松陰だ。そして「日本の中国への属国化は今に始まったことではない」という官房長官。
by AlphaWolfy

消えた二十二巻

Author:消えた二十二巻


全ての記事を表示する




このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。