スポンサーサイト

物語を物語る

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

観光客のお買いものでも国民性っていうのがでるんですね~。

物語を物語る

平成22年10月11日 日経流通新聞に「訪日客に売り込む秘訣」という記事があった。
『日本国内で外国人観光客の「消費パワー」の存在感が増している。アジアを中心に最近急増している訪日客の需要を取り込むことは国内の消費関連企業にとって大きな課題であり、ビジネスチャンスでもある。消費動向を探りながら、訪日客に外貨を落としてもらうための攻略法を国・地域別に探ってみた。』とあった。
それぞれの国民性が出ていて結構面白い記事だったので、書き起こしてみました。

以下、その記事。


韓国人観光客(ここは要約)
福島空港では韓国人観光客が多く詰め掛け(多くがゴルフツアー客)で、そのお土産として冷凍納豆がバカ売れしているというのだ。韓国人の健康志向が高まり、日本の健康食品に関心が向いているという。中でも「納豆」が売れ、商品には韓国語での表示のものが売られているという。

ロシア人観光客
ロシアの極東のウラジオストクと航空便で結ばれ、ロシア人観光客の玄関口の一つになっているのが富山県。ディスカウント店の富山県流通センター(富山市)には平日でもロシア人客の姿が目立つ。
売れ筋に一つは品質が安定した日本製の食品やインスタントコーヒーやカップラーメン、洗剤やトイレットペーパーなど箱単位で買い込む常連も多い。
「他人から頼まれたメモを片手に買う人が多い」(同社部長)
人形や皿、つぼ、掛け軸など日本らしさを強調した和雑貨も友人らへの土産用に数十個単位でまとめ買いする。ダイヤモンドの指輪や金のネックレスを好んで買うのは航空機で訪れる富裕層。最近も「百数十万円の指輪を現金で買っていった」と女性販売員。
一般のスーパーやホームセンターで買える商品もあるのにわざわざ同店を多くのロシア人が訪れるのはきめ細かなサービスだ。まとめ買いなどで客が持ち帰れない商品は、2000円で客が乗る船の停泊場所まで配送。家電などには保証書を出し、再来日時の持ち込み修理にも応じる。
簡単なロシア語での接客やロシア語・英語での店内表示はもちろん、米ドルでの支払いや両替にも対応。ロシア人客のハートをがっちりつかみ、常連からの口コミで新規客を増やしている。

インド人客
「午前中に来た客が迷いに迷って、結局購入を決断するのが夕方。そんなことも珍しくはないんですよ」。販売スタッフが23カ国語に対応する東京・秋葉原の総合免税店「ラオックス本店」の店員はインド人客の買い物についてこう話す。主力は中国人だが、インド人客も前年比10%前後伸びている。団体が多い中国人、個人単位で行動する欧米人と違って、インド人客は少人数グループで買いに来る客が多い。
1人に店員の説明をうのみにせず、複数の店員の話を聞き、他店をまわって比較する傾向があり、これが接客時間の長さにつながっているようだ。そんなインド人客を一言で言うならば「コストパフォーマンスを重視する合理主義者」
<中略>
接客は「あくまでビジネスライクに徹べきだ」 “情”では動かないという。「商品提案をする際に、日本人のように雑談をして相手のニーズを探って商品を提供するのはあまり有効ではない。対等な立場に立ち、商品の機能などを丁寧に説明していくのがいい」と強調している。



また各国のお土産の傾向という表も興味深い。
日経 各国の買い物状況


ワサビ味・地下足袋・招き猫…「和風」人気も根強く
年間約10万人の観光客が訪れ、その9割が外国人という京都ハンディクラフトセンター(京都市)では「買うものや買い方にお国柄が表れる」と分析する。伝統・文化・雑貨系と、国・地域によって売れ筋商品が分かれるが、共通するのは「日本らしさ」「和」へのこだわりが依然として強いという点だ。
各国の買い物指向(京都ハンディクラフトセンターから)

アメリカ 「雑食性」 忍者のコスチュームやレプリカの刀、すしマグネットなど雑貨っぽい土産物が好み。商品単価は3000円~4000円。基本的に派手なものが好き。

フランス 「文化系」 日本の伝統や文化への関心が高く。渋めの伝統工芸品を好む。単価は5000円~1万円。英訳したコミックやフィギュアも買う。弁当箱も人気。

イタリア・スペイン 「文化系」 フランス人に流行った物が売れる傾向。10年ほど前にフランス人に人気だった地下足袋を最近よく買う。コミックやフィギュアも好き。

ロシア 「高級品買い」 着物なら絹製、日本人形なら一番大きいもの、と何でも値段が高いものを選ぶ。支払いは現金のドル。京セラのセラミックナイフが今のブーム。

アジア 「小物買い」 1000円前後の紙細工やちりめんの小物、食品サンプルや消しゴムが人気。土産然としたものより、つめ切りなど普段使いの商品を好む。

オーストラリア 「エコ志向」 エコ意識が高くなっているのかプラスチックより木製の商品を好む。風呂敷が人気で、1000円ほどの唐草模様など伝統柄の商品をまとめ買いしていく人も。

欧州では、文化面においてフランスが一歩前を行っているようで、イタリア・スペインがそれに追随していくというのが面白いです。
こういうところにもお国柄というは出るものなんですね~。
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

«  | HOME |  »

カスタム検索




FC2ブログランキング


すみません…、只今コメ返しをしておりません。しかし、しっかりと読んでおります。こんなわがままなサイトですが、気が向いた方は、どうぞ書き込んでください。

FC2ブックマークに追加

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
物語を物語る
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月 --日 (--)
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
物語を物語る
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2010年11月 17日 (水)
  ├ カテゴリー
  |  └ 流通業、商品
  └ 観光客のお買いものでも国民性っていうのがでるんですね~。
by AlphaWolfy

消えた二十二巻

Author:消えた二十二巻


全ての記事を表示する




このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。