スポンサーサイト

物語を物語る

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新田次郎氏と斎藤佑樹くん  その3

物語を物語る

新田次郎氏の話の3回目

さて、新田次郎氏が中央気象台に勤務して、雷雨調査のために、生品神社の社務所に滞在していた同じ年の昭和14年に、ていと結婚しています。このとき新婚であったのか、このあとに結婚したのか、もう少しよく調べなければ分かりませんが、新田次郎(このときは、まだ藤原寛人)は27歳のときで公私ともに充実していた時期だったでしょう。
でも、このあと起こる出来事がなければ、彼は作家にならずに、気象学者か技師として、平凡な人生を送っていたかもしれません。

そして、人生の転機を迎えます。
昭和18年、満州国観象台へ赴任。この年に次男の藤原正彦氏が誕生。
昭和20年、満州で終戦を迎えると、新田次郎氏はソ連軍の捕虜として、拘束され、中国共産党軍によって、抑留されてしまいました。
残された家族は、命からがら逃げ、満州から引上げて帰国した。
このときの悲惨な状況を夫人のていが書いた。これが小説「流れる星は生きている」で、戦後の大ベストセラーとなり、のちに映画化、ドラマ化されるほどの評判となった。
新田次郎氏も1年間の拘束を解かれ、帰国。夫人の書いた本に触発され、作家を目指すことになる。
昭和31年に「強力伝」で直木賞を受賞。この後、順調に作品を発表していく。
新田次郎氏が偉大なのは、気象庁での勤務を続けながら、小説を書き続けたこと。彼は富士山気象レーダー建設責任者として、これを成功させた。このことはNHKの「プロジェクトⅩ」の第1話として取り上げられた。


昭和41年に気象庁を退職。
昭和49年に吉川英治文学賞を受賞。
小説「新田義貞」は昭和51年から昭和53年の2年間新聞掲載された。
そして、昭和55年2月15日、心筋梗塞で死去する。

経歴から分かるように、小説「新田義貞」は、新田次郎氏の最晩年に書かれた長編作品ということになるんです。
彼が最後に選んだ歴史上の人物が新田義貞だったということです。

さて、タイトルの新田次郎氏と斎藤佑樹くんとが、どこで結びつくかということになるでしょう。
まあ、2人とも生品神社に関係がある。
何となく、新田氏と関係がありそうな感じっていうのは分かりそうですね。
そのほかに、何が2人の共通点?
それは、
新田次郎氏、1912年6月6日生まれ。
斎藤佑樹くん1988年6月6日生まれ。
そう誕生日が一緒。
なーんだ、そんなことか、と思われる方も多いでしょう。しかし
1912年は明治45年、明治最後の年。
1988年は昭和63年、実質昭和最後の年。(昭和64年は数日しかない)
つまり、新田次郎氏は明治の最後の年に生まれた男。方や、斎藤佑樹くんは昭和の最後の年に生まれた男、なんです。

私は別に占星術を深く信じているわけではありませんが、ここに運命を感じてしまうんです。私は運命論者だから、人が誕生したとき、この世に何かしらの意味や運命を背負って生まれてくると思っています。
人は自分が思っている以上に他人から影響を受け、周りの人々に様々な感情を受けつ、与えつつ生きている。
一歩あるく度に、世の中に影響を与え、一言発するごとに、他の人に少なからずの禍福を与えている。(本人にその意思があろうとなかろうと)
それが、他人の人生を変えるかもしれないし、本来持っていた運命を気付かせるかもしれません。
それは、本人が………
すこし観念じみてきたのでここらでやめます。

要は彼ら二人の運命は何なのかいうことです。

まず新田次郎氏の人生の転機があったとすれば、満州で捕虜となり抑留されたことで、このとき殺されてもおかしくない状況だった。それを彼は切り抜けたことでしょう。
でもこの終戦の悲惨な出来事がなければ、新田次郎氏は作家にならなかっただろう。もし一歩間違えれば死んでいて、この世にいない。しかし生き残っていたら、別の人生が切り開かれていた。

そして、新田を名乗り、新田義貞の人生と運命を描いた。

新田次郎氏は逆風を順風に変える強運をもっていたということになるんです。
また、新田次郎の家族も満州からの引き上げで、一家全員が死ぬか、藤原正彦さんは残留孤児になっていた可能性が高かったという。
ここでもこの危機を乗り越えた。
この状況を夫人のていが小説化し、評判になったことにより、新田次郎氏は作家を目指している。この一連の運命の連鎖は、まるで作家が書いたような展開ですね。だれかがストーリーを描いたようです。ここに、「神の手」を感じる人もいれば、「人生の綾」を感じるという人もいる、「いやただの偶然だよ」という人だっているでしょう。
私はここに運命を感じてしまうのです。

では、斎藤佑樹くんの運命は何でしょうか。
まあ、彼はまだ若く、人生を語るほど生きているわけではありません。
でも彼は何かを持っているということだけは分かります。
それに強運を持っていることは間違いない。そうでなければ、甲子園で全国優勝することは出来ないし、大学野球のMVPに選ばれることもできないだろう。

ではその強運はどこからくるのか。
それが、「新田源氏の発祥地で生まれたことに意味がある」ということなんです。
そう結局ここに戻ってくるわけです。

「斎藤佑樹くんは新田源氏の生まれ変わりか」
ブログ開設の最初のころから書き継いできたこの説に、賛同してくれる方も意外に多い。コメントを下さる方には、彼の持っている雰囲気がタダものではない、サムライ雰囲気を漂わせているといった内容のものも多かった。

なぜ、そう感じるのでしょうか。

彼は普通とは違うものを持っている。
ただの野球の上手い人だけではない、こいつはどこか、違う。
何かを背負っていると。

そうそれが「斎藤佑樹くんは新田源氏の生まれ変わりか」説なんです。
この説はここまで書き継いできてやっと完結したんです。


追記……というわけで、泥沼化していた記事を一応載せました。ウィキペディアのように書きかけの内容で、随時、書き足していきます。
今読み返しても、どうにもならない論理で、いろいろ詰め込もうとして、全くまとまっていません。(じゃー今までの記事はまとまっていたのか、と言われると困りますが……)
しかし、これを載せないことには、先に進まず、次の展開ができないので載せてしまいました。ニアンスだけでも伝わればと思った次第で、新田次郎氏、斎藤佑樹くんが生品神社や新田源氏と関係があるということが分かっていただければ、それで、良かったのに、運命論を持ち出したのが失敗の原因です。
このあと新田次郎氏の息子藤原正彦さんの「国家の品格」で武士道についての話を書いたのですが、長くなったのでバッサリきりました。これはまた後で書きます。
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

«  | HOME |  »

カスタム検索




FC2ブログランキング


すみません…、只今コメ返しをしておりません。しかし、しっかりと読んでおります。こんなわがままなサイトですが、気が向いた方は、どうぞ書き込んでください。

FC2ブックマークに追加

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
物語を物語る
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月 --日 (--)
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
物語を物語る
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2007年08月 05日 (日)
  ├ カテゴリー
  |  └ 歴史ネタ
  └ 新田次郎氏と斎藤佑樹くん  その3
by AlphaWolfy

消えた二十二巻

Author:消えた二十二巻


全ての記事を表示する




このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。