スポンサーサイト

物語を物語る

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

斎藤佑樹が甲子園で優勝したときに持っていたのは、新田義貞ゆかりの生品神社のお守りだった!!

物語を物語る

斎藤佑樹は新田一族です。

週刊誌「女性自身」2010年11月2日号の記事にこんな記述がありました。
(ドラフト前の記事で、以下抜粋)
斎藤佑樹と御守り

斎藤投手の両親は群馬県の太田市から上京しては試合を観戦するなど、佑ちゃんをサポートしてきたという。
「9月の家族会議(ドラフト前に都内のレストランで家族で食事をした)をした後も両親は、息子の幸運を祈って、実家近くの『生品神社』にお参りに行ったみたいです。
斎藤投手が甲子園で優勝したときも、バックにはこの神社の御守りが付けられていたそうです。

やはり、全国制覇したときに持っていたのは、「生品神社」のお守りをだった!!
生品神社は、群馬一のパワースポットだ!」というはウソではないでしょう!
(こうみると、武運・勝負運に強いようだ!)

そして、雑誌記事の写真をよく見ると、斎藤佑樹の後ろに旗が見える。
これは「大中黒」じゃないのか。たぶん「太田市」の市旗だろう。
お~、よく分かってますね「女性自身」さん。
ここで、新田一族の家紋をあしらった「大中黒」を背景にした写真を持ってくるとは!!。

斎藤佑樹は「何か持っている」と言われるが、そうではない。
「守られているのだ」そう、新田一族に!!

024.jpg
新田義貞・稲村ケ崎・投刀の図をあしらったお守り。たぶん斎藤佑樹が持っていたのはこれだと思う。(あとは神社名が入ったシンプルなタイプがいくつかあるが)

自称・斎藤佑樹ファンはかなり多いが、これを持っていなきゃモグリだぞ!
(こう煽って、生品神社の参拝客を増やし、新田義貞の知名度を上げるのだ!)


新田義貞「生品神社」1斎藤佑樹が小学生のとき参加した「鏑矢祭」の矢。この行事は新田義貞挙兵にちなんだもので、生品小学校の男子はこの行事に参加するのだ。

斎藤佑樹の記事は、過去記事にまとめてあります。
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

«  | HOME |  »

カスタム検索




FC2ブログランキング


すみません…、只今コメ返しをしておりません。しかし、しっかりと読んでおります。こんなわがままなサイトですが、気が向いた方は、どうぞ書き込んでください。

FC2ブックマークに追加

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
物語を物語る
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月 --日 (--)
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
物語を物語る
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2010年12月 01日 (水)
  ├ カテゴリー
  |  └ 斎藤佑樹くん
  └ 斎藤佑樹が甲子園で優勝したときに持っていたのは、新田義貞ゆかりの生品神社のお守りだった!!
by AlphaWolfy

消えた二十二巻

Author:消えた二十二巻


全ての記事を表示する




このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。