スポンサーサイト

物語を物語る

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

娘たちに幸せあれ!

物語を物語る

娘が通う小学校では、給食の時間になると、放送委員がお気に入りの音楽を選んで、全校放送するのだという。
ある時は、「AKB48」や「嵐」や「いきものがかり」といったいま流行りの曲がかかったり、また別の日には「サザエさん」や「ちびまる子ちゃん」や「ドラえもん」といったポピュラーなアニメソングが流れたり、と様々なものが放送されるそうだ。

そんな中、「新世紀エヴァンゲリオン」の「残酷な天使のテーゼ」が流れたときは、教室の何人かのお友達がこれに反応して、「あっ、これ家のお父さんが見ているよ」といったそうだ。(もしかしたら、パチンコ好きの親という人もいただろうか。)
うちの娘もすぐに分かったというから、親の影響というのはこういうところでも出るんですね。

ある日のこと、「けいおん」の「GO! GO! MANIAC」が流れたそうだ。(お~、ちょっと騒がしかったのではなかったか)
小学校低学年で、これに反応したのはうちの娘と、他にもう一人しかいなかったという。
そして、「けいおん!知ってるの?」ということをキッカケにして、この子とお友達になったそうな。
いまでは大親友。お家にも遊びに来るようになった。
そのお友達が書いた「むぎちゃん」
けいおん むぎちゃん
上手い。驚いた。小学校低学年で、これはスゴイ。

もとの絵はこれ。
けいおん 4巻

最初、元の絵の上に白紙を敷いて、写し絵のようにして書いたのかと思った。しかし、比べてみると寸尺が合わない。(一回り小さい) 見ながらそのまま書いたようだ。しかも簡単にスラスラと書いてしまったという。
こういうのを一種の才能っていうんでしょうね。(「子どもの才能」の過去記事)
感心してしまいました。
聞けば、このお友達、母親がいないという。
2歳の時に両親が離婚して以来、父親と二人暮らしだという。
もしかしたら、お家で一人の時間が多くって、お絵かきをしているうちに、上手くなったのかもしれない。(一人で遊ぶといったらお絵かきくらいしかないですから。)
そんなことをしみじみ考えながら、また「むぎちゃん」を見る。
「むぎちゃん」に吹き出しでセリフが書いてある。

「こんにちは!」

なんかいいな~。
「けいおん」っておんなの子の友情物語(そして成長物語)だから、これをキッカケにして娘とお友達との友情が結ばれたことに何か「縁」を感じてしまう。
過去記事「今日も部室でお茶を飲む。 「けいおん」は奥が深い!」

あ~、こういう子こそ、将来幸せになって欲しい!

そんなことを願ってしまった師走の夜でした。
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

«  | HOME |  »

カスタム検索




FC2ブログランキング


すみません…、只今コメ返しをしておりません。しかし、しっかりと読んでおります。こんなわがままなサイトですが、気が向いた方は、どうぞ書き込んでください。

FC2ブックマークに追加

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
物語を物語る
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月 --日 (--)
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
物語を物語る
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2010年12月 09日 (木)
  ├ カテゴリー
  |  └ 未分類
  └ 娘たちに幸せあれ!
by AlphaWolfy

消えた二十二巻

Author:消えた二十二巻


全ての記事を表示する




このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。