スポンサーサイト

物語を物語る

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハムスターが死んで「お隠れになる」はないだろう。

物語を物語る

細かいことだが、気になったので書いておく。

平成22年12月17日放送分、フジテレビ「ペケポン」の一コーナー「MAX敬語」の場面でのこと。
「社長のハムスターが死んだから……。」という「死んだ」という部分を敬語に変えろという問題。(細かい点は省略)
この答えがなんと「お隠れになる」というものだった。
これは明らかにおかしい。

「お隠れになる」という言葉を辞書(検索でもいい)で引けばすぐ分かることだが、これは「身分の高い人、また目上の人が死ぬこと。」という意味で使われるのが普通だ。
Wikipediaの「崩御」の項目にはこうある。

またお隠れになるとも表現する。この表現が日本の皇室について用いられる理由としては、日本神話において天皇は神の末裔であり、一般の人間とはかけ離れた存在という思想背景があったためと解釈する説がある。天皇が太陽神の子孫であるという思想、すなわち「天皇の死去=太陽が雲に隠れる」から来ているともされる。「雲隠れ」についても、現在では単に姿をくらますという意味合いで用いられるが、もともとはこれに由来する語である。

ここにもあるように、皇室の方々の死の尊敬語として用いるのが一般的だ。
だが、この番組は酷過ぎる。これを、もはや人ではなく、動物・ハムスターにこの言葉を使うことが最上の尊敬語だというのだ。
どうかしている。
これは、ただの単純ミスとか、アナウンサーの言い間違いとかいったレベルではない。
スタッフや出演者や関係者がいて誰も異を唱える人がいなかったのか。

しかも、番組では監修役として、名古屋大学 町田 健 教授なる人物が出演していて、これを偉そうに解説していた。
これが大学教授? (しかも言語学が専門って)
敬語云々より、まず常識がないだろう。

バラエティー番組が何をやってもいいが、どうもこういう間違いは許せない。
過去記事
またテレビ朝日で反日放送か!? 天皇陛下を天王陛下とテロップ
池上彰のテレビ番組の偏向放送が酷かった。

こういうところから権威は汚されていくのだろう。
スポンサーサイト

Comment

[274]
同じ番組を観てどうにも納得できずに、アレコレ検索してたどり着きました。実は"死んでも"が正解の引っ掛け問題かと思ったのですが・・・。同じように感じた方がいらっしゃったというだけでスッキリしました。
[479] 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

«  | HOME |  »

カスタム検索




FC2ブログランキング


すみません…、只今コメ返しをしておりません。しかし、しっかりと読んでおります。こんなわがままなサイトですが、気が向いた方は、どうぞ書き込んでください。

FC2ブックマークに追加

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
物語を物語る
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月 --日 (--)
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
物語を物語る
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2010年12月 17日 (金)
  ├ カテゴリー
  |  └ テレビ・芸能ネタ
  └ ハムスターが死んで「お隠れになる」はないだろう。
by AlphaWolfy

消えた二十二巻

Author:消えた二十二巻


全ての記事を表示する




このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。